ジョー・アドニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・アドニス

ジョー・アドニスJoe Adonis, 1902年11月22日 - 1972年11月26日)は、イタリアおよびアメリカの犯罪組織コーサ・ノストラの幹部。

プロフィール[編集]

本名はジュゼッペ・アントニオ・ドート(Giuseppe Antonio Doto)で、ナポリの近くのモンテマラーノで生まれた。幼いころからスリなどの犯罪に手を染め、1915年、アメリカに不法入国しブルックリンに定住した。フランキー・イェールの用心棒をやる傍ら、アンソニー・カルファノラッキー・ルチアーノと知り合いジョー・アドニスと名乗るようになる。

恐喝や売春で金儲けをし、ルチアーノとの縁でジョー・マッセリアの組織構成員になったが、マッセリアがライバルのサルヴァトーレ・マランツァーノと抗争に入ると、ルチアーノに同調して密かにマランツァーノに寝返り、1931年4月15日コニーアイランドベンジャミン・シーゲルヴィト・ジェノヴェーゼアルバート・アナスタシアらとマッセリアを暗殺した。

その後、ルチアーノがマランツァーノをも暗殺してコーサ・ノストラの頂点に立つと、1932年からルチアーノ一家の幹部としてブルックリンの縄張りを任された。またマーダーインクの創設に関わりその幹部となった。1936年売春容疑でルチアーノが逮捕され収監されると、ルチアーノの指示を受けながらその代役を務めた。1940年代半ばにフランク・コステロがルチアーノの跡を継ぎ一家のボスになった後も幹部の地位を保ち、コステロからの信頼は厚かった。

アルコール密売、ギャンブル、麻薬、組合・企業ゆすりから政界工作まであらゆる犯罪稼業に手を染め、特にカーディーラー会社を通じたフォード社との利権協定で悪名高かった。1944年テリトリーをニュージャージに移し、ウィリー・モレッティらと利権を分かち合った。パイピングロックという賭博場のオーナーの一人。フロリダ州ルイジアナ州カリフォルニア州などでもカジノを経営していた。競馬場、私設馬券場、競馬通信社を乗っ取り、掛け率をコントロールして莫大な利益を得ていた。

1953年キーフォーヴァー委員会に召還されて不法入国者として追及され、1956年1月、イタリアに追放された(正確には国外追放宣告を受ける前に自ら出国)。イタリアに戻ってから、先に追放されていたルチアーノの定住先であるナポリで悠々自適の生活を送ったが、二人のボスが会うことはなかった。ルチアーノはアドニスがアメリカの組織運営をジェノヴェーゼに託してきたことが気に入らなかった。

1960年代初頭、ニューヨークマフィアの有志によりアドニスのアメリカ再入国のための政治工作が行われ、一旦政府に認められかけたが、司法長官ロバート・ケネディに阻まれ、実現しなかった。

1972年11月26日、アドニスはローマ警察からの尋問中に心筋梗塞を起こして死亡した。葬儀は近親者のみによって静かに催され、遺体はニュージャージー州フォートリーマドンナ墓地に葬られた。

エピソード[編集]

部下の面倒見が良く、仲間内から尊敬の念を持ってジョー・Aと呼ばれていた。また身だしなみに気を遣い伊達男を気取った。

関連項目[編集]