フランク・コステロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランク・コステロ
Frank Costello
キーファーヴァー委員会でのコステロ
生誕 Francesco Castiglia
フランチェスコ・カスティーリャ
1891年1月26日
イタリア王国の旗 イタリア王国カラブリア州ラウロポリ
死没 1973年2月18日(満82歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン島
死因 心臓発作
国籍 イタリア王国の旗 イタリア王国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
罪名 武器の密輸、議会侮辱、脱税、所得税法違反
有罪判決 有罪
刑罰 禁固
職業 コーサ・ノストラ幹部
両親 父:ドン・ルイージ・カスティーリャ
母マリア:カスティーリャ

フランク・コステロ英語: Frank Costello, 1891年1月26日 - 1973年2月18日)は、イタリア出身のギャングコーサ・ノストラ幹部。本名はフランチェスコ・カスティーリャ(イタリア語: Francesco Castiglia)。冷静沈着な性格で、あまり暴力を好まず政治力を駆使するタイプのギャングだったため「暗黒街の首相」というニックネームが付けられた。1930年代後半から1950年代中頃までマフィア最高幹部会コミッションの議長。FBIジョン・エドガー・フーヴァー長官やジョセフ・P・ケネディと付き合いがあった。

生涯[編集]

カラブリア州カッサーノ・アッロ・イオーニオ郊外のラウロポリ出身。貧農の父ドン・ルイージ、母マリアの6番目の子として生まれた。1895年10月4日に母親やその姉妹とともにアメリカに移住し、ニューヨークのイースト・ハーレムに住む。公立学校に通うが、13歳のときにはやめていた。

その後、父の勧めでピアノ工場で働くが、12時間の厳しい労働の上、給料も安かったため、1年ほどでやめる。その頃知り合ったウィリー・モレッティら不良仲間と共に、ギャングスターになっていく、最初は窃盗、強盗、自販機荒らしなどで小遣いを稼いだ。この頃からアイルランド風のフランク・コステロと名乗るようになった。18歳頃、10歳上の兄エドワードとゴーファーズというギャングに入る。そこで、オウニー・マドゥンと知り合いになる。

1914年9月23日に知人の妹のロレックというドイツ系ユダヤ人と結婚する。結婚許可証を申請する際に前述の「フランク・コステロ」という名を使い、それ以来それが彼の通り名となった。

犯歴を積み重ね、1915年には武器密輸で11ヵ月間服役した。出所後、ラッキー・ルチアーノと知り合い、彼のコーザ・ノストラ掌握に協力した。ルチアーノ一家のアンダーボスとして活躍したコステロは違法スロットマシンで財を蓄え、政治家、裁判官、警察を買収した。

この頃よりFBIのジョン・エドガー・フーヴァー長官との付き合いが始まり、コステロとフーヴァーは2人とも競馬好きで一緒にレース見物に行った事もあるという。コステロはそういう時フーヴァーの10ドル、20ドルというケチな賭けのため、インチキレースを仕組んだりしたという。また、1920年代禁酒法時代に違法酒造ビジネスを通じてつき合いがあったジョセフ・P・ケネディのことを「ジョゼフが金持ちになる手助けをしたのは俺だ」と豪語していた。

コステロは麻薬ビジネスには乗り気がしなかった。ファミリー全体に麻薬を禁止していた。ギャンブルや闇酒と違い麻薬の場合は、大衆やマスコミも容赦しないし、それに当局の取り締まりも厳しかった。さらに部下の身内にも麻薬によって廃人同然になった者もいた。

コステロは1929年のアトランティックシティ会議ととき、アル・カポネの反対を押し切ってスロットマシン事業のルイジアナ進出をすることを決定させたという。そのときルイジアナ州進出のため、ルイジアナのボスのサム・カローラと取引をした。このアトランティック・シティのプレジデント・ホテルで行われた会合を招集したのはコステロだという。

スロットマシンやカジノなど自分の事業の重点に力を入れていたため、ファミリーの構成員に対し、さほど強い締め付けはしなかった。そのため、部下は自由に自分のビジネスをし、ファミリー全体が潤っていた。スロットマシンでは1年間で1800万ドルを稼ぎ出した。しかし、フィオレロ・ラガーディアがニューヨーク市長になると、スロットマシンは州に処分されて大きな打撃を受ける。その後、スロットマシンのビジネスをルイジアナ州前知事のヒューイ・ピアース・ロングの誘いもあり、ニューオリンズに移し、そこを拠点にする。そこでもスロットマシンビジネスは繁栄し、マフィア内でコステロの影響力は絶大なものになった。

ベンジャミン・シーゲルのフラミンゴの話に理解を示す。その理由は、コステロは東海岸のあちこちで法の目をかいくぐりながら、違法スロットマシンのビジネスをしていた。それがネバダ州では合法だから。しかしその後、建設費が当初の予算を大きく超えると、バグジー・シーゲルのフラミンゴの建設費横領を疑いだす。シーゲルはそのことで耳を傾けなかったという。その後、フラミンゴで利益が出るとコステロはラスベガスでトロピカーナ・ホテルを所有する。

1936年にルチアーノが売春容疑で逮捕されると、ヴィト・ジェノヴェーゼとの間に後継者争いが生じた。一時、当局の摘発を恐れたジェノヴェーゼがイタリアに逃れるとルチアーノ一家を支配するようになった。

ルチアーノが第二次世界大戦後の1946年にイタリアに移送されると、代わってジェノヴェーゼがアメリカに戻ってきて後継者争いが再燃した。このころ、コステロはキーファーヴァー委員会に召還され、組織犯罪の追及を受けて服役を繰り返した。ジェノヴェーゼは一家内でのコステロの強力な支持者であるウィリー・モレッティを、梅毒の後遺症による精神障害を理由に1951年10月4日に粛清させることに成功したが、コステロは盟友のアルバート・アナスタシアをマンガーノ一家のボスに据えてジェノヴェーゼに対抗した。

「暗黒街の首相」と呼ばれ、一時は絶大な権力を握っていたが、1951年3月、組織犯罪に対するキーファーヴァー委員会の公聴会に召喚される。そこで核心についての質問では、「記憶がない」を連発するなど失態を重ね、国税局からも資産について問われると、明らかにすることを拒否した。そのため、1952年8月22日に議会侮辱罪によって禁固8ヶ月、脱税によって禁固5年の判決を受け刑務所に入る。1年半で出所するが、この間にジェノヴェーゼにトップの座を奪われる。コステロはアルバート・アナスタシアをボスにするなど、味方陣営を強化することでジェノヴェーゼを牽制(けんせい)した。

さらに1954年4月に今度は、所得税法違反に問われ、さらに国外追放処分にもなりそうになった。コステロは控訴し戦う姿勢を見せるが、1956年5月14日に有罪になり、アトランタ刑務所に入る。出所後もジェノヴェーゼに引退した身だと言われ、半強制的に引退させられてしまう。そして、ラスベガスにおいても権力の破棄を要求されるが、これを拒絶する。

両者の対立が頂点に達した1952年5月2日にホテルの入り口に近づいたときにジェノヴェーゼの指示を受けた殺し屋ヴィンセント・ジガンテに襲撃を受けた。ジガンテが放った銃弾はかすり傷で済み暗殺は失敗に終わり命は助かるが、負傷しルーズヴェルト病院に運ばれる。その時、ポケットの中に入っていたメモが見つかるという失態をしてしまう。メモの内容は、コステロがオーナーを務めるトロピカーナの売上額だった。警察はそれを調べてトロピカーナ・ホテルの売り上げと符合したことと、暗殺未遂のときの犯人をジェノヴェーゼの部下のビンセント・ジガンテだと知りながらそれを明らかにしなかったことで、再び侮辱罪に問われた。一般に暗殺未遂があったとしても組織以外の人間は犯人を知っていても話してはいけないという暗黒街の規則(オメルタ)がありコステロはそれを守ったのである。

その後、コステロはジェノヴェーゼにルチアーノ一家を譲り渡して犯罪組織から引退した。その後、同年10月25日にアナスタシアは暗殺されたが、これはアナスタシアのアンダーボスだったカルロ・ガンビーノにジェノヴェーゼが手を回した結果だといわれる。

復讐の機会を虎視眈々と狙っていたコステロは、計略を巡らせて、ジェノヴェーゼが公聴会に召喚されている間に再び活動を始めた。アパラチン会議のときにコステロがジェノヴェーゼに復讐するために警察に情報を流したという説もある。そのため、自分と親しいサム・ジアンカーナマイヤー・ランスキーたちには事前に会議に向かわせないように言っていたという。

1959年にジェノヴェーゼが麻薬取締法違反で捕まったとき、ジェノヴェーゼから刺客を送られたルチアーノ、上の地位を狙っていたガンビーノたちとネルソン・カルテロップスという麻薬売人に10万ドルを渡し、証人に仕立て、有罪を決定付ける証言をさせ、投獄することに成功。

その後も、コステロは静かな余生を送るかにみえたが、ジガンテ、カーマイン・ギャランテらが麻薬密売のかどで逮捕されたのは、コステロが復讐のためにルチアーノ、ランスキー、ガンビーノらと手を組んだものと言われている。

その後は引退したドンとして優雅な余生を送った。晩年になっても、マンハッタンの高級ホテルウォルドルフ=アストリアに住んでいたコステロの元にはガンビーノら大物幹部がアドヴァイスを請いに訪れていた。1973年、コステロは心臓発作を起こして運び込まれたマンハッタン島の病院で死亡した。彼が死亡したときニューヨーク・タイムズは1ページを使い報じた。

映画『ゴッドファーザー』でマーロン・ブランドが演じたドン・ヴィト・コルレオーネのしゃがれ声は、コステロのものを真似したものと言われている。

関連項目[編集]