マーク・デローサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーク・デローサ
Mark DeRosa
20130422-0510 Mark DeRosa.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州パセーイク
生年月日 1975年2月26日(39歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
215 lb =約97.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内外野手
プロ入り 1996年 ドラフト7巡目
初出場 1998年9月2日
最終出場 2013年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

マーク・トーマス・デローサ: Mark Thomas DeRosa, 1975年2月26日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州出身の元野球選手。右投げ右打ち。ポジションは内野手

登録ポジションは内野手で、二塁手が本職だが、堅実な守備と複数のポジションをこなす器用さが魅力のユーティリティープレイヤー

経歴[編集]

ペンシルベニア大学時代はアメリカンフットボールでも活躍した。1996年のドラフトでアトランタ・ブレーブスから7巡目指名を受け入団。 1998年に同球団でメジャーデビュー。

2004年サード定着が期待されたが、前半戦の打撃不振により、2002年からレフトコンバートされていた主砲チッパー・ジョーンズが、サードに再コンバートされたため、後半戦からは代打守備固めでの起用がメインとなった。

2005年テキサス・レンジャーズへ移籍した。

2006年オフにシカゴ・カブスにFA移籍した。

2007年は完全に二塁手定着かと思われたが、クリフ・フロイドの不振や故障者との兼ね合いもあり、センターピッチャーキャッチャー以外のポジションを守ることも多かった。そんな中、自己最多の149試合に出場し、打率.293・2年連続の2桁本塁打となる10本塁打・72打点・出塁率は自己最多となる.371をマークした。

2008年は、カブスでユーティリティープレイヤーとして二塁で95試合、外野で65試合、三塁で22試合、一塁で1試合、遊撃で1試合に出場。シーズン通じて好調を維持し、得点・二塁打・三塁打・本塁打・打点・盗塁・四球・長打率・塁打数など、多くの部門で自己ベストないし自己ベストタイの成績を記録した。

2008年12月、マイナー3選手とのトレードでクリーブランド・インディアンスに移籍。

しかし、チームが低迷していたため、2009年6月28日にトレードでセントルイス・カージナルスに移籍した。

2011年12月22日、ワシントン・ナショナルズと1年契約を結んだ。

2013年1月22日、トロント・ブルージェイズと1年75万ドルで契約。

2013年11月12日、引退を発表した[1]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1998 ATL 5 3 3 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .333 .333 .333 .667
1999 7 8 8 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
2000 22 15 13 9 4 1 0 0 5 3 0 0 0 0 2 0 0 1 0 .308 .400 .385 .785
2001 66 184 164 27 47 8 0 3 64 20 2 1 1 2 12 6 5 19 3 .287 .350 .390 .740
2002 72 232 212 24 63 9 2 5 91 23 2 3 2 3 12 3 3 24 5 .297 .339 .429 .768
2003 103 288 266 40 70 14 0 6 102 22 1 0 0 1 16 0 5 49 6 .263 .316 .383 .699
2004 118 345 309 33 74 16 0 3 99 31 1 3 4 6 23 3 3 53 6 .239 .293 .320 .614
2005 TEX 66 166 148 26 36 5 0 8 65 20 1 0 0 0 16 0 2 35 5 .243 .325 .439 .764
2006 136 572 520 78 154 40 2 13 237 74 4 4 0 2 44 1 6 102 13 .296 .357 .456 .812
2007 CHC 149 574 502 64 147 28 3 10 211 72 1 2 3 4 58 2 7 93 17 .293 .371 .420 .792
2008 149 593 505 103 144 30 3 21 243 87 6 0 2 8 69 0 9 106 9 .285 .376 .481 .857
2009 CLE 71 314 278 47 75 13 0 13 127 50 1 1 1 3 29 1 3 63 6 .270 .342 .457 .799
STL 68 262 237 31 54 10 1 10 96 28 2 1 1 2 18 0 4 58 5 .228 .291 .405 .696
'09計 139 576 515 78 129 23 1 23 223 78 3 2 2 5 47 1 7 121 11 .250 .319 .433 .752
2010 SF 26 104 93 9 18 3 0 1 24 10 0 2 0 0 9 0 2 16 6 .194 .279 .258 .537
2011 47 97 86 9 24 2 0 0 26 12 1 1 0 1 8 0 2 18 4 .279 .351 .302 .653
2012 WSH 48 101 85 13 16 5 0 0 21 6 1 0 1 1 14 0 0 18 3 .188 .300 .247 .547
2013 TOR 88 236 204 23 48 12 1 7 83 36 0 0 0 3 28 1 1 49 8 .235 .326 .407 .733
通算:16年 1241 4094 3633 538 975 196 12 100 1495 494 23 18 15 36 358 17 52 707 96 .268 .340 .412 .751
  • 2013年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Mark DeRosa retiring after 16 MLB seasons” (英語). CBC Sports. 2013年11月15日閲覧。

外部リンク[編集]