トミー・ジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・ジョン
Tommy John
Tommy John 2008 bronx.jpg
2008年撮影
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州
生年月日 1943年5月22日(71歳)
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1961年
初出場 1963年9月6日
最終出場 1989年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トマス・エドワード・"トミー"・ジョン・ジュニア(Thomas Edward "Tommy" John Jr., 1943年5月22日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州出身の元野球選手

側副靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)を最初に受けた選手として有名。怪我からの復活劇から、あだ名は「バイオニック・トミー」。

経歴[編集]

1961年クリーブランド・インディアンスに入団。1963年9月6日メジャーデビュー。1965年シカゴ・ホワイトソックスへ、1972年ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。

1974年7月17日エクスポズ戦で、左肘の腱を断裂する大怪我を負う。当初選手生命はおろか、日常生活にも支障を来しかねないほどの大怪我と診断され、再起は絶望視されたが、この当時ドジャースのチームドクターだったフランク・ジョーブ博士が考案した、損傷した靱帯を切除し他の正常な腱の一部を移植するという手術を受ける。

1976年4月16日アトランタ・ブレーブス戦でメジャーに復帰。この年は207イニングを投げ10勝10敗、防御率3.09でカムバック賞ハッチ賞を受賞した。翌1977年は自己最高の20勝。FAニューヨーク・ヤンキースに移籍した1979年からは2年連続20勝以上を記録するなど、手術の影響を微塵も感じさせない快投を見せた。ジョンの復活劇を受けて、ジョーブ博士が考案した腱移植手術は彼にちなんで「トミー・ジョン手術」と呼ばれるようになった。

1982年カリフォルニア・エンゼルス1985年オークランド・アスレチックスへ移籍した後、再びヤンキースへ移籍。

1988年7月27日ミルウォーキー・ブルワーズ戦では、「1つの打球で3失策」を記録している。まず、ピッチャーゴロをはじいて1失策目、さらに一塁に悪送球して2失策目、一塁走者が三塁を回った時点で、右翼手デーブ・ウィンフィールドからの返球を中継したところ、本塁への送球が悪送球となり、走者の生還を許して3失策目となった。

1989年に46歳で引退。1988年・1989年はメジャーリーグ最年長選手だった。通算勝利数288は左投手としては歴代7位の記録であり、手術以降の14年間でその半数以上にあたる164勝を挙げている。

2006年12月、独立リーグアトランティックリーグブリッジポート・ブルーフィッシュの監督に就任した。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1963 CLE 6 3 0 0 - 0 2 0 - .000 91 20.1 23 1 6 1 0 9 1 0 10 5 2.21 1.43
1964 25 14 2 1 - 2 9 0 - .182 412 94.1 97 10 35 4 0 65 5 1 53 41 3.91 1.40
1965 CHW 39 27 6 1 - 14 7 3 - .667 752 183.2 162 12 58 6 2 126 8 0 67 63 3.09 1.20
1966 34 33 10 5 - 14 11 0 - .560 904 223.0 195 13 57 4 7 138 10 1 76 65 2.62 1.13
1967 31 29 9 6 - 10 13 0 - .435 715 178.1 143 12 47 7 5 110 5 0 62 49 2.47 1.07
1968 25 25 5 1 - 10 5 0 - .667 705 177.1 135 10 49 4 12 117 2 1 45 39 1.98 1.04
1969 33 33 6 2 - 9 11 0 - .450 984 232.1 230 16 90 10 1 128 15 1 91 84 3.25 1.38
1970 37 37 10 3 - 12 17 0 - .414 1133 269.1 253 19 101 16 9 138 17 0 117 98 3.27 1.31
1971 38 35 10 3 - 13 16 0 - .448 975 229.1 244 17 58 5 5 131 10 0 115 92 3.61 1.32
1972 LAD 29 29 4 1 - 11 5 0 ^ .688 766 186.2 172 14 40 1 3 117 10 0 68 60 2.89 1.14
1973 36 31 4 2 - 16 7 0 - .696 888 218.0 202 16 50 2 4 116 3 0 88 75 3.10 1.16
1974 22 22 5 3 - 13 3 0 - .813 616 153.0 133 4 42 0 1 78 5 0 51 44 2.59 1.14
1976 31 31 6 2 - 10 10 0 - .500 868 207.0 207 7 61 4 0 91 7 1 76 71 3.09 1.30
1977 31 31 11 3 - 20 7 0 - .741 906 220.1 225 12 50 3 3 123 6 0 82 68 2.78 1.25
1978 33 30 7 0 - 17 10 1 - .630 912 213.0 230 11 53 7 5 124 6 1 95 78 3.30 1.33
1979 NYY 37 36 17 3 - 21 9 0 - .700 1116 276.1 268 9 65 1 4 111 11 1 109 91 2.96 1.21
1980 36 36 16 6 - 22 9 0 - .710 1089 265.1 270 13 56 1 6 78 5 0 115 101 3.43 1.23
1981 20 20 7 0 - 9 8 0 - .529 580 140.1 135 10 39 2 3 50 6 2 50 41 2.63 1.24
1982 30 26 9 2 - 10 10 0 - .500 766 186.2 190 11 34 1 3 54 5 2 84 76 3.66 1.20
CAL 7 7 1 0 - 4 2 0 - .677 152 35.0 49 4 5 0 0 14 2 0 18 15 3.86 1.54
'82計 37 33 10 2 - 14 12 0 - .538 918 221.2 239 15 39 1 3 68 7 2 102 91 3.69 1.25
1983 34 34 9 0 - 11 13 0 - .458 1010 234.2 287 20 49 5 2 65 11 0 126 113 4.33 1.43
1984 32 29 4 1 - 7 13 0 - .350 797 181.1 223 15 56 3 4 47 11 0 97 91 4.52 1.54
1985 12 6 0 0 - 2 4 0 - .333 176 38.1 51 3 15 1 1 17 5 0 22 20 4.70 1.72
OAK 11 11 0 0 - 2 6 0 - .250 221 48.0 66 6 13 0 1 8 2 0 37 33 6.19 1.65
'85計 23 17 0 0 - 4 10 0 - .286 397 86.1 117 9 28 1 2 25 7 0 59 53 5.53 1.68
1986 NYY 13 10 1 0 - 5 3 0 - .625 290 70.2 73 8 15 1 2 28 2 0 27 23 2.93 1.25
1987 33 33 3 1 - 13 6 0 - .684 802 187.2 212 12 47 7 6 63 9 0 95 84 4.03 1.38
1988 35 32 0 0 - 9 8 0 - .529 776 176.1 221 11 46 4 6 81 5 5 96 88 4.49 1.51
1989 10 10 0 0 - 2 7 0 - .222 290 63.2 87 6 22 2 3 18 3 0 45 41 5.80 1.71
通算:26年 760 700 162 46 - 288 231 4 - .555 19692 4710.1 4783 302 1259 102 98 2245 187 16 2017 1749 3.34 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • 最高勝率2回:1973年, 1974年
  • MLBオールスターゲーム選出 4回:1968年, 1977年, 1978年, 1979年
  • 通算勝利数:288勝(歴代26位, 左腕投手では歴代7位)
  • 通算投球回:4710.1回(歴代20位, 左腕投手では歴代3位)
  • 実働年数:26年(歴代3位タイ)

外部リンク[編集]