アンディ・メサースミス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンディ・メサースミス
Andy Messersmith
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 ニュージャージー州トムズリヴァー
生年月日 1945年8月6日(69歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1966年 ドラフト1巡目(全体12位)
初出場 1968年7月4日
最終出場 1979年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)


ジョン・アレクサンダー・メサースミスJohn Alexander Messersmith, 1945年8月6日 - )は、MLBの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ニュージャージー州トムズリヴァー出身。

経歴[編集]

カリフォルニア・エンゼルス[編集]

1965年のMLBドラフトデトロイト・タイガースから3巡目に指名を受けるが契約せず。1966年のMLBドラフトでカリフォルニア・エンゼルスから1巡目(全体12位)に指名を受け入団。1968年6月13日ボストン・レッドソックス戦でメジャーデビュー。9月6日の同カードでは6四球を与えたが、被安打2でメジャー初完投・初完封を達成した。1969年は開幕から5連敗を喫するが、6月・7月で10勝を挙げるなどチーム最多の16勝・防御率2.52・211奪三振を記録。1970年は初の開幕投手となり完封勝利を挙げるが、8月途中からリリーフに回り、11勝10敗・防御率3.01の成績。1971年オールスターゲームに初選出される。後半戦で12勝5敗・防御率2.17と調子を上げ、20勝13敗・防御率2.99を記録し、サイ・ヤング賞の投票では5位に入った。1972年は2度目の開幕投手となり再び完封勝利を挙げるが、故障もあって8勝11敗に留まる。11月28日フランク・ロビンソンビル・シンガーボビー・バレンタインら5選手との交換トレードで、1選手と共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍。

ロサンゼルス・ドジャース[編集]

移籍1年目の1973年は14勝10敗・防御率2.70。1974年は前半戦で11勝2敗・防御率2.11を記録し、3年ぶりにオールスターゲームに選出されて先発投手を務めた。シーズン通算でフィル・ニークロと並ぶ20勝、スティーブ・カールトンに次ぐリーグ2位の221奪三振を記録し、最多勝利のタイトルを獲得。チームの地区優勝に大きく貢献し、ピッツバーグ・パイレーツとのリーグチャンピオンシップシリーズでも第2戦に先発して勝利を挙げ、リーグ優勝に導いた。オークランド・アスレティックスとのワールドシリーズでは2試合に先発したがいずれも敗戦投手となり、チームも1勝4敗で敗退しワールドチャンピオンはならなかった。サイ・ヤング賞の投票では、106試合登板のメジャー記録を樹立したチームメイトのマイク・マーシャルに次ぐ2位だったが、初のゴールドグラブ賞を受賞した。オフに球団との契約交渉が決裂し、契約書にサインしないまま1975年のシーズンを迎えることになる。球団はオプションとして契約を1年延長する権利を行使する、という形を取った。

同年はいずれもリーグ最多の40先発・19完投・7完封・321.2イニング、リーグ3位の19勝、リーグ2位の防御率2.29を記録するなど大活躍し、前年に続いてゴールドグラブ賞を受賞。オフに調停を申請し「1975年はオプション年としてプレイしたのであり、球団にはもはや拘束する権利はなく、現在はどこの球団にも所属していない」と主張した。裁定の結果「球団との契約の期限が切れたら他の球団と交渉するのは自由」という判断が下され、フリーエージェント制度が生まれるきっかけとなった。

1976年4月10日アトランタ・ブレーブスと3年総額100万ドルで契約。同年は11勝11敗・防御率3.04とまずまずだったが、1977年は5勝に終わり、12月7日ニューヨーク・ヤンキースに移籍。1978年は故障もあってわずか6試合の登板で0勝3敗に終わり、11月6日に解雇。1979年2月7日に古巣のドジャースに復帰するが、2勝に終わって8月28日に解雇され、引退。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1968 CAL 28 5 2 1 -- 4 2 4 -- .667 321 81.1 44 3 35 4 1 74 3 1 21 20 2.21 0.97
1969 40 33 10 2 -- 16 11 2 -- .593 1008 250.0 169 17 100 7 5 211 16 1 81 70 2.52 1.08
1970 37 26 6 1 -- 11 10 5 -- .524 795 194.2 144 21 78 6 6 162 2 0 75 65 3.01 1.14
1971 38 38 14 4 -- 20 13 0 -- .606 1170 276.2 224 16 121 6 7 179 9 0 112 92 2.99 1.25
1972 25 21 10 3 -- 8 11 2 -- .421 690 169.2 125 5 68 8 2 142 2 1 56 53 2.81 1.14
1973 LAD 33 33 10 3 -- 14 10 0 -- .583 1015 249.2 196 24 77 3 6 177 6 1 90 75 2.70 1.09
1974 39 39 13 3 -- 20 6 0 -- .769 1179 292.1 227 24 94 0 3 221 6 3 93 84 2.59 1.10
1975 42 40 19 7 -- 19 14 1 -- .576 1276 321.2 244 22 96 2 5 213 8 0 92 82 2.29 1.06
1976 ATL 29 28 12 3 -- 11 11 1 -- .500 847 207.1 166 14 74 1 2 135 10 0 83 70 3.04 1.16
1977 16 16 1 0 -- 5 4 0 -- .556 447 102.1 101 12 39 5 2 69 5 0 54 50 4.40 1.37
1978 NYY 6 5 0 0 -- 0 3 0 -- .000 106 22.1 24 7 15 0 1 16 0 0 21 14 5.64 1.75
1979 LAD 11 11 1 0 -- 2 4 0 -- .333 266 62.1 55 9 34 2 0 26 3 0 34 34 4.91 1.43
通算:12年 344 295 98 27 -- 130 99 15 -- .568 9120 2230.1 1719 174 831 44 40 1625 70 7 812 709 2.86 1.14
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]