マイク・クェイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・クェイヤー
Mike Cuellar
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[1]
出身地 キューバの旗 キューバ
サンタ・クララ州サンタ・クララ
生年月日 1937年5月8日
没年月日 2010年4月2日(満72歳没)
身長
体重
5' 11" =約180.3 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1957年 アマチュアFA
初出場 1959年4月18日
最終出場 1977年5月3日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ミゲル・アンヘル・クェイヤー・サンタナMiguel Angel Cuellar Santana , 1937年5月8日 - 2010年4月2日)は、キューバサンタ・クララ州(現:ビジャ・クララ州サンタ・クララ出身のプロ野球選手投手)。左投げ左打ち。愛称"Crazy Horse"クレイジー・ホース)。

経歴[編集]

フルヘンシオ・バティスタ政権時代のキューバでは軍人で、1955年陸軍チームの選手としてノーヒットノーランを達成し、注目を集めた。

1957年MLBシンシナティ・レッズと契約を結び、入団した。

1959年4月18日の対フィラデルフィア・フィリーズ戦でMLB初登板。この年は2試合にリリーフで登板し、防御率15.75の成績でマイナーリーグに降格した。

1960年から1963年までの4シーズンはマイナー(デトロイト・タイガースクリーブランド・インディアンス傘下のチームに移籍)、およびメキシカンリーグのみで登板した。

1964年セントルイス・カージナルスで5年ぶりにMLBに昇格。主にリリーフで5勝5敗4セーブを挙げた。1965年4月15日にはトレードヒューストン・アストロズへ移籍した。

アストロズ移籍2年目の1966年に12勝10勝・防御率2.22の好成績を挙げ、1967年には16勝11敗と勝ち星を伸ばし、オールスターゲームにも選ばれた。1968年には防御率2.74ながら味方打線の援護が少なくて8勝11敗に終わると、この年限りでトレードでボルチモア・オリオールズへ移籍した。

オリオールズ移籍初年度の1969年にはスクリューボールチェンジアップを武器として23勝11敗・防御率2.38の活躍でデニー・マクレーンとともにサイ・ヤング賞を受賞した。同賞初のラテンアメリカ出身選手の受賞となった。この年より東西2地区制が導入され、オリオールズはアメリカンリーグの東地区優勝を収め、リーグチャンピオンシップシリーズ第1戦の先発投手を務めた。チームはミネソタ・ツインズを下し、ワールドシリーズに進出した。ニューヨーク・メッツとのワールドシリーズでも第1戦で先発し、メッツ打線を1点に抑えて完投勝利を収めたが、これがチーム唯一の勝利となった。第4戦にも先発して7を投げて1失点に抑えるが、延長戦の10回に1-2でサヨナラ負けを喫し、第5戦にも敗れてワールドチャンピオンを逃した。

1970年には24勝8敗・防御率3.48・190奪三振・リーグ最多21完投を記録し、最多勝のタイトルを獲得した。チームは2年連続で地区優勝を果たした。ツインズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは再び第1戦に先発。満塁本塁打を放つ。[2]2012年終了時点で、両リーグを問わず、リーグチャンピオンシップシリーズ史上唯一の投手の満塁本塁打となっている。チームは10-6で勝ったが、自身は5回途中に降板したため、勝利投手にはなっていない。シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは第2戦に先発。3回4失点で降板するが、チームは逆転勝利。3勝1敗とレッズを追い込んだ後の第5戦に再び先発して初回に3点を失うが、以後立ち直って9-3で完投勝利を収め、チームをワールドチャンピオンに導いた。

1971年は20勝9敗・防御率3.08を記録。この年にチームメイトのデーブ・マクナリーが21勝、ジム・パーマーパット・ドブソンがそれぞれ20勝を挙げ、1920年シカゴ・ホワイトソックス以来のMLB史上2チーム目の1チームで20勝投手4人という快挙となった。5人体制の先発ローテーションが完全に定着し、全体でも20勝を挙げる投手が珍しくなった現在では、より一層記録更新が難しくなった記録である。この年もチームは地区優勝。オークランド・アスレチックスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第2戦ではキャットフィッシュ・ハンターに投げ勝って勝利投手となった。ピッツバーグ・パイレーツにはワールドシリーズでは第3戦に敗れ、3勝3敗で迎えた第7戦でもパイレーツ打線を2点に抑えたが敗れ、2年連続のワールドチャンピオンを逃した。この年の秋にはオリオールズが日米野球で単独チームで日本を訪れている。

1972年から1974年までの3年間は安定して20勝前後を記録した。1973年と1974年には地区優勝するが、いずれもリーグチャンピオンシップシリーズで当時ワールドシリーズ3連覇を達成したアスレチックスに敗れた。

1976年は4勝13敗に終わり、この年限りでフリーエージェント(FA)でカリフォルニア・エンゼルスへ移籍するが、2試合に登板した時点で放出され、現役を引退した。

1979年に42歳で「現役復帰」し、プエルトリコウィンターリーグ"リーガ・デ・ベイスボル・プロフェシオナル・デ・プエルトリコ"とメキシカンリーグでプレーした。

1982年オリオールズ野球殿堂入りを果たした[3]

1984年キューバ野球殿堂入りを果たした[4]

現役引退後はフロリダ州オーランドに在住していた。2010年4月2日胃癌のため、死去 [5]。72歳没。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1959 CIN 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 24 4.0 7 1 4 1 0 5 1 0 8 7 15.75 2.75
1964 STL 32 7 1 0 1 5 5 4 -- .500 320 72.0 80 8 33 4 1 56 1 0 43 36 4.50 1.57
1965 HOU 25 4 0 0 0 1 4 2 -- .200 238 56.0 55 3 21 4 1 46 2 0 24 22 3.54 1.36
1966 38 28 11 1 2 12 10 2 -- .545 913 227.1 193 10 52 8 0 175 9 1 79 56 2.22 1.08
1967 36 32 16 3 2 16 11 1 -- .593 1021 246.1 233 16 63 3 1 203 1 1 99 83 3.03 1.20
1968 28 24 11 2 3 8 11 1 -- .421 700 170.2 152 8 45 7 1 133 2 0 60 52 2.74 1.15
1969 BAL 39 39 18 5 4 23 11 0 -- .676 1137 290.2 213 18 79 7 1 182 3 2 94 77 2.38 1.00
1970 40 40 21 4 2 24 8 0 -- .750 1214 297.2 273 34 69 5 1 190 6 1 126 115 3.48 1.15
1971 38 38 21 4 3 20 9 0 -- .690 1166 292.1 250 30 78 1 1 124 3 0 111 100 3.08 1.12
1972 35 35 17 4 4 18 12 0 -- .600 989 248.1 197 21 71 4 0 132 3 0 78 71 2.57 1.08
1973 38 38 17 2 3 18 13 0 -- .581 1127 267.0 265 29 84 2 0 140 8 0 120 97 3.27 1.31
1974 38 38 20 5 1 22 10 0 -- .688 1111 269.1 253 17 86 4 2 106 2 0 106 93 3.11 1.26
1975 36 36 17 5 0 14 12 0 -- .538 1034 256.0 229 17 84 5 1 105 7 1 112 104 3.66 1.22
1976 26 19 2 1 0 4 13 1 -- .235 490 107.0 129 8 50 5 2 32 5 0 63 59 4.96 1.67
1977 CAL 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 21 3.1 9 2 3 1 0 3 0 0 7 7 18.90 3.60
通算:15年 453 379 172 36 25 185 130 11 -- .587 11505 2808.0 2538 222 822 61 12 1632 53 6 1130 979 3.14 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 32 (1959年)
  • 35 (1964年 - 1977年) 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Mike Cuellar” (英語). NNDB.com. 2013年4月28日閲覧。
  2. ^ 当時のアメリカンリーグは指名打者制度は未導入であった。
  3. ^ HALL OF FAME INDUCTEES - ALPHABETICAL” (英語). The Oriole Advocates. 2013年4月16日閲覧。
  4. ^ Cuban Baseball Hall of Fame” (英語). Baseball-Almanac.com. 2013年4月16日閲覧。
  5. ^ Orioles pitching great Mike Cuellar dies at 72” (英語). The Baltimore Sun. 2013年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]