野球アメリカ合衆国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野球アメリカ合衆国代表
George W. Bush with US baseball team at 2008 Summer Olympics 2008-08-11.jpg
国または地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
協会 アメリカ野球協会
監督 ジョー・トーリ
オリンピック
出場回数 正式競技:4回
 1992199620002008
公開競技:2回
 1984、1988
初出場 正式競技:1992 バルセロナ
公開競技:1984 ロサンゼルス
最高成績 金メダル(2000)
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
出場回数 3
初出場 2006年
最高成績 ベスト4
アメリカ大陸野球選手権
  

野球アメリカ合衆国代表(やきゅうアメリカがっしゅうこくだいひょう)は、アメリカ合衆国における野球ナショナルチームである。

野球の母国で世界を代表する強豪国である。かつては大学生中心でチーム編成をしていた。国際大会においてプロ選手の参加が解禁されてからは、3A独立リーグの選手中心で編成されている。ワールド・ベースボール・クラシックが開催してからは、MLBでプレーするメジャーリーガーが参加している。

概説[編集]

夏季オリンピックで1回、IBAFワールドカップで4回、IBAFインターコンチネンタルカップで2回の優勝を誇る。

プロ選手の参加が初めて認められた2000年シドニーオリンピックでは、元ロサンゼルス・ドジャース監督のトミー・ラソーダが指揮を執り、金メダルを獲得した。しかし、2004年アテネオリンピックは大陸予選で敗退し、本大会出場はならなかった。

2006年ワールド・ベースボール・クラシックではメジャーリーガーによるドリームチームが初めて実現し、優勝候補の大本命と目されていた。しかし、2次リーグでは誤審問題で物議を醸した上、韓国メキシコに連敗を喫して敗退した。

2008年に開催された北京オリンピックは3位で通過。準決勝でキューバに敗れるも3位決定戦で日本に勝ち銅メダルを獲得した。

2009年ワールド・ベースボール・クラシックでは準決勝で日本に敗れ、4位となった。

2013年ワールド・ベースボール・クラシックでは2次ラウンドでドミニカ共和国プエルトリコに敗れ、2次ラウンド敗退となった。

国際大会[編集]

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

  • 2006年 - 2次リーグ敗退
  • 2009年 - ベスト4
  • 2013年 - 2次ラウンド敗退

オリンピック[編集]

  • 1992年 - 4位
  • 1996年 - 3位
  • 2000年 - 優勝
  • 2004年 - 予選敗退
  • 2008年 - 3位

ワールドカップ[編集]

  • 1938年 - 準優勝
  • 1939年 - 3位
  • 1940年 - 準優勝
  • 1969年 - 準優勝
  • 1970年 - 準優勝
  • 1972年 - 準優勝
  • 1973年 - 優勝
  • 1974年 - 優勝
  • 1978年 - 準優勝
  • 1982年 - 3位
  • 1984年 - 3位
  • 1988年 - 準優勝
  • 2001年 - 準優勝
  • 2007年 - 優勝
  • 2009年 - 優勝

インターコンチネンタルカップ[編集]

  • 1973年 - 3位
  • 1975年 - 優勝
  • 1977年 - 準優勝
  • 1979年 - 3位
  • 1981年 - 優勝
  • 1983年 - 準優勝
  • 1987年 - 準優勝
  • 1993年 - 準優勝

歴代監督[編集]

代表選手[編集]

※詳細は以下の項目

外部リンク[編集]