エリック・デービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エリック・デイヴィス
Eric Davis
Eric davis.jpg
(1989年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国の旗 カリフォルニア州ロサンゼルス
生年月日 1962年5月29日(52歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手中堅手
プロ入り 1980年 ドラフト8巡目
初出場 1984年5月19日
最終出場 2001年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

エリック・キース・デイヴィスEric Keith Davis, 1962年5月29日 - )は、MLBの元選手。ポジションは外野手中堅手)。アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身。ニックネームは「Eric the Red」。

経歴[編集]

1980年MLBドラフトシンシナティ・レッズから8巡目に指名を受け入団。1984年5月19日セントルイス・カーディナルス戦でメジャーデビュー。9月には球団史上1978年ジョージ・フォスター以来となる4試合連続本塁打を記録[1]。その後、好成績を残し、外野手として1987年から3年連続ゴールドグラブ賞を受賞している。

1986年に27本塁打・80盗塁を記録し、リッキー・ヘンダーソンに次いで史上2人目の「20本塁打・80盗塁」を達成[1]1987年は4月・5月と2か月連続で月間MVPに選出され、オールスターゲーム初選出を果たした。37本塁打・50盗塁を記録し、「The 30-30 Club」(30本塁打30盗塁達成)の一員となった。

1990年にはレッズの四番打者としてワールドシリーズ制覇に貢献した。そのワールドシリーズ第4戦でのダイビングキャッチで肘がわき腹に入り腎臓を傷め途中退場[1]。シーズンオフに手術した影響で成績を落とし、1991年シーズン終了後にロサンゼルス・ドジャーストレード、さらに1993年途中にはデトロイト・タイガースにトレードされる。1994年5月に椎間板ヘルニアのため3週間戦線離脱。復帰後も症状は回復せず、7月26日の出場を最後に一度現役を離れる[2]

1996年、レッズで復帰し、打率.287、26本塁打を記録。その後、FAボルチモア・オリオールズへ移籍。1997年、4月は打率.377・5本塁打・16打点を記録し、第4週には打率.560・5本塁打・13打点の成績で週間MVPに選出され[2]、開幕から地区1位の原動力となった[3]。しかし、デービスが5月26日に腹部の痛みを訴え、医師は当初、膿瘍と診断したが、X線撮影で野球ボール大の結腸癌が発見された[2]。転移は発見されず、6月13日に結腸切除を行い、その後は週1回の投薬治療が行われた[2]。チームメイトは帽子やヘルメットにデービスの背番号「24」をつけ「デービスのためにも勝つ」と意思表示[3]

完治まで18か月かかると見られていたが、デービスは予想を上回る速さで回復し、9月15日にメジャー復帰[2]ア・リーグチャンピオンシップシリーズ第5戦では決勝ホームランを放った。ワールドシリーズ進出はならなかったが、癌克服後にロサンゼルスやボルチモアの癌センターへの寄付を積極的に行ったデービスはシリーズ第4戦が行われた10月22日、ジェイコブス・フィールドロベルト・クレメンテ賞が贈られた[2]

1998年には打率.327・28本塁打を記録。その後、セントルイス・カージナルスサンフランシスコ・ジャイアンツでプレーし2001年に引退。1999年には自叙伝『Born To Play』を出版している。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 CIN 57 200 174 33 39 10 1 10 81 30 10 2 0 1 24 0 1 48 1 .224 .320 .466 .786
1985 56 131 122 26 30 3 3 8 63 18 16 3 2 0 7 0 0 39 1 .246 .287 .516 .803
1986 132 487 415 97 115 15 3 27 217 71 80 11 0 3 68 5 1 100 6 .277 .378 .523 .901
1987 129 562 474 120 139 23 4 37 281 100 50 6 0 3 84 8 1 134 6 .293 .399 .593 .992
1988 135 543 472 81 129 18 3 26 231 93 35 3 0 3 65 10 3 124 11 .273 .363 .489 .852
1989 131 542 462 74 130 14 2 34 250 101 21 7 0 11 68 12 1 116 16 .281 .367 .541 .908
1990 127 518 453 84 118 26 2 24 220 86 21 3 0 3 60 6 2 100 7 .260 .347 .486 .833
1991 89 340 285 39 67 10 0 11 110 33 14 2 0 2 48 5 5 92 4 .235 .353 .386 .739
1992 LAD 76 308 267 21 61 8 1 5 86 32 19 1 0 2 36 2 3 71 9 .228 .325 .322 .647
1993 108 422 376 57 88 17 0 14 147 53 33 5 0 4 41 6 1 88 8 .234 .308 .391 .699
DET 23 89 75 14 19 1 1 6 40 15 2 2 0 0 14 1 0 18 4 .253 .371 .533 .904
'93計 131 511 451 71 107 18 1 20 187 68 35 7 0 4 55 7 1 106 12 .237 .319 .415 .734
1994 37 138 120 19 22 4 0 3 35 13 5 0 0 0 18 0 0 45 4 .183 .290 .292 .582
1996 CIN 129 496 415 81 119 20 0 26 217 83 23 9 1 4 70 3 6 121 8 .287 .394 .523 .917
1997 BAL 42 176 158 29 48 11 0 8 83 25 6 0 0 3 14 0 1 47 2 .304 .358 .525 .883
1998 131 508 452 81 148 29 1 28 263 89 7 6 0 7 44 0 5 108 13 .327 .388 .582 .970
1999 STL 58 223 191 27 49 9 2 5 77 30 5 4 0 1 30 1 1 49 1 .257 .359 .403 .762
2000 92 293 254 38 77 14 0 6 109 40 1 1 0 2 36 0 1 60 7 .303 .389 .429 .818
2001 SF 74 171 156 17 32 7 3 4 57 22 1 1 0 1 13 0 1 38 4 .205 .269 .365 .634
通算:17年 1626 6147 5321 938 1430 239 26 282 2567 934 349 66 3 50 740 59 33 1398 112 .269 .359 .482 .841

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b c The Ballplayers - Eric Davis” (英語). BaseballLibrary.com. 2009年5月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 水次祥子「病魔から甦った男の『奇跡』と『勲章』 エリック・デービス [オリオールズ]」『月刊メジャー・リーグ』1998年1月号、ベースボールマガジン社、1998年、雑誌 08625-1、42 - 43頁。
  3. ^ a b 「28球団マンスリー・リポート 病魔と闘うデービスのためにも・・・・・・「24」を身につけ14年ぶりの優勝へ ボルチモア・オリオールズ」『月刊メジャー・リーグ』 1997年9月号、ベースボールマガジン社、1997年、雑誌 08625-9、78頁。

外部リンク[編集]