シド・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シド・フェルナンデス
Sid Fernandez
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ハワイ州オアフ島ホノルル
生年月日 1962年10月12日(51歳)
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1981年 ドラフト3巡目
初出場 1983年9月20日
最終出場 1997年4月5日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

シド・フェルナンデスCharles Sidney Fernandez , 1962年10月12日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手。左投左打。 アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身。

人物・来歴[編集]

カイザー高校(ホノルル)を卒業し、1981年ドラフト会議ロサンゼルス・ドジャースから3巡目(全米73位)で指名され入団。 この年6月からルーキー級・1Aでプレイし、9イニング平均奪三振は14以上を数えた。翌1982年は3Aアルバカーキで過ごしたが、1983年は2Aサンアントニオに降格。 この年2Aで大活躍し、終盤にメジャーに昇格。9月20日にメジャー初登板を果たす。しかしその年のオフに2選手との交換でニューヨーク・メッツに移籍。

1984年はメッツの3Aタイドウォーターで開幕し、この年はメジャーでは6勝6敗に終わるが、翌1985年に9勝。しかも170回1/3投げて180奪三振で、被安打はわずか108であった。9イニング平均の被安打5.71は、ナ・リーグ史上2位(1位は1907年に記録)。左の横手投げで、ストレートの球速は時速85マイル(136キロ)程度とメジャーでは遅い部類に入るが、独特のモーションと効果的なカーブで奪三振も多かった。ドワイト・グッデンが投げている試合では、グッデンが三振を奪うたびに「K」のボードが掲げられたが、フェルナンデスが三振を奪うと「S」(「Sid」の「S」)のボードが掲げられた。

1986年には自己最多の16勝(6敗)をあげ、特に前半戦は12勝2敗の成績で、オールスターに出場。ハワイ出身の先輩投手チャーリー・ハフ(当時レンジャーズ)と投げ合った。ただし、本拠地シェイ・スタジアムでは防御率2.17も、敵地では5.03と内弁慶ぶりを露呈した。 この年メッツはボストン・レッドソックスとのワールドシリーズ出場を果たすが、ワールドシリーズではリリーフでの起用に限定され、左投手に不利なフェンウェイ・パークでの第3 - 第5戦では登板の機会がなかった。第6戦、第7戦ではいずれもリードを許した状態で登板して好投し、チームの逆転勝ちに貢献した。 1987年も前半戦好調で、2年連続のオールスター出場を果たす。この年も本拠地で9勝3敗防御率2.98、敵地で3勝5敗防御率5.05と内弁慶ぶりは変わらなかった。 1988年は逆にシーズン序盤に不調も12勝。1989年にも14勝をあげた。

1990年は9勝14敗に終わる。この年も本拠地では8勝5敗防御率2.41だが敵地で1勝9敗防御率4.94という散々な成績に終わった。1991年はスプリング・トレーニング中の腕の故障で、7月中旬まで欠場し、さらに9月には膝の故障で1勝に終わる。 1992年には14勝をあげて復活するが、チームは地区5位に終わる。1993年は再び故障のため5勝に終わる。チームも地区最下位に沈み、この年限りでフリーエージェントボルチモア・オリオールズに移籍する。

しかしその後もかつての活躍はできず、1995年途中にはフィラデルフィア・フィリーズに移籍。1997年ヒューストン・アストロズで1試合に先発して勝利投手になったのを最後に現役を引退。9イニング平均の被安打(通算)は6.85で、2006年終了時点でノーラン・ライアンサンディー・コーファックスペドロ・マルティネスに次いで歴代4位である。

引退後は故郷のハワイに戻り、セミプロチームのコーチを務めていたが、2001年ニューヨーク・ヤンキースのスプリング・トレーニングに参加して驚かせた。マイナー契約し、4月7日にマイナーで復帰後初登板したところ、膝を負傷。1週間後に引退を発表した。その後は再びハワイに戻り、コーチ業等を務めている。米国第50番目の州・ハワイの出身であることを誇り、メジャーのキャリア中背番号は「50」で通した(2009年まで千葉ロッテマリーンズでプレイしたベニーも同様である)。また、メッツ時代の本拠シェイ・スタジアムでは、フェルナンデスが先発登板する試合前にはハワイアンソングが流れた。


獲得タイトル・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1983 LAD 2 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 33 6.0 7 0 7 0 1 9 0 0 4 4 6.00 2.33
1984 NYM 15 15 0 0 0 6 6 0 -- .500 371 90.0 74 8 34 3 0 62 1 4 40 35 3.50 1.20
1985 26 26 3 0 1 9 9 0 -- .500 685 170.1 108 14 80 3 2 180 3 2 56 53 2.80 1.10
1986 32 31 2 1 0 16 6 1 -- .727 855 204.1 161 13 91 1 2 200 6 0 82 80 3.52 1.23
1987 28 27 3 1 0 12 8 0 -- .600 665 156.0 130 16 67 8 8 134 2 0 75 66 3.81 1.26
1988 31 31 1 1 0 12 10 0 -- .545 751 187.0 127 15 70 1 6 189 4 9 69 63 3.03 1.05
1989 35 32 6 2 3 14 5 0 -- .737 883 219.1 157 21 75 3 6 198 1 3 73 69 2.83 1.06
1990 30 30 2 1 1 9 14 0 -- .391 735 179.1 130 18 67 4 5 181 1 0 79 69 3.46 1.10
1991 8 8 0 0 0 1 3 0 -- .250 177 44.0 36 4 9 0 0 31 0 0 18 14 2.86 1.02
1992 32 32 5 2 1 14 11 0 -- .560 865 214.2 162 12 67 4 4 193 0 0 67 65 2.73 1.07
1993 18 18 1 1 0 5 6 0 -- .455 469 119.2 82 17 36 0 3 81 2 0 42 39 2.93 0.99
1994 BAL 19 19 2 0 1 6 6 0 -- .500 494 115.1 109 27 46 2 2 95 1 0 66 66 5.15 1.34
1995 8 7 0 0 0 0 4 0 -- .000 137 28.0 36 9 17 2 0 31 0 0 26 23 7.39 1.89
PHI 11 11 0 0 0 6 1 0 -- .857 263 64.2 48 11 21 0 1 79 0 1 25 24 3.34 1.07
'95計 19 18 0 0 0 6 5 0 -- .545 400 92.2 84 20 38 2 1 110 0 1 51 47 4.56 1.32
1996 11 11 0 0 0 3 6 0 -- .333 264 63.0 50 5 26 2 1 77 1 0 25 24 3.43 1.21
1997 HOU 1 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 21 5.0 4 1 2 0 0 3 0 0 2 2 3.60 1.20
通算:15年 307 300 25 9 7 114 96 1 -- .543 7668 1866.2 1421 191 715 33 41 1743 22 19 749 696 3.36 1.14
  • 各年度の太字はリーグ最高


外部リンク[編集]