サム・パラーゾ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サム・パラーゾ
Sam Perlozzo
Sam Perlozzo.jpg
マリナーズコーチ時代(2008年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 メリーランド州カンバーランド
生年月日 1951年3月4日(63歳)
身長
体重
5' 9" =約175.3 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手三塁手
プロ入り 1972年
初出場 MLB / 1977年9月13日
NPB / 1980年
最終出場 MLB / 1979年9月13日
NPB / 1980年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

サム・パラーゾSamuel Benedict "Sam" Perlozzo , 1951年3月4日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州出身の元プロ野球選手内野手)・監督

来歴・人物[編集]

1972年ミネソタ・ツインズと契約。1977年9月13日メジャーデビュー。1979年サンディエゴ・パドレスでメジャーに再昇格したが、メジャーでの出場は通算で12試合にとどまった。

1980年ヤクルトスワローズに入団し、来日。走攻守揃った内野手として1番打者で活躍し、前年最下位に沈んだチームの2位浮上に貢献したが、盗塁の失敗の多さが響き、1年で退団。

帰国後の翌1981年ニューヨーク・メッツ傘下(当時)のAAA級タイドウォーターでプレーし、同年限りで現役引退。

引退後からマイナーの監督・コーチを経験した後、1987年デーブ・ジョンソン監督率いるニューヨーク・メッツの三塁コーチに就任。1990年にはルー・ピネラ監督のシンシナティ・レッズの三塁コーチに就任し、1993年にはピネラと共にシアトル・マリナーズに移籍。1996年にジョンソン監督に招聘されてボルチモア・オリオールズ三塁コーチに就任し、2001年からベンチコーチに就任。2005年8月4日にリー・マジーリ監督の解任を受けてオリオールズの監督に就任した。2006年シーズンは機動力重視の采配でリーグ4位のチーム盗塁数121を記録し、ア・リーグ東地区4位につけていたが、2007年は6月に地区最下位に転落し、その責任を取る形で6月18日に解任された。2008年には三塁コーチとしてマリナーズに復帰したが、1年限りで退任。翌2009年フィラデルフィア・フィリーズに移籍し、2012年まで務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1977 MIN 10 27 24 6 7 0 2 0 11 0 0 0 1 0 2 0 0 3 0 .292 .346 .458 .804
1979 SD 2 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .333 .000 .333
1980 ヤクルト 118 520 473 70 133 11 3 15 195 43 13 15 13 2 23 0 9 30 4 .281 .325 .412 .738
MLB:2年 12 30 26 6 7 0 2 0 11 0 0 0 1 0 3 0 0 3 0 .269 .345 .423 .768
NPB:1年 118 520 473 70 133 11 3 15 195 43 13 15 13 2 23 0 9 30 4 .281 .325 .412 .738

背番号[編集]

  • 40 (1977年、1979年)
  • 3 (1980年)
  • 34 (1987年 - 1989年)
  • 2 (1990年 - 2007年、2009年 - )
  • 22 (2008年)

年度別監督成績[編集]

年度 球団 順位 試合 勝利 敗戦 勝率
2005 BAL 4位 55 23 32 .418
2006 4位 162 70 92 .432
2007 5位 69 29 40 .420
通算:3年 286 122 164 .427
  • 順位は最終順位

関連項目[編集]

外部リンク[編集]