アルバート・アナスタシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバート・アナスタシア
Albert Anastasia
生誕 Umberto Anastasio
ウンベルト・アナスタージオ
1902年2月26日
イタリア王国の旗 イタリア王国カラブリア州トロペーア
死没 1957年10月25日(満55歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
死因 射殺
国籍 イタリア王国の旗 イタリア王国アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
罪名 殺人
有罪判決 無罪
職業 マフィア
両親 父:ラファエロ・アナスタージオ
母:ルイザ・ノミナ・デ・フィリッピ

アルバート・アナスタシア (英語: Albert Anastasia, 1902年2月26日 - 1957年10月25日) はアメリカのイタリア系犯罪組織マフィア(コーサ・ノストラ)のマーダー・インクとして知られる処刑委員会委員長。本名はウンベルト・アナスタージオ (イタリア語: Umberto Anastasio) 。

ラッキー・ルチアーノフランク・コステロヴィト・ジェノヴェーゼジョー・アドニスらと共にニューヨーク・マフィアの黄金時代を築いた。

背が高く運動選手のような身体をしていて肩幅も広かったが、太っていたわけではなく、かつて軍で体育の教官をしており、本人もそれを自慢にしていた。仕事上では荒っぽく気が短かったが、家族や親しい知人のなかでは優しく、心配りするという二面性を持ち合わせた人物でもあった。

生涯[編集]

カラブリア州トロペーアに9人兄弟の一人として生まれた(弟のアンソニーは後にジェノヴェーゼ・ファミリーに入ることになる)。1919年にアメリカ合衆国に密入国してニューヨークへ渡った。10代で殺人を犯しており、殺人を重ねて波止場を支配するギャングの大物に上り詰めた。組合の名を借りて港の労働者と経営者の双方から金をしぼりとった。当時、彼を監督していたのはルイス・"レプケ"・バカルターだった。

1920年にジョー・トリノという労働者を殺したことで死刑を宣告されるが、2年後の再審では証人が証言を翻したり姿を消したりして、無罪になった。1921年から1954年の間に少なくとも10回の逮捕歴があり、そのうち5回が殺人容疑だった。しかし、どれも部下を使って証人を消し、無罪を勝ち取ってきた。

1935年ダッチ・シュルツトーマス・デューイを殺害しようと計画を立てたときに下調べをした。結局、取締りの強化を恐れたコミッションの指示により、同年10月23日にシュルツはマーダー・インクの刺客に殺害された。

アナスタシアはギャングたちの中でも凶暴さと残忍さで際立っており自分自身に関わる問題のほとんどを殺人で済ませていた。特に自らの素手で殴り殺すのが好きだったといわれている。暗黒街の検察官・裁判長を兼ね、マーダー・インク、いわゆる「殺人株式会社」の死刑執行人と恐れられ、判決が下ると殺し屋を派遣して対象者を処刑させた。殺害する前に拷問を加える残忍な処刑方法は、犯罪組織に鉄の団結と沈黙の掟を守らせることに効果があった。その後、マーダー・インクはヒットマンの一人エイブ・"キッド・ツイスト"・レルズの供述によりリーダーのルイス・バカルターら多数のメンバーが逮捕・処刑されて壊滅した。

5大ファミリーの一つマンガーノ・ファミリーの副ボスであったが、後に当時ニューヨーク・マフィアの最大の実力者であったフランク・コステロの了解の下、1951年にボスのヴィンセント・マンガーノを殺して自らがボスになった。そのときに、他のファミリーのリーダーたちはそれを認めなかったが、ジョゼフ・ボナンノが原則として他のファミリーの内輪の出来事は彼らだけの問題と説き伏せた。そのためか息子のビル・ボナンノに対して、アナスタシアは親切心から、マフィアの世界に入るときに自分のファミリーに入れてもかまわないと言った。しかしジョゼフが丁重に断って、ビルはボナンノ・ファミリーに入った。

ヴィト・ジェノヴェーゼヴィンセント・ジガンテを使いコステロを暗殺未遂したとき、ジョゼフ・プロファチとジョゼフ・ボナンノを訪れてジェノヴェーゼを組織から排除したいと告げていた。

暗殺[編集]

1957年10月25日、アナスタシアはニューヨークに当時あったパーク・シェラトン・ホテル(現在のパーク・セントラル・ホテル)の理髪店に立ち寄ったが、散髪中のところを覆面をした2人組の男によって銃殺された。独裁者的な行動が目立ち始めたためだといわれる。ひとつ言われている有名な話としては、1953年に彼が自宅でニュースを見ていると、アーノルド・シュースタというセールスマンが強盗を警察に通報したということで賞賛されている場面があり、それを見たアナスタシアは「I can't stand squealers!」(俺はタレコミ屋どもが大嫌いなんだ!)と叫んだ後、部下を使いそのテレビに出ていた男を殺害したという点が挙げられる。特に何もしていない善良な一般市民が殺害されたという話はすぐに町を駆け巡り、怒りに燃えた市民からマフィアをもっと厳しく取り締まってくれという問い合わせが多数あったといわれている。それは他のメンバーからしてみれば非常に厄介な事柄であるし、そもそも暗黒街でも暗殺命令を出すにあたっては他者が納得する理由があり、気まぐれ的に人を殺害してはならないという鉄則があり、アナスタシアの行動はれっきとしたルール違反であった。彼が自身の握っていた絶大な権力を失っていくのはちょうどこのあたりからだといわれている。

この殺害はアナスタシアと対抗してニューヨーク・マフィアの覇権を目指していたヴィト・ジェノヴェーゼの支持の下、アナスタシアの配下であったカルロ・ガンビーノがプロファチ・ファミリーのボスジョゼフ・プロファチに殺害を依頼し、実行犯はプロファチの部下のジョーイ・ギャロだったという説が一般的であるが、実行犯はガンビーノの部下のジョー・ビオンドで、アナスタシアの後にガンビーノがボスに昇格した際にビオンドが副ボスに昇進したのはその功績という説もあるし、フロリダサント・トラフィカンテが暗殺を手配したという説もあり、真相は定かではない。

この暗殺事件はその場所と、散髪中に顔を蒸しタオルで覆っているところを殺害されたという劇的さでマフィア史上最も有名なものであり、後に映画『ゴッドファーザー』でラスベガスのギャングのモー・グリーン(ただし、グリーンの基本的なモデルはベンジャミン・シーゲル)が殺害された場面はこの暗殺事件をモチーフにしていると言われる。

外部リンク[編集]