ジョン・リンゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・フリート・リンゼイ

ジョン・フリート・リンゼイ(John Vliet Lindsay, John V Lindsay, 1921年11月24日 - 2000年12月19日)は、元アメリカ合衆国下院議員1959年から1965年まで)で、元ニューヨーク市長(1966年から1973年まで)。

リベラル派共和党員で、アングロサクソン系プロテスタント、いわゆる上流階級の弁護士。労働者階級や少数民族を統治すべく注力した。

市長としては頻繁に議論の的となる人物で、1960年代のニューヨーク市において大規模な暴動を起こさせず乗り切ったと評価される一方、リンゼイの政策は1970年代後期の財政危機を招いた大きな責任があると言われる。ちなみに南ブルックリンの暴動事件の際に白人、黒人の仲裁に使ったのがギャングジョーイ・ギャロとされその点を非難されると、「ボーイスカウトのリーダー(正義感の代名詞)でもできないことはあるだろうし、結果がいいならいいじゃないか」と開き直ったとされる。

なお、世界で初めて歩行者天国五番街の一部)を始めた人物でもある。

外部リンク[編集]


先代:
ロバート・F・ワグナーJr
ニューヨーク市長
1966 - 1973
次代:
エイブラハム・ビーム