トーマス・ルッケーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガエターノ・ルッケーゼ
生誕 1899年12月1日
イタリア王国の旗 イタリア王国シチリア州パレルモ
死没 1967年7月13日(67歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
職業 マフィア
テンプレートを表示

トーマス・ルッケーゼ(Thomas "Tommy" Lucchese, 1899年12月1日 - 1967年7月13日)は、アメリカのイタリア系犯罪組織コーサ・ノストラのニューヨークの5大ファミリーの一つルッケーゼ一家のボス。本名はガエターノ・ルッケーゼ(Gaetano Lucchese)。

あだ名をトミー・"スリー・フィンガー"・ブラウン(Tommy "Three Finger" Brown)と言うが、これは1915年に事故により右手の親指と人差し指を失い、三本指となったことからきている。ただし、ルッケーゼのいるところでこのあだ名をいう勇気のある者はいなかったようである。彼は空港の従業員の組合を牛耳っていた。

シチリア島パレルモの出身で、1900年代初頭にアメリカに移住する。カステランマレーゼ戦争の頃はガエタノ・レイナの部下であったが、1930年にレイナがジョー・マッセリアの配下の者に殺害されたため、仲間のガエタノ・ガリアーノらと共にマッセリアと対立するサルヴァトーレ・マランツァーノの勢力に加わった。マッセリアの死後、ルッケーゼは再編された5大ファミリーの一つガリアーノ一家の副ボスとなった。その後のラッキー・ルチアーノによるマランツァーノ殺害については主要な役割を担ったという説がある。

1951年のガリアーノの死後、ルッケーゼはボスの座を引き継いだ。当時ニューヨーク・マフィアではルチアーノ一家の実質ボスのフランク・コステロが最大の実力者であったが、ルッケーゼは一家の内でボスの座を狙うヴィト・ジェノヴェーゼと組んでコステロの追い落としに成功し、更にコステロの同盟者であるアナスタシア一家のアルバート・アナスタシアを暗殺して後釜に姻戚関係にあるカルロ・ガンビーノを据えることに成功した。

その後ジェノヴェーゼは麻薬取引の罪で収監され、残る二つのファミリーについても、プロファチ一家のボスには傀儡であるジョゼフ・コロンボを据え、ボナンノ一家のボスのジョゼフ・ボナンノは実質引退に追い込み、ガンビーノと並んでその力は絶対的なものとなった。レイナの死後はニュージャージー州北部を仕切るThe Jersey Crewのボスともなった。

ルッケーゼは政界へのコネクションではフランク・コステロに匹敵し、またボスとしては部下に対して公正であり、人望のあるボスであった。生涯一度も逮捕されないまま1967年に手術不能の脳腫瘍で死亡し、葬儀には警察関係者、裁判官、政治家ほか、彼の配下など1000人以上が参列した。彼の墓石には、"Thomas Luckese"と刻まれた。

ルッケーゼは死に当たってアンソニー・コラーロを後継者に指名していたが、当時彼は獄中にいたためにコミッションにより代理としてカポレジームのカーマイン・トラムンティがボスに任命された(コラーロは1974年の出所に伴い正式にボスとなる)。

外部リンク[編集]