三村敏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三村 敏之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県安芸郡海田町
生年月日 1948年9月19日
没年月日 2009年11月3日(満61歳没)
身長
体重
173 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 1966年 第一次ドラフト2位
初出場 1967年5月7日
最終出場 1983年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 広島東洋カープ (1984 - 1998, 2004 - 2005)

三村 敏之(みむら としゆき、1948年9月19日 - 2009年11月3日)は、広島県出身のプロ野球選手内野手)、野球指導者、野球解説者

現役時代は広島東洋カープに所属。引退後は広島のコーチ・監督東北楽天ゴールデンイーグルスチーム統括本部編成部部長を歴任。

来歴・人物[編集]

プロ入りまで[編集]

海田町立海田市小学校(現:海田町立海田小学校)、海田町立海田中学校を経て、広島県立広島商業高等学校に進学。1966年、2年生エース山本和行を擁し夏の甲子園県予選決勝に進出。伊原春樹のいた北川工を破り、夏の選手権に出場。しかし1回戦で桐生高に敗退する。

現役時代[編集]

1966年のドラフト2位で広島カープに入団。入団4年目の1970年より遊撃手のレギュラーに定着。1972年にはリーグ2位の打率.308を記録。バントヒットエンドランなどのプレーを得意とし、1975年には同年に移籍してきた同じ広島県安芸郡海田町の出身で子供の頃から草野球を一緒にした幼馴染[1]大下剛史と打順1・2番を形成し(1番大下、2番三村)、同年のチーム初優勝に貢献した。同年9月10日の対中日戦では本塁上でのタッチプレーの際の相手捕手新宅洋志のブロックに激怒、これをきっかけに両軍選手やファンまでもがグラウンドになだれ込んでの大乱闘となり、翌日の試合は中止という異常事態へと発展した(星野仙一風見しんごに関連エピソードあり)[2]。この事件は、初優勝に邁進するチームを一つにまとめるきっかけになった出来事とされている[3][4]1976年には27本塁打を放つ。1977年からの2年間は不振に陥ったものの、1979年に復活しカムバック賞を獲得。翌1980年との連続日本一にも貢献した。その後は代打での起用が増え、1983年に現役引退。

現役引退後[編集]

引退後もカープに残り、1984年1985年は二軍守備走塁コーチ、1986年1990年は一軍守備走塁コーチ、三塁ベースコーチ、1991年1993年の二軍監督を経て、1994年1998年は一軍監督を務めた。「トータルベースボール(総合野球)」を掲げ、1996年夏場まで首位を独走し、2位巨人に最大11.5ゲーム差をつけていたが、秋口に失速し、俗に言うメークドラマの引き立て役となってしまった。 二軍、一軍監督時代に指導者した金本知憲は「三村さんは最大の恩人」と著者に記している[5]。引退後の会見でも「三村さん、山本一義さん、高代さんの3人に感謝したい」と話していた[6]

1999年2003年中国放送野球解説者スポーツニッポン野球評論家を務めた。2004年2005年は一軍ヘッドコーチを務め、2006年2007年は再び中国放送の野球解説者を務めた。その傍ら、福山大学客員教授に就任し、「実践コーチ論とプレーヤー」と題した講座で一年間教鞭を取っていた。スポーツニッポン紙上でも、福山大学客員教授の肩書で野球評論をすることがあった。2008年より、生まれ育った広島を離れ、単身赴任として東北楽天ゴールデンイーグルスチーム統括本部編成部部長に就任。楽天選手の移籍等のときの会見にフロント側代表として同席した。

元々、楽天は球団創設時よりコストをかけずに選手を育成、球団経営する広島カープの野球をモデルに掲げ、そのため広島OBをフロントに招聘しようと考えていた。そのため、三村を招聘した理由は、将来的に野村克也監督の後任の監督としてであったことが、三村の死後明らかにされた。しかし、健康上の理由で難しかったため、マーティ・ブラウンが候補に挙がった。

2009年5月11日、肝臓疾患のため広島市内の病院で療養すると発表され、業務は楠城徹編成部長補佐が代行。その後、夏頃に業務に復帰し、10月29日ドラフト会議にも出席していたが、わずか4日後の11月2日に再び体調不良を訴え、仙台市内の病院に緊急入院。翌3日午前10時5分、心不全のため死去[7]。61歳没 。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1967 広島 42 106 99 7 18 3 0 2 27 7 0 0 1 0 6 0 0 24 0 .182 .229 .273 .501
1968 63 128 119 7 25 1 1 3 37 8 1 1 1 0 6 0 2 27 3 .210 .260 .311 .571
1969 63 160 140 18 28 3 1 4 45 10 4 2 1 0 19 0 0 44 5 .200 .296 .321 .617
1970 111 405 368 45 96 9 1 9 134 27 16 10 3 1 23 0 10 70 2 .261 .321 .364 .685
1971 126 535 463 51 100 14 1 15 161 45 6 7 17 5 38 0 12 73 9 .216 .290 .348 .637
1972 127 568 468 62 144 22 3 12 208 39 7 10 18 2 69 1 19 69 11 .308 .407 .444 .852
1973 121 521 449 56 121 14 2 12 175 32 7 4 7 0 57 1 8 59 9 .269 .362 .390 .752
1974 96 367 331 36 86 14 0 14 142 40 0 3 8 2 18 2 8 37 6 .260 .312 .429 .741
1975 122 502 442 67 124 21 3 10 181 42 3 5 10 2 43 1 5 47 7 .281 .350 .410 .759
1976 130 539 487 76 131 19 3 27 237 69 1 4 13 3 34 2 2 67 17 .269 .317 .487 .804
1977 104 376 347 27 83 14 1 8 123 40 2 1 5 2 17 0 5 54 6 .239 .283 .354 .637
1978 95 302 261 48 65 11 0 11 109 23 0 0 6 2 32 1 1 35 4 .249 .331 .418 .749
1979 116 449 389 46 112 17 0 12 165 60 1 1 14 3 38 1 5 46 7 .288 .356 .424 .780
1980 89 235 199 18 42 5 0 3 56 13 0 1 9 0 22 0 5 33 8 .211 .305 .281 .587
1981 96 275 247 19 56 11 0 7 88 26 1 0 7 2 17 1 2 37 8 .227 .280 .356 .636
1982 57 91 74 3 14 5 0 0 19 9 0 1 2 2 11 0 2 14 3 .189 .303 .257 .560
1983 9 8 7 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:17年 1567 5567 4890 586 1245 183 16 149 1907 490 49 50 123 26 442 10 86 738 105 .255 .326 .390 .716
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合数 勝利 敗戦 引分 勝率
1994 広島 3位 130 66 64 0 .508
1995 2位 131 74 56 1 .569
1996 3位 130 71 59 0 .546
1997 3位 135 66 69 0 .489
1998 5位 135 60 75 0 .444
通算:5年 661 337 323 1 .511
1994年から1996年までは130試合制、1997年から2000年までは135試合制

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:1976年8月11日、対大洋ホエールズ18回戦(川崎球場)、9回表に山下律夫から右越決勝ソロ ※史上89人目
  • 1000試合出場:1976年10月22日、対大洋ホエールズ25回戦(川崎球場)、5番・遊撃手で先発出場 ※史上188人目
  • 1000本安打:1978年5月30日、対阪神タイガース9回戦(広島市民球場)、7回裏に谷村智啓から ※史上110人目
  • 1500試合出場:1981年10月12日、対ヤクルトスワローズ25回戦(明治神宮野球場)、6番・三塁手で先発出場 ※史上70人目

背番号[編集]

  • 48 (1967年 - 1969年)
  • 30 (1970年)
  • 9 (1971年 - 1983年)
  • 78 (1984年 - 1998年)
  • 71 (2004年 - 2005年)

その他[編集]

  • 1997年6月15日の対巨人戦(東京ドーム)に負けた試合後に記者から敗因を聞かれた際、「敗因は8回の広沢のショートゴロをセーフにしたジャイアンツのユニフォームを着たあの審判。あの審判をお立ち台に上げてやれ」と発言。審判団から侮辱だとの抗議を受け、後日、コミッショナーから20万円の罰金を命じられた。

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『超二流のススメ』(2001年、株式会社アスリート)

解説者時代に出演した番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スポーツニッポン 2009年11月4日4面
  2. ^ スポニチ Sponichi Annex【8月3日】1975年(昭50)巨人は蚊帳の外 0.5差でセ4強がデットヒート
  3. ^ カープ50年選手列伝[リンク切れ]中国新聞より)
  4. ^ 朝日新聞 2009年11月4日17面
  5. ^ 金本知憲著、人生賭けて: ~苦しみの後には必ず成長があった~ 小学館、2012年、P119
  6. ^ [http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/12/27/kiji/K20121227004860680.html 【野球のツボ】金本はなぜ「鉄人」になりえたのか ] - 2012年12月27日
  7. ^ 61歳の若さで…元広島監督の三村氏が死去 スポニチ 2009年11月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]