野球パナマ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野球パナマ代表
国または地域 パナマの旗 パナマ
協会 パナマ野球連盟
監督 ヘクター・ロペス
オリンピック
出場回数 0回
ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)
出場回数 2回
初出場 2006年
最高成績 一次リーグ敗退
パンアメリカン野球選手権
  

Template(フォーマット)ナショナルチームtemp

歴史[編集]

ワールドカップは準優勝1回、3位入賞が2回ある。

2006年WBCでは守護神候補のマリアノ・リベラや、フリオ・ズレータフェルナンド・セギノールホセ・マシーアスが辞退。さらにロベルト・ケリー監督が、パナマ野球連盟の主力選手を国内大会に優先するためにWBC代表から外した行為を「国からの十分な支援が受けられない」として辞意を表明。国内リーグでプレーするアニバル・レルス・バスケスを急遽監督に据えて臨むも、一次リーグ全敗なうえ最終戦でオランダにノーヒットノーランを食らうなどチームの状態が万全ではなかった。

北京五輪米大陸予選では、決勝リーグまで残ったが6位であった。

国際大会[編集]

ワールド・ベースボール・クラシック[編集]

オリンピック[編集]

  • 1992年 - 予選敗退
  • 1996年 - 予選敗退
  • 2000年 - 予選敗退
  • 2004年 - 予選敗退
  • 2008年 - 予選敗退

ワールドカップ[編集]

  • 1945年 - 3位
  • 2003年 - 準優勝
  • 2005年 - 3位

歴代監督[編集]

主な選手[編集]

関連項目[編集]