アル・ダウニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アル・ダウニング
Al Downing
AlDowning 10.jpg
1965年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州トレントン
生年月日 1941年6月28日(73歳)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年 アマチュアFA
初出場 1961年7月19日
最終出場 1977年7月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アル・ダウニングAlphonso Erwin Downing , 1941年6月28日 - )は、元MLB投手。左投げ右打ち。アメリカ合衆国ニュージャージー州トレントン出身。

ハンク・アーロンベーブ・ルースの記録を破る通算715号本塁打を打たれた投手として知られる。

経歴[編集]

1961年ニューヨーク・ヤンキースと契約し、7月19日の対ワシントン・セネタース戦に先発しメジャーデビュー。しかし1回0/3、5失点で敗戦投手となった。3年目の1963年に初勝利を挙げ、その年から5年連続で2ケタ勝利を記録。1963年・1964年にはワールドシリーズに出場した。1967年にはMLBオールスターゲームに初出場。同年8月11日の対クリーブランド・インディアンス戦の2回裏には、メジャー史上13人目の3者連続3球三振を達成した。

1968年初めに速球の投げ過ぎから肩を故障し、シーズン途中にマイナーリーグ降格も経験した。その後はかつての勢いのある速球は姿を消し、スローカーブスクリューボールなど変化球で勝負するスタイルに変え、オークランド・アスレチックスミルウォーキー・ブルワーズと移籍するが活躍できないシーズンが続いた[1]

1971年ロサンゼルス・ドジャースに移籍し、20勝9敗、防御率2.68と復活し、カムバック賞を受賞。サイ・ヤング賞の投票ではファーガソン・ジェンキンストム・シーバーに次ぐ3位だった。

1974年4月8日アトランタ・フルトン・カウンティ・スタジアムで行われた対アトランタ・ブレーブス戦に先発。4日前の試合でベーブ・ルースに並ぶ通算714号本塁打を打ったブレーブスの4番ハンク・アーロンと対戦することになった。2回裏の第1打席は四球で歩かせ、53,775人の大観衆からブーイングを浴びた。ノーアウト1塁で迎えた4回裏の第2打席に、メジャー新記録となる715号本塁打を打たれた。

1974年は5勝を挙げワールドシリーズにも出場したが、1975年は2勝、1976年は1勝に終わり、1977年7月21日にドジャースから解雇され引退した。

通算成績 405試合登板 123勝107敗 1639奪三振 防御率3.22

記録・タイトル[編集]

  • オールスター1回出場 (1967年)
  • 最多奪三振1回 (1964年)
  • カムバック賞 (1971年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]