ジェレッド・ウィーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェレッド・ウィーバー
Jered Weaver
ロサンゼルス・エンゼルス #36
Jered Weaver on June 27, 2012.jpg
2012年6月27日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ノースリッジ
生年月日 1982年10月4日(32歳)
身長
体重
6' 7" =約200.7 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 ドラフト1巡目(全体12位)でアナハイム・エンゼルスから指名
初出場 2006年5月27日
年俸 $16,200,000(2013年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェレッド・デビッド・ウィーバーJered David Weaver, 1982年10月4日 - )は、MLBロサンゼルス・エンゼルス所属のプロ野球選手。ポジションは投手アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス市ノースリッジ出身。

兄のジェフ・ウィーバーも投手として活躍した元MLBの選手。

経歴[編集]

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校在学中の3年間で37勝9敗・防御率2.43・370イニングで431奪三振(学校記録)、特に3年生時の2004年には15勝1敗・防御率1.62・144イニングで213奪三振(1シーズンの学校記録)と抜群の成績で、全米アマチュア野球の最優秀選手に贈られるゴールデンスパイク賞と全米大学最優秀投手に贈られるロジャー・クレメンス賞をダブル受賞するなど輝かしい成績を残す。

2004年MLBドラフトの目玉選手だったが、代理人がスコット・ボラスであるため指名を回避する球団が続出。それでも資産家のアルトゥーロ・モレノオーナーの後押しもあってアナハイム・エンゼルスから1巡目(全体12位)に指名を受ける[2]。しかしやり手のボラスとの交渉は案の定すんなりとは行かず、翌年のドラフトに再度かかるのではと心配されたが、結局交渉期限直前の5月31日に契約に合意[3]

契約後はブランクがあったが、マイナーリーグ(A級とAA級)で15試合先発し、防御率3.91、7勝4敗の好成績を残す。2006年にはAAA級ソルトレイク・ビーズに昇格。ここでも防御率でリーグ2位、奪三振でリーグ1位を記録し、ケビン・グレッグの球団記録に並ぶ27.1イニング連続無失点を記録するなど好調を維持していた[4]バートロ・コローン故障者リスト入りなどもあり、満を持して5月26日エステバン・ジャンに代わりメジャー昇格[4]、翌27日のボルチモア・オリオールズ戦に先発し7回無失点で見事初勝利をおさめた。その後も勝ち星を重ね4連勝中であったが、コローンが故障者リストから戻ってくるため、一旦AAA級ソルトレイクに降格することとなるが、兄ジェフが絶不調のためセントルイス・カージナルスに放出され、6月30日に再昇格した[5]。その後も勝ち続け、8月18日シアトル・マリナーズ戦にかけてリーグタイ記録となるデビュー9連勝を記録[6]

2009年6月20日ロサンゼルス・ドジャース戦で兄ジェフと2002年アンディアランのベネス兄弟以来、1967年以降では15例目となる兄弟対決が実現[7]。5回1/3を6失点で敗戦投手となり、兄弟対決に敗れた[7]。またこの試合では両親がエンゼルスとドジャースのユニフォームを半分ずつあしらった、特注のユニフォームで兄弟を応援していた[8]

2011年は開幕から好調で、7月11日時点で11勝4敗・防御率1.86を記録し、オールスターの先発投手を務めた。
8月21日に5年総額8500万ドルでエンゼルスと契約延長した。翌年のシーズン終了後にフリーエージェント資格が得られる見込みで、さらなる高額契約が期待できることから代理人のボラスは反対したが、ウィーバーは生まれ育ったカリフォルニアのエンゼルスを選んだ。
この年の防御率はリーグ2位で、1位のバーランダーとの差は厳密にはわずか0.004。あと打者2人に投げて自責0なら逆転していた。

2012年5月2日ミネソタ・ツインズ戦でノーヒットノーランを達成。2回の振り逃げと7回の四球での出塁を許しただけで、打者29人に対して9奪三振という内容だった[9]5月28日に腰を痛め、15日間の故障者リスト入りをするも、復帰後はエースとして奮闘し、9月28日テキサス・レンジャーズ戦で自己最多の20勝を挙げ、この年の最多勝に輝いた。

プレースタイル・人物[編集]

GO/AO(ゴロアウト/フライアウト)通算が0.6台と、MLBでも屈指のフライボールピッチャーである。かつては4シーム主体だったが、近年は2シームを多投しており、他にチェンジアップとスライダー、カーブが主な持ち球である。速球の球速は85-89mphだが、軸足を極端に三塁側寄りに起き、更に三塁側に踏み込むインステップの投球フォームが長身と長い腕と相まって球に角度を与え、テイクバックの大きいやや変則的なフォームもあって打者が投球を見極めるのが困難になっている[10]

長髪の風貌は兄と良く似ている。また代理人も兄と同じスコット・ボラスに任せている。

2009年に事故死した同僚のニック・エイデンハートのイニシャルをマウンドの土に書いてから登板している[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2006 LAA 19 19 0 0 0 11 2 0 0 .846 490 123.0 94 15 33 1 3 105 2 0 36 35 2.56 1.03
2007 28 28 0 0 0 13 7 0 0 .650 695 161.0 178 17 45 3 2 115 4 0 77 70 3.91 1.39
2008 30 30 0 0 0 11 10 0 0 .524 745 176.2 173 20 54 4 6 152 3 0 88 85 4.33 1.28
2009 33 33 4 2 1 16 8 0 0 .667 882 211.0 196 26 66 3 4 174 3 0 91 88 3.75 1.24
2010 34 34 0 0 0 13 12 0 0 .520 905 224.1 187 23 54 0 0 233 7 1 83 75 3.01 1.07
2011 33 33 4 2 1 18 8 0 0 .692 926 235.2 182 20 56 0 3 198 8 0 65 63 2.41 1.01
2012 30 30 3 2 2 20 5 0 0 .800 739 188.2 147 20 45 0 4 142 2 0 63 59 2.81 1.02
2013 24 24 0 0 0 11 8 0 0 .579 634 154.1 139 17 37 0 7 117 2 0 58 56 3.27 1.14
通算:8年 231 231 11 6 4 113 60 0 0 .653 6016 1.474.2 1296 158 390 11 29 1236 31 1 561 531 3.24 1.14
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 56 (2006年)
  • 36 (2007年 - )

参考資料[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Jered Weaver Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2011年12月4日閲覧。
  2. ^ Miller, Doug (2004年6月7日). “Weaver falls into Angels' lap” (英語). MLB.com. 2009年7月11日閲覧。
  3. ^ Angels, Jered Weaver agree to terms” (英語). MLB.com (2005年5月31日). 2009年7月11日閲覧。
  4. ^ a b Harding, Thomas (2006年5月26日). “Rockies' Angels designate pitcher Esteban Yan for assignment; Club selects contract of Jered Weaver from Triple-A Salt Lake” (英語). MLB.com. 2009年7月11日閲覧。
  5. ^ ESPN.com news services (2006年7月1日). “Angels swap Weavers, call up Jered, designate Jeff” (英語). ESPN.com. 2009年7月11日閲覧。
  6. ^ Wagner, Greg (2006年8月19日). “9 and oh: Weaver's a perfect match” (英語). MLB.com. 2009年7月11日閲覧。
  7. ^ a b Weaver bested by Dodgers, big brother Jered surrenders six runs on 10 hits over 5 1/3 innings”. angelsbaseball.com (2009年6月21日). 2009年6月29日閲覧。
  8. ^ Weaver parents have 'emotional' night Mother, father sport dual jerseys to cheer on Jeff, Jered”. MLB.com (2009年6月21日). 2009年6月29日閲覧。
  9. ^ a b 亡き戦友とともに…エ軍右腕 ノーヒットノーラン達成”. スポニチ Sponichi Annex (2012年5月4日). 2012年5月4日閲覧。
  10. ^ Pitching Mechanics Analysis: Jered WeaverThe Ultimate Pitcher September 25, 2012 by Nathan Gotch

外部リンク[編集]