デーブ・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デービー・ジョンソン
Davey Johnson
Davey Johnson Nationals.jpg
ナショナルズ監督時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 フロリダ州オーランド
生年月日 1943年1月30日(71歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
183 lb =約83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手一塁手三塁手
プロ入り 1962年
初出場 MLB / 1965年4月13日
NPB / 1975年4月22日
最終出場 MLB / 1978年9月29日
NPB / 1976年11月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

デーブ・ジョンソンDavid Allen "Dave" Johnson , 1943年1月30日 - )は、アメリカ合衆国の元プロ野球選手内野手)、プロ野球監督

アメリカ球界での登録名はデービー・ジョンソン (Davey Johnson)。

経歴・人物[編集]

MLB時代[編集]

フロリダ州オーランド出身。テキサスA&M大学を経て、1962年ボルチモア・オリオールズと契約。1965年、シーズン終盤に3Aロチェスターからオリオールズへメジャー初昇格。プロ入り5年目の1966年には新人王をとり、当時アメリカンリーグの強豪であったチームで正二塁手として1966年1970年ワールドシリーズ優勝に貢献。1969年1971年にもワールドシリーズに出場。なお、1966年のワールドシリーズでは、この年限りで引退した偉大な左腕投手サンディー・コーファックスに最後の被安打を記録させ、1969年のワールドシリーズでは、1勝3敗で迎えた第5戦の9回2死から打席に入って凡退し、後年監督となるニューヨーク・メッツの初のワールドシリーズ制覇の最後の打者となった。

1973年アトランタ・ブレーブスに移籍し、同年に自身最多でナ・リーグ2位の43本塁打を放つ(うち1本は代打で記録したが、二塁手の記録した本塁打として当時のメジャーリーグ記録)。同年にはカムバック賞も受賞した。

ゴールドグラブ賞は1969年から3年連続受賞、オールスターゲームには1968-1970年、1973年と4回選出。

巨人時代[編集]

1975年4月18日に監督就任1年目の長嶋茂雄が「クリーン・ベースボール」をスローガンに掲げる読売ジャイアンツに入団することが決定し、20日午後8時23分に日航機で羽田空港に来日して、22日ナゴヤ球場での中日戦から黒江透修の残した背番号5をつけて34インチ(86.36cm)33オンス(935.44グラム)のバットとブルックス・ロビンソンから譲り受けたグラブでプレイし、球団史上唯一度の最下位を経験した。長嶋の後釜として期待されたものの、前半戦は慣れない三塁守備、6月にはセ・リーグ記録の8打席連続三振を喫するなど日本人投手のコントロールのよい変化球に苦しみ、後半戦は王貞治のアドバイスで傘を持つ位置にグリップを修正し打撃が復調したかにみえたが、8月6日川崎球場での対大洋15回戦で竹内広明が与えた左肩への死球による肩甲骨亀裂骨折で1ヵ月間戦線を離脱して調子を崩し、ワールドシリーズに4回出場して優勝2回の実力を十分に発揮することはできず、ファンから「ジョン損」等と酷評された。

本来の二塁手に戻った翌1976年は日本野球にも慣れ、古傷の膝痛や開幕直後の4月7日後楽園球場平松政次から受けた死球で悪化した右手親指痛を抱え、6月9日に一時帰国して故障の治療をしながらも108試合に出場し、打率.275、打点74、チーム2位の26本塁打を放ってベストナインダイヤモンドグラブ賞を獲得するほどの活躍で長嶋巨人の初優勝に貢献した。なお、26号ソロ本塁打は10月16日広島市民球場でのシーズン最終戦で高橋里志のド真ん中の棒球を捉えた優勝決定弾であった。しかし、言葉の壁や文化の違いから意思の疎通は最後までうまく図れなかった。右手親指の怪我の治療で再度一時帰国を望んでいたが認められず、コーチに打撃練習を強要されトラブルとなった阪急ブレーブスとの日本シリーズでは13打数無安打6三振と不振を極めた。オフには球団からの年俸ダウンの提示や、ジョンソンが長嶋に謝罪を要求するなどの経緯があり、契約更改には至らなかった[1]。その後、日本でのプレー続行を望むジョンソンに対し近鉄バファローズが獲得の意向を見せたが、巨人の横槍で断念したという[2]

MLB復帰[編集]

帰国後の翌1977年フィラデルフィア・フィリーズでメジャーに復帰。1978年シーズン途中にシカゴ・カブスに移籍し、同年限りで現役を引退した。

なお、デーブ・ジョンソンはハンク・アーロンと王貞治のチームメイトであった唯一の人物であり、714から716号本塁打を2度目撃している。

引退後[編集]

引退後はマイナーリーグの監督を経て、1984年ニューヨーク・メッツの監督に就任して、1986年にメッツをワールドシリーズ優勝に導いた。のちにシンシナティ・レッズの監督としても1995年に地区優勝。ロサンゼルス・ドジャースボルチモア・オリオールズの監督も務めた。大リーグでデータ分析および選手起用にコンピューターの利用を開始した時期に、それに参画した人物のひとりである。

2003年からは2004年アテネ五輪オランダ代表チームの監督を務めた。2005年には2008年北京五輪アメリカ代表監督に就任。

2006年第1回WBCではアメリカ代表のコーチを務めた。

2009年第2回WBCではアメリカ代表の監督を務めた。

2008年の北京五輪本戦では3位決定戦で日本と対決。同点で全く同じような状況で米国は続投、日本は投手交代という決断を下し明暗が分かれ、日本に勝利し銅メダル獲得。これにつき「交代のタイミングは非常に難しいものだ。星野はいい監督だと思う」と述べた[3]

2011年6月26日ワシントン・ナショナルズの監督に就任した[4]

2012年、チームを31年ぶり、ワシントン移転後では初の地区優勝へと導いた。オフの11月10日に1年契約で続投をなった。13日には、この年のナショナルリーグ最優先監督に選ばれた。[5]

2013年9月29日に監督業から引退した。[6]

エピソード[編集]

巨人在籍時は折り合いが良くなかったと言われる長嶋だが、文春Numberビデオ「巧守好走列伝」では守備の印象的な外国人選手としてジョンソンの名を挙げ、守備技術を高く評価している[7]。例えば、王貞治が通算715号を記録した1976年10月11日対阪神23回戦(後楽園)では、2回一死二塁に東田正義の場面で池辺巌の中前の飛球を裁きダブルプレイ、7回二死二塁に藤田平の場面で片岡新之介の一二塁間のヒット性のゴロを一塁封殺にするなど好プレイでピンチを救い、堀内恒夫の151球完投とチームのスコア9対3での勝利に貢献した。堀内はジョンソンを「人格者だった」「バットなしでいい。グラブを持って二塁にいるだけで助かった」と評している[8]張本勲の移籍により塀際の魔術師と呼ばれた左翼手から三塁手にコンバートされた高田繁も「併殺場面の三塁ゴロは捕ったら二塁ベースあたりに投げれば悪送球でもOK、デービーが簡単に一塁に転送してゲッツーが成立した。おかげで新人三塁手の僕までうまく見せてくれた」と評している[9]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1965 BAL 20 53 47 5 8 3 0 0 11 1 3 0 0 1 5 0 0 6 3 .170 .245 .234 .479
1966 131 541 501 47 129 20 3 7 176 56 3 4 1 7 31 3 1 64 8 .257 .298 .351 .649
1967 148 586 510 62 126 30 3 10 192 64 4 5 5 8 59 10 4 82 12 .247 .325 .376 .702
1968 145 559 504 50 122 24 4 9 181 56 7 3 3 3 44 5 5 80 18 .242 .308 .359 .667
1969 142 580 511 52 143 34 1 7 200 57 3 4 2 7 57 2 3 52 16 .280 .351 .391 .743
1970 149 600 530 68 149 27 1 10 208 53 2 1 3 1 66 8 0 68 11 .281 .360 .392 .753
1971 142 574 510 67 144 26 1 18 226 72 3 1 4 4 51 5 5 55 15 .282 .351 .443 .794
1972 118 436 376 31 83 22 3 5 126 32 1 1 2 2 52 8 4 68 10 .221 .320 .335 .655
1973 ATL 157 651 559 84 151 25 0 43 305 99 5 3 0 2 81 9 9 93 8 .270 .370 .546 .916
1974 136 540 454 56 114 18 0 15 177 62 1 2 4 4 75 6 3 59 17 .251 .358 .390 .748
1975 1 1 1 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1.000 1.000 2.000 3.000
巨人 91 324 289 29 57 7 0 13 103 38 1 0 0 3 21 0 11 71 6 .197 .275 .356 .631
1976 108 431 371 48 102 16 2 26 200 74 1 1 1 4 46 0 9 62 6 .275 .365 .539 .904
1977 PHI 78 186 156 23 50 9 1 8 85 36 1 1 2 3 23 1 2 20 5 .321 .408 .545 .952
1978 44 102 89 14 17 2 0 2 25 14 0 0 0 1 10 0 2 19 2 .191 .284 .281 .565
CHC 24 56 49 5 15 1 1 2 24 6 0 0 0 0 5 0 2 9 1 .306 .393 .490 .883
'78計 68 158 138 19 32 3 1 4 49 20 0 0 0 1 15 0 4 28 3 .232 .323 .355 .678
MLB:13年 1435 5465 4797 564 1252 242 18 136 1938 609 33 25 26 43 559 57 40 675 126 .261 .340 .404 .744
NPB:2年 199 755 660 77 159 23 2 39 303 112 2 1 1 7 67 0 20 133 12 .241 .326 .459 .785
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督戦績[編集]

年度 チーム 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/チーム数 備考 ポストシーズン
勝敗
1984 NYM NL 東 41 162 90 72 .556 2 / 6
1985 42 162 98 64 .605 2 / 6
1986 43 162 108 54 .667 1 / 6 WS優勝 8勝5敗
1987 44 162 92 70 .568 2 / 6
1988 45 160 100 60 .625 1 / 6 NLCS敗退 3勝4敗
1989 46 162 87 75 .537 2 / 6
1990 47 42 20 22 .476 2 / 6 途中解任
1993 CIN NL 西 50 118 53 65 .449 5 / 7 途中就任
1994 NL 中 51 115 66 48 .579 1 / 5
1995 52 144 85 59 .590 1 / 5 NLCS敗退 3勝4敗
1996 BAL AL 東 53 163 88 74 .543 2 / 5 ALCS敗退 4勝5敗
1997 54 162 98 64 .605 1 / 5 ALCS敗退 5勝5敗
1999 LAD NL 西 56 162 77 85 .475 3 / 5
2000 57 162 86 76 .531 2 / 5
2011 WSN NL 東 68 83 40 43 .482 3 / 5 途中就任
2012 69 162 98 64 .605 1 / 5 NLDS敗退 2勝3敗
2013 70 162 86 76 .531 2 / 5
通算 17年 2445 1372 1071 .562 25勝26敗
  • WS…ワールドシリーズ、LCS…リーグチャンピオンシップシリーズ、DS…ディビジョンシリーズ。
  • 途中解任、途中就任の年度の順位はいずれも最終順位。

表彰[編集]

MLB
NPB

記録[編集]

MLB
NPB
  • 初出場:1975年4月22日、対中日ドラゴンズ1回戦(中日スタヂアム)、スコア4-4の6回表2死1,2塁で小川邦和の代打で出場
  • 初打席:同上、6回表に星野仙一のカウント2ストライク1ボールでの4球目外角のフォークボールで見逃し三振(この打席では1回もスイングせず)
  • 初先発出場:1975年4月26日、対ヤクルトスワローズ1回戦(後楽園球場)、3番・三塁手として先発出場
  • 初安打:1975年4月27日、対ヤクルトスワローズ2回戦(後楽園球場)、6回裏の来日10打席目に松岡弘から左翼フェンス直撃二塁打
  • 初本塁打・初打点:同上、9回裏に石岡康三から左越サヨナラソロ

背番号[編集]

  • 6 (1965年、1973年 - 1975年途中)
  • 15 (1966年 - 1972年、1977年 - 1978年途中、1993年 - 1997年、1999年)
  • 5 (1975年途中 - 1976年、1984年 - 1990年、2000年、2011年途中 - )
  • 31 (1978年途中 - 同年終了)

脚注[編集]

  1. ^ 『ベースボールマガジン』2013年3月19日号、ベースボール・マガジン社、43頁
  2. ^ ロバート・ホワイティング玉木正之『和をもって日本となす』角川文庫、1992年
  3. ^ ジョンソン監督「星野はいい監督」」 日刊スポーツ(2008年8月23日)、2011年11月27日閲覧
  4. ^ Johnson to manage Nats through this season」 ワシントン・ナショナルズ(2011年6月16日)、2011年11月27日閲覧。
  5. ^ Davey runs away with NL Manager of Year honors
  6. ^ Davey's confidence in players a hallmark of his legacy
  7. ^ 蓮實重彦 「デイヴ・ジョンソンは美しかった」(『スポーツ批評宣言あるいは運動の擁護』所収)
  8. ^ 堀内恒夫 「多事正論」『週刊ベースボール』2011年11月28日号、ベースボール・マガジン社、雑誌20444-11/28、79頁。『ベースボールマガジン』2013年3月19日号、ベースボール・マガジン社、43頁
  9. ^ 『ベースボールマガジン』2013年3月19日号、ベースボール・マガジン社、43-44頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]