リー・マクフェイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リー・マクフェイルLeland Stanford MacPhail Jr., 1917年10月25日 - 2012年11月8日)は、アメリカメジャーリーグアメリカンリーグ第5代会長。1917年テネシー州ナッシュビル生まれ。1974年から1984年までアメリカンリーグ会長を務めるなど、球団、リーグ運営で様々な役職を歴任した。

来歴・人物[編集]

サワースモア大学卒業後、1941年にインターステートリーグの運営管理者となったのが彼の経歴の最初である。その後1948年から1958年までの間、ニューヨーク・ヤンキースの選手責任者を務めた。彼が役職にあった11年間の間、ヤンキースは計9度のリーグ制覇を納めている。

その後は1958年からボルチモア・オリオールズの代表とゼネラルマネージャーとなり、1965年には当時のリーグコミッショナーだったウィリアム・エッカートの主席補佐役も務める。1966年、オリオールズがワールドシリーズを制覇すると再びヤンキースの運営に復帰し、1973年までヤンキースの運営に携わっていた。

1973年に第5代のアメリカンリーグ会長に就任。リーグ会長としての在任期間は約10年だが、その間には1977年のリーグ球団拡張(トロント・ブルージェイズとシアトル・マリナーズが加盟)と、アメリカンリーグにおける指名打者制度の導入などを行っている。1983年からは、メジャーリーグ機構と選手組合との間の仲介役を務めていた。

1998年アメリカ野球殿堂入り。交響楽が趣味だったようで、リーグの全てのフランチャイズ都市でのコンサートに出席したという経歴も持っている。また彼の息子のアンディ・マクフェイルは、1980年代後半以降ミネソタ・ツインズのゼネラルマネージャーやシカゴ・カブスの球団代表などを歴任している。

2012年11月8日、フロリダ州デルレイ・ビーチの自宅で死去[1]。95歳没。

出典・外部リンク[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Lee MacPhail, Executive Who Led American League, Dies at 95 New York Times 2012年11月10日閲覧
先代:
ジョー・クローニン
アメリカンリーグ会長
第5代:1974年 - 1984年
次代:
ボビー・ブラウン