ジョン・シピン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・シピン
John Sipin
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ワトソンビル
生年月日 1946年8月29日(68歳)
身長
体重
183 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
初出場 MLB / 1969年5月24日
NPB / 1972年4月11日
最終出場 MLB / 1969年8月27日
NPB / 1980年10月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・シピンJohn White Sipin1946年8月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ワトソンビル出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

MLB時代[編集]

1965年6月8日セントルイス・カージナルスからドラフト55巡目(全体785番目)で指名され契約。1969年にAAA級タルサ・オイラーズに昇格した後、1969年5月22日、2対2のトレードでサンディエゴ・パドレスに移籍し、5月24日に2番セカンドでメジャーデビュー。1回裏のメジャー初打席三塁打、4回裏の2打席目でも三塁打を打つという鮮烈なデビューを飾った。その後1番を打つこともあったが打率が伸びず、結局メジャー出場はこの1シーズンだけに終わった。1970年はAAA級ソルトレイク・ビーズ1971年はAAA級ハワイ・アイランダーズに所属した。

NPB時代[編集]

1972年大洋に入団し、常に3割を狙える安定した打撃を売りにクリーンナップの一角として活躍。二塁手として1972年・1973年ダイヤモンドグラブ賞を受賞。1970年代のプロ野球を代表する二塁手となった。その長髪といかついから、当時の特撮番組「快傑ライオン丸」にちなんで「ライオン丸」の愛称で親しまれ、球団が川崎を去る1977年まで在籍。

1978年金銭トレード巨人に移籍。移籍の際にトレードマークとなっていた長髪と髭をばっさり切った。巨人の第42代4番打者となっている。契約は1981年まで残っていたが、腰痛(これが原因で守備力が落ち、大洋からの放出につながった)に加えて若手育成のチーム方針から1980年、1000万円の功労金を受け取りシーズン途中で円満退団した。

引退後[編集]

引退後は10年ほど悠々自適の暮らしを送っていたが、不動産業のライセンスを取得し高級別荘地のセールスマンとなる。 現在は自宅のあるカリフォルニア州サンタクララで、バッティングセンターを経営する[1]

エピソード[編集]

初めて日本に来た1972年には、いつまで待っても来日せず、日本に来たのはキャンプ直前。その時の格好は長髪でヒッピーの様な服、釣り竿を持ってやってきたという。翌日キャンプに行き、代打として出場したが、結果はぶざまな三振。それを見た福島良一は呆気にとられたという。

遊撃手であった米田慶三郎,山下大輔との二遊間は、当時リーグでも屈指の併殺率を誇った。特に送球の速さは抜きん出ており、一塁手松原誠は、あまりにシピンの送球が速いため左手がしびれてしまい、捕球するのを嫌がったといわれている。

ファッションに独特の哲学を持っていたようで、鬚に加え、サイケデリックな私服で球場入りしたり、ヘルメットを被って二塁の守備についたりと、「派手で奔放な野生児」というイメージが定着していた。しかし巨人に移籍してからは奇抜なファッションは鳴りをひそめた。また、巨人時代は試合中2度も死球に怒ってマウンドに突進して投手(大洋の門田富昭ヤクルト鈴木康二朗)を殴って退場を告げられたことがある(大洋時代にも退場経験はあるが暴力がらみではなく、田中俊幸審判の判定に激怒してホームベースに砂をかけたことによる。なお、鈴木投手を殴った時はその直後大杉勝男に殴り返された)。

大洋時代は監督命令でも無視するため厄介者扱いされていたがクリート・ボイヤーには逆らわず彼の命令には「イエス・サー」と答えていたという。しかしボイヤーが退団した翌年=1977年には完全に厄介者扱いされこれが巨人移籍の原因になったという。

大洋時代は長嶋茂雄のことを「ナギー」や「シギィ」と親しみを主とした愛称で呼んでいたが、巨人に移籍してからは長嶋監督のことを「ミスター・ナガシマ」と、距離をおいた尊敬の念を持って呼んでいた。

大洋在籍時には巨人の小川邦和に独持のアンダースローで抑えられ、小川は"シピン殺し"と呼ばれた。

がんばれ!!タブチくん!!ヤスダから「さすがジャイアンツじゃのう。シビンを持って試合かあー。」と突っ込みを入れられたことがある。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1969 SDP 68 241 229 22 51 12 2 2 73 9 2 0 2 1 8 1 1 44 3 .223 .251 .319 .570
1972 大洋 120 486 448 55 125 20 4 22 219 76 3 3 0 3 35 2 0 75 16 .279 .329 .489 .818
1973 123 521 478 70 141 22 0 33 262 75 4 1 0 3 38 5 2 65 24 .295 .347 .548 .896
1974 115 470 408 65 125 12 2 25 216 73 6 5 0 2 59 6 1 55 19 .306 .394 .529 .923
1975 130 537 501 73 148 17 1 34 269 82 1 4 0 1 34 6 1 69 16 .295 .341 .537 .878
1976 111 457 424 61 130 17 2 30 241 74 2 1 0 2 29 2 2 76 12 .307 .352 .568 .921
1977 129 547 494 76 153 18 3 22 243 87 5 3 0 5 47 3 1 77 14 .310 .367 .492 .859
1978 巨人 116 426 375 52 118 19 1 16 187 63 5 5 0 2 47 3 2 57 17 .315 .392 .499 .891
1979 117 478 432 70 135 17 1 27 235 74 3 2 1 2 43 3 0 73 12 .313 .373 .544 .917
1980 75 237 219 26 49 7 1 9 85 21 0 2 0 4 13 0 1 47 3 .224 .266 .388 .654
MLB:1年 68 241 229 22 51 12 2 2 73 9 2 0 2 1 8 1 1 44 3 .223 .251 .319 .570
NPB:9年 1036 4159 3779 548 1124 149 15 218 1957 625 29 26 1 24 345 30 10 594 133 .297 .356 .518 .874
  • 各年度の太字はリーグ最高

表彰[編集]

記録[編集]

NPB初記録
NPB節目の記録
NPBその他の記録

背番号[編集]

  • 37 (1969年)
  • 2 (1969年)
  • 38 (1972年 - 同年途中)[2]
  • 11 (1972年途中 - 1980年)[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ 小川勝『プロ野球助っ人三国志』毎日新聞社、1994年、ISBN 4620310069
  2. ^ a b 一旦38番で登録されたが、高橋重行投手が米マイナーリーグに野球留学して登録から外れ、空き番となっていた11番に変更した。高橋は大洋に復帰した翌1973年から33番となった。
  3. ^ 巨人移籍に際しては、「11」をつけていた当時新人の角三男(現・盈男)から譲ってもらう形で大洋時代から愛用の番号を背負った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]