ジョーイ・ギャロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジョゼフ・"ジョーイ"・ギャロ(Joseph "Joey" Gallo, 1929年4月7日 - 1972年4月7日)は、ニューヨークの5大ファミリーの一つプロファチ一家のメンバーで殺し屋。別名クレージー・ジョー(Crazy Joe)。三兄弟の次男。

ボブ・ディランが1976年に発表したアルバム『欲望』に収録された「Joey」(ライナー表記は「ジョーイー」)のモデルとして知られる。

人物[編集]

ブルックリンを縄張りとして、ハーレムなどの黒人の縄張りまで進出。ナンバーズ賭博や麻薬売春で稼ぎまくりプロファチに上納金を渡さずに傘下に多数の兵隊を抱えてバズーカ爆弾で武装化する半独立ファミリーを形成。1957年に発生した有名なアルバート・アナスタシア暗殺事件の実行部隊はギャロ一派だったとされる。ニューヨーク市長のジョン・リンゼイに頼まれニューヨーク大暴動では白人と黒人の右翼団体の仲裁にも乗り出している。この際にギャロ兄弟は「僕達は正義と平和を守るために表面には出ないで力を尽くした」と公言している。

ロバート・ケネディの『内部の敵』は、1957年に組織犯罪の調査で上の兄貴と参考人として呼ばれたギャロを「最も異常な証人」だったと断じている。ケネディは「殺し屋の王様」と呼ばれたこの証人は「黒シャツ、黒ズボン、黒のコート、首の後ろにたれた長い巻毛」の外貌であり、委員会の質問には「コップ二杯の水を振りまいたり、灰皿を机からたたき落としたり」の演技を見せたが、全て憲法「修正第5条」を持ち出して証言を拒否したと書いている。質疑の最後に「公平に扱った君が気に入ったから、兄貴のジョン・F・ケネディの大統領選挙を応援しよう」と冗談を言ったギャロに対して「(もし好意があるのなら)相手方の応援をして欲しい」とケネディが切り返すと笑って出て行ったとされる。

1959年頃には所属するプロファチ一家と内部抗争を起こす。元々、南ブルックリンのギャロ一族は独立系の文字通り一族で勢力を保ってきたが、ラッキー・ルチアーノらの協定によりジョゼフ・プロファチの傘下とさせられた経緯がある。当時マフィア・コミッション内でプロファチと対立する立場にあったボスのトーマス・ルッケーゼカルロ・ガンビーノの後盾(黙認)を得て行動に移している。

一時は圧倒的に押して敵の首脳部をニューヨークから追放したギャロ一家だが、共に行動していたカーマイン・パーシコ英語版らのグループがプロファチ側に寝返ったこと、同じプロファチ一門のジョゼフ・コロンボの仲裁もあり和解している。シチリア戦争で官憲から逃れアメリカに亡命した本物の殺し屋たちを抱えていたボナンノ一家もギャロに圧力を加えたとされるが、ギャロ本人はのんびりした様子だったと伝えられる。

戦争が終わると警察により殺人罪で逮捕されるが矢張り有罪とはならず、脱税と暴行容疑で起訴され刑務所へ送られる。この服役中の暇つぶしに読書を始めて、死ぬまで読書家であった。ハリウッドの脚本家に「ヘンリー・ミラーの作品をどう思う?」と質問しているようにアメリカ文学が好みだったようである。刑務所では「無敵の男」とも「アンタッチャブル」とも呼ばれた黒人ギャングで麻薬シンジケートの大物であるリロイ・バーンズ英語版と深い交際を結ぶ。

1971年2月にアッティカ刑務所を出所。彼の不在中にギャロ一家は衰退していたが再び活動を活発化させ黒人ギャングや暴走族のヘルズ・エンジェルスとも提携し、プロファチの衣鉢を継いだコロンボと再び抗争。イタリア人権利向上運動にのめりこんだコロンボのことを快く思っていなかったガンビーノの支援を受けていたとされる。コロンボはまもなくコロンブスサークルでの集会最中に黒人ガンマンによって狙撃され、植物人間となって引退する(7年後に死亡)が、この暗殺未遂事件は一般にはギャロの手引きとされる。ギャロ自身もこの抗争により1972年4月7日リトル・イタリーの有名なカニのレストラン"Umberto's Clam House"で誕生日を祝っていたところ背後から射たれ、路上へ出たところで絶命した[1]

少なくとも40人は自分の手で殺し、それ以外にも数十件の未解決殺人事件に関与しているとされるが殺人では有罪になった事はない。子供好きだったとされる。仲間内からは殺されて当然の男だったという評価があるが、後に至るも様々な映画のキャラクターでモデルになっている。世界暗黒史に残るアッティカ刑務所での暴動の起こる少し前に出所しているが、彼の伝記映画である『Crazy Joe』ではこれを鎮圧したことになっている。

脚注[編集]

  1. ^ http://gangstersinc.tripod.com/AmericanMurderScenes/CrazyJoey.html

外部リンク[編集]