1969年のワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1969年のワールドシリーズ
チーム 勝数
ニューヨーク・メッツNL 4
ボルチモア・オリオールズAL 1
シリーズ情報
試合日程 10月11日 - 10月16日
MVP ドン・クレンデノン(NYM)
ALCS BAL 3-0 MIN
NLCS NYM 3-0 ATL
のちの殿堂表彰者 ノーラン・ライアン(MYM)
トム・シーバー(NYM)
アール・ウィーバー(BAL/監督)
ジム・パーマー(BAL)
ブルックス・ロビンソン(BAL)
フランク・ロビンソン(BAL)
チーム情報
ニューヨーク・メッツ(MYM)
監督 ギル・ホッジス
シーズン成績 100勝62敗
ボルチモア・オリオールズ(BAL)
監督 アール・ウィーバー
シーズン成績 109勝53敗
ワールドシリーズ
 < 1968 1970 > 

1969年のワールドシリーズは、1969年10月11日から10月16日まで行われたメジャーリーグワールドシリーズである。

概要[編集]

第66回ワールドシリーズ。この年より東西二地区制となり、各リーグの東西二地区の優勝チームによるリーグチャンピオンシップシリーズが5回戦制で行われリーグ優勝を決める方式となった。アメリカンリーグ西地区の覇者ミネソタ・ツインズを破り1966年以来3年ぶりの出場を果たしたボルチモア・オリオールズと、ナショナルリーグ西地区の覇者アトランタ・ブレーブスを破り初出場を果たしたニューヨーク・メッツとの対戦となった。結果は4勝1敗でニューヨーク・メッツが球団創設8年目にして初優勝。1962年の創設以来毎年下位に低迷し「お荷物球団」とまで言われたメッツがこの年予想外の快進撃を魅せ「ミラクル・メッツ」と称された。

MVPは打率.357、3本塁打、4打点の成績をあげたドン・クレンデノンが初選出。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1戦 10月11日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
メッツ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 1
オリオールズ 1 0 0 3 0 0 0 0 X 4 6 0
  1. : マイク・クェイヤー (1-0)  : トム・シーバー (0-1)  
  2. :  BAL – ドン・ビュフォード (1)
  3. 観客動員数: 50,429人 試合時間: 2時間23分

メッツ先発トム・シーバードン・ビュフォード本塁打を浴びる等打ち崩されオリオールズが先勝。

第2戦 10月12日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
メッツ 0 0 0 1 0 0 0 0 1 2 6 0
オリオールズ 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2 0
  1. : ジェリー・クーズマン (1-0)  : デーブ・マクナリー (0-1)  S: ロン・テイラー (1)  
  2. :  NYM – ドン・クレンデノン (1)
  3. 観客動員数: 50,850人 試合時間: 2時間20分

ジェリー・クーズマンが8回2/3を投げ2安打1失点の好投でメッツが競り勝ち。

第3戦 10月14日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オリオールズ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
メッツ 1 2 0 0 0 1 0 1 X 5 6 0
  1. : ゲーリー・ジェントリー (1-0)  : ジム・パーマー (0-1)  S: ノーラン・ライアン (1)  
  2. :  NYM – トミー・エイジー (1) エド・クレンプール (1)
  3. 観客動員数: 56,335人 試合時間: 2時間23分

1番中堅手で出場したトミー・エイジーが初回先頭打者本塁打、さらに2つのファインプレイを演じてメッツが2勝目。メッツは1973年にはウェイン・ギャレットが、1986年にはレニー・ダイクストラが、いずれもワールドシリーズ第3戦で初回先頭打者本塁打を放っている。

第4戦 10月15日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 R H E
オリオールズ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 1
メッツ 0 1 0 0 0 0 0 0 0 1 2 10 1
  1. : トム・シーバー (1-1)  : ディック・ホール (0-1)  
  2. :  NYM – ドン・クレンデノン (2)
  3. 観客動員数: 57,397人 試合時間: 2時間33分

ストライクボールかの判定に不満を持ったオリオールズの監督アール・ウィーバーが審判に抗議して退場処分。ワールドシリーズで監督の退場は34年ぶりであった。この試合の延長10回裏に、オリオールズの左翼手ビュフォードが太陽で打球を見失い(記録は安打)、続く打者J.C.マーチン送りバントを捕った投手が一塁に送球したところ、打者走者マーチンの腕に当たって悪送球となり、メッツがサヨナラ勝ちを収めた。ただし、この際マーチンはビデオリプレイで見る限り、3フィートラインを越えており、本来なら無条件でアウトとなるところであった。

第5戦 10月16日[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オリオールズ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 3 5 2
メッツ 0 0 0 0 0 2 1 2 X 5 7 0
  1. : ジェリー・クーズマン (2-0)  : エディ・ワット (0-1)  
  2. :  BAL – フランク・ロビンソン (1) デーブ・マクナリー (1)  NYM – ドン・クレンデノン (3) アル・ウェイス (1)
  3. 観客動員数: 57,397人 試合時間: 2時間14分

序盤に3点のリードを許すが、MVPに選ばれたクレデノンの本塁打等で逆転し、クーズマンが完投勝利を収め、本拠地シェイ・スタジアムを埋めた大観衆の前で、「ミラクル・メッツ」がワールドチャンピオンに輝いた。シリーズの最後の打者となったデーブ・ジョンソンは、後年メッツの監督となり、1986年のワールドシリーズでメッツを2度目のワールドチャンピオンに導いている。

参考文献[編集]