ステファノ・マガディーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファノ・マガディーノ
生誕 1891年10月10日
イタリア王国の旗 イタリア王国シチリア州カステッランマーレ・デル・ゴルフォ
死没 1974年7月19日(82歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業 マフィア

ステファノ・マガディーノStefano Magaddino1891年10月10日 - 1974年7月19日)は、マフィアのボス。ニューヨーク州バッファローのファミリーのボスで、コミッション・メンバーの一人。ジョゼフ・ボナンノの従兄弟。

シチリアカステッランマーレ・デル・ゴルフォの出身で、1921年にアメリカへ移住する。

あるとき息子が、風紀紊乱で逮捕された。マガディーノはバッファローのファミリーの力を使いそれを抑えようとしたが抑えられず、ジョゼフ・ボナンノが最終的に告発を取り下げさせた。マガディーノは彼の助力に感謝する一方で頼まなくてはならなかったことを屈辱に思った。

マガディーノ自身は麻薬ビジネスに手を出さなかったが、彼のファミリーのメンバーは麻薬密輸に関わっていた。彼はそれを知っていたし、それで儲けていた。原則に則って反対していたが、実際はやめられないとわかっている者から儲けを受け取っていた。ある時点から彼はそのほうに足並みを揃えるようになった。その頃に、トーマス・ルッケーゼカルロ・ガンビーノらアメリカンナイズされたボスたちと盟友になったと思われる。その後、従兄弟のジョゼフ・ボナンノとは対立する。

マガディーノはジョゼフ・ヴァラキの証言の後、激怒しヴァラキ殺害にマフィアが合意したと言っていたことが、FBIの盗聴作戦で明らかになった。

ピーターとステファノのマガディーノ兄弟はケネディ兄弟がマフィアと対決したとき、ケネディの一家全員、親父とおふくろも殺すべきだと言っていたという。

1964年にジョゼフ・ボナンノを誘拐して主導権争いで話し合いをし、結局ボナンノは引退を余儀なくされた。

1974年、マガディーノは拠点を置いていたニューヨーク州ナイアガラ・フォールズ近郊で心臓発作のため死去し、付近の墓地へ埋葬された。