ジョー・アドニス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・アドニス

ジョー・アドニスJoe Adonis, 1902年11月22日 - 1972年11月26日)は、イタリアおよびアメリカの犯罪組織コーサ・ノストラの幹部。

プロフィール[編集]

本名はジュゼッペ・アントニオ・ドート(Giuseppe Antonio Doto)で、ナポリの近くのモンテマラーノで生まれた。幼いころからスリなどの犯罪に手を染め、1915年、アメリカに不法入国しブルックリンに定住した。そこでラッキー・ルチアーノと知り合いジョー・アドニスと名乗るようになる。アドニスは部下の面倒見も良く、仲間内から尊敬の念を持ってジョー・Aと呼ばれていた。

強姦罪で検挙されたりしたが、恐喝や売春で金儲けをし身だしなみに気を遣い伊達男を気取った。ルチアーノとの縁でジョー・マッセリアの組織構成員になったが、マッセリアがライバルのサルヴァトーレ・マランツァーノと抗争に入ると、ルチアーノに同調して密かにマランツァーノに寝返り、1931年4月15日コニーアイランドでマッセリアを襲って暗殺した。このときの仲間はベンジャミン・シーゲルヴィト・ジェノヴェーゼアルバート・アナスタシアであったと言われる。

その後、ルチアーノがマランツァーノをも暗殺してコーサ・ノストラの最高幹部に就任すると、1932年からブルックリンの縄張りを任された。1936年から始まった連邦政府による組織犯罪摘発でルチアーノが逮捕されイタリアに追放されると、ルチアーノの指示を受けながらその代役を務めた。

パイピングロックという賭博場のオーナーの一人。フロリダ州ルイジアナ州カリフォルニア州などでもカジノを経営していた。競馬場、私設馬券場、競馬通信社を乗っ取り、掛け率をコントロールして莫大な利益を得ていた。

1953年にアドニスはキーファーヴァー委員会に召還されて不法入国者として追及され、その年の8月、イタリアに追放された。イタリアに戻ってから、先に追放されていたルチアーノの定住先であるナポリで悠々自適の生活を送ったが、二人のボスが会うことはなかった。ルチアーノはアドニスがアメリカの組織運営をジェノヴェーゼに託してきたことが気に入らなかった。

1972年11月26日、アドニスはローマ警察からの尋問中に心筋梗塞を起こして死亡した。葬儀は近親者のみによって静かに催され、遺体はニュージャージー州フォートリーマドンナ墓地に葬られた。

関連項目[編集]