ロン・ダーリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロン・ダーリング
Ron Darling
Ron Darling, April 2009 cropped.jpg
2009年8月3日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ州オアフ島ホノルル
生年月日 1960年8月19日(53歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト1巡目
初出場 1983年9月6日
最終出場 1995年8月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ロナルド・モーリス・ダーリングRonald Maurice Darling, 1960年8月19日 - )は、メジャーリーグベースボールの元選手。ポジションは投手アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身。

経歴[編集]

フランス系カナダ人の父親と中国系の母親の間に生まれる。その為英語の他にフランス語中国語も母国語並に話せる。名門イェール大学[1]に進学し、東南アジアの歴史を専攻する。1981年ドラフトテキサス・レンジャーズから1巡目(全体9位)に指名を受け入団。1982年4月1日リー・マッジーリとの交換トレードで、ウォルト・テレルと共にニューヨーク・メッツに移籍。

1983年9月6日フィラデルフィア・フィリーズ戦でメジャーデビュー。5試合に先発して1勝3敗・防御率2.80を記録。1984年開幕から先発ローテーション入りし、6月4日から7月6日にかけて7連勝を記録するなど前半戦で10勝を挙げる。後半戦は2勝に留まったが、12勝9敗・防御率3.81の成績を残し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では5位に入った。1985年は前半戦で9勝を挙げ、自身最初で最後のオールスターゲームに選出される。リーグワーストの114四球を与えたが、16勝6敗・防御率2.90を記録した。1986年は開幕6連勝を記録するなど15勝6敗・防御率2.81の成績でチームの地区優勝に貢献。ヒューストン・アストロズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し勝敗は付かなかったが、チームはリーグ優勝を果たす。ボストン・レッドソックスとのワールドシリーズでは第1戦に先発し、7回1失点(自責点0)と好投するが援護がなく敗戦投手。第4戦では7回無失点で勝利投手。第7戦は4回途中で降板したがチームは勝利し、17年ぶりのワールドチャンピオンに輝いた。サイ・ヤング賞の投票では5位に入った。1987年は不調で前半戦は4勝に留まるが、後半戦は6連勝を含む8勝を挙げ、12勝8敗・防御率4.29を記録。1988年は自己最多の17勝を挙げ、チームも地区優勝。ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第4戦と第7戦で先発。第7戦では2回途中6失点で降板して敗戦投手となり、チームも3勝4敗で敗退した。1989年は14勝14敗・防御率3.52を記録し、初のゴールドグラブ賞を受賞。1990年はリリーフに回るなど7勝9敗・防御率4.50に終わった。1991年7月15日ティム・バークとの交換トレードで1選手と共にモントリオール・エクスポズに移籍。

移籍後は3試合に先発したが0勝2敗・防御率7.41と振るわず、7月31日に2選手との交換トレードでオークランド・アスレティックスに移籍。メッツ時代のチームメイトでキャプテンだったキース・ヘルナンデスに敬意を払い、ヘルナンデスのメッツ時代の背番号「17」を付けてプレイした[2]。移籍後は3連勝を記録したが、その後7連敗を喫し、シーズン通算で8勝15敗・防御率4.26に終わった。1992年は後半戦で防御率2.90と調子を上げて15勝10敗・防御率3.66と復活し、チームの地区優勝に貢献。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発したが、6回3失点(自責点2)で敗戦投手となり、チームも2勝4敗で敗退した。オフにフリーエージェントとなるが再契約。1993年は5勝9敗・防御率5.16に留まる。1994年は序盤不調も6月26日から7月27日にかけて6連勝を記録するなど7月までに10勝を挙げるが、1994年から1995年のMLBストライキ8月11日を最後にシーズンが打ち切られ、10勝11敗・防御率4.50の成績だった。1995年は4勝7敗・防御率6.23と振るわず8月21日に解雇され、現役引退。

現在はメッツ専属のブロードキャスターを務める。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 NYM 5 5 1 0 0 1 3 0 -- .250 148 35.1 31 0 17 1 3 23 3 2 11 11 2.80 1.36
1984 33 33 2 2 0 12 9 0 -- .571 884 205.2 179 17 104 2 5 136 7 1 97 87 3.81 1.38
1985 36 35 4 2 0 16 6 0 -- .727 1043 248.0 214 21 114 1 3 167 7 1 93 80 2.90 1.32
1986 34 34 4 2 2 15 6 0 -- .714 967 237.0 203 21 81 2 3 184 7 3 84 74 2.81 1.20
1987 32 32 2 0 0 12 8 0 -- .600 891 207.2 183 24 96 3 3 167 6 3 111 99 4.29 1.34
1988 34 34 7 4 1 17 9 0 -- .654 971 240.2 218 24 60 2 5 161 7 2 97 87 3.25 1.16
1989 33 33 4 0 1 14 14 0 -- .500 922 217.1 214 19 70 7 3 153 12 4 100 85 3.52 1.31
1990 33 18 1 0 0 7 9 0 -- .438 554 126.0 135 20 44 4 5 99 5 1 73 63 4.50 1.42
1991 17 17 0 0 0 5 6 0 -- .455 427 102.1 96 9 28 1 6 58 9 4 50 44 3.87 1.21
MON 3 3 0 0 0 0 2 0 -- .000 81 17.0 25 6 5 0 1 11 4 0 16 14 7.41 1.76
OAK 12 12 0 0 0 3 7 0 -- .300 319 75.0 64 7 38 2 2 60 3 1 34 34 4.08 1.36
'91計 32 32 0 0 0 8 15 0 -- .348 827 194.1 185 22 71 3 9 129 16 5 100 92 4.26 1.32
1992 33 33 4 3 0 15 10 0 -- .600 866 206.1 198 15 72 5 4 99 13 0 98 84 3.66 1.31
1993 31 29 3 0 0 5 9 0 -- .357 793 178.0 198 22 72 5 5 95 3 1 107 102 5.16 1.52
1994 25 25 4 0 0 10 11 0 -- .476 682 160.0 162 18 59 3 7 108 6 1 89 80 4.50 1.38
1995 21 21 1 0 0 4 7 0 -- .364 484 104.0 124 16 46 2 4 69 5 0 79 72 6.23 1.63
通算:13年 382 364 37 13 4 136 116 0 -- .540 10032 2360.1 2244 239 906 40 59 1590 97 24 1139 1016 3.87 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ イェール大学はハーバード大学プリンストン大学と共に「BIG3」と呼ばれる名門中の名門だが、メジャーリーガーは少なく、ダーリングの後は2005年にメジャーデビューしたクレイグ・ブレスロウまで現れなかった。
  2. ^ メッツ時代のチームメイトだったボブ・オヘーダロジャー・マクダウエルもそれぞれ移籍後の球団では同様に「17」をつけてプレイした。

外部リンク[編集]