ベンジャミン・シーゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベンジャミン・シーゲル
Benjamin Siegel
ベンジャミン・シーゲル(1928年)
生誕 1906年2月28日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークブルックリン区
死没 1947年6月20日(満41歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ビバリーヒルズ
死因 暗殺
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
別名 Bugsy Siegel
バグジー・シーゲル
職業 ギャングスター
配偶者 エスタ・クラカウワー
両親 父:マックス・シーゲル
母:ジェニー・リーヘンタール

ベンジャミン・シーゲル英語: Benjamin Siegel1906年2月28日 - 1947年6月20日)はアメリカ合衆国ギャング。賭博の街ラスベガスの成立にも関わった。渾名はバグジー (Bugsy)。性格は荒っぽく気分屋だったが、社交的で女好きだったという。手入れを欠かさない美髪に映画スター並の甘いマスク、当時としては破格の200ドルもするスーツとハンドメイドでシルクのシャツにジム通いで鍛え上げた180センチを超す長身を包んでいた。指にもマニキュアを施すなど装いには手間を惜しまなかった。ナイトクラブやレストランではウェイターらに気前よくチップをはずんだという。

生涯[編集]

ニューヨークブルックリンで、ウクライナ出身のユダヤ系の貧しい両親の間に生まれる。両親は彼が生まれる数年前にキエフからアメリカへ移民してきた。貧困家庭で育ったものの、家族には裏社会と関わりのある人間はおらず兄は医者の道に進んだが、シーゲルははやくも少年時代からストリート・ギャングとなり、マンハッタンロウアー・イースト・サイド地区のラファイエット通りを中心として窃盗などの犯罪を働き、露天商から上納金を取り立てていた。

この頃、ヘルズ・キッチン地区のアパートベランダから下を歩く警邏中の警察官に水を入れた袋やレンガを投げつけていた。バグジーの渾名はここからきたと言われている。バグジーとはばい菌、害虫、狂人という意味の蔑称で、彼はよほど親しい人間でない限り、自分がそう呼ばれることを許さなかった。

シーゲルは人生で1度だけ正業についたことがある。それはタクシー運転手だった。当時のタクシー利用客はもっぱら富裕層だったため、客を外出先に送り届けた後で客の自宅へ空き巣に入ったという。

1920年頃、マイヤー・ランスキーと知り合って親友になった。シーゲルはランスキーを助ける一方、彼が派遣するヒットマンともなった。さらにニューヨークの大物ギャングスターだったアーノルド・ロススタインの援助を受け、ランスキーたちと密売を始め、フランク・コステロヴィト・ジェノヴェーゼジョー・アドニスたちと盟友になった。当時のシーゲルは、ナルシストプレイボーイのアドニスが憧れの存在だったという。

こうしてシーゲルは裏社会での地位を確立し、瞬く間にラッキー・ルチアーノと同じウォルドルフ=アストリアの住人になっていた。

1927年に幼友達のギャングスター、ホワイティ・クラカウワー(1941年殺害)の妹だったエスタ・クラカウワーと結婚した。1930年32年に女の子が生まれる。結婚を機にニューヨーク北部のスカースデールに豪邸を購入したが、ウォルドルフから本拠を動かそうとはしなかった。スカースデールの近所の人たちはシーゲルのことを出張の多い会社重役と思い、ギャングスターとは思ってもいなかったという。

その後、マーダー・インク(殺人株式会社)結成に関与した。1935年にはダッチ・シュルツとも同盟を結び、彼のライバルだった闇金融業者ルイスジョセフのアンバーグ兄弟を殺害。

しかし彼が裏社会で活躍するにつれ警察の追跡は厳しくなり、また個人的にシーゲルを付け狙う人物も出現した。このため1937年にシーゲルは犯罪組織から西海岸での組織拡大も兼ねてカリフォルニア州に送られた。当地のギャングのボスのジャック・ドラグナには組織をまとめる力量がなかったし、シーゲルたちニューヨークの者からすれば、小物のローカル・ギャングだった。西海岸に到着すると彼はハリウッドに目を付ける。手練手管でエキストラ組合に強引に入り込み、支配権を手に入れるや、撮影を中止に追い込むと恐喝を繰り返し大物スターから1人1万ドルも脅し取った。そうして懐に入った金は年に40万ドルにも達した。さらに友人のモー・セドウェイと組んで西海岸の競馬通信社や私設馬券場も勢力下においた。

1938年、シーゲルと友人のトニー・コルネロは当時カリフォルニアで違法だったギャンブルをサンタモニカ海岸3マイルの沖でレックス号という船の上で開いた。3マイル沖の海上なら法律の適用外になるという目論見だったが、ロサンゼルスの郡警察はすぐに手入れに乗り出し、レックスを開店即休業に追い込んだ。そのため2人はさらに離れた12マイル沖で始めた。しかし今度は陸地から遠すぎで客がほとんど訪れなかった。この件で2人は大損したという。

1930年代後半、イタリアの伯爵夫人で社交家のドロシー・テイラー・ディフラッソと愛人関係にあった。そのコネを利用して、ナチスやファシストの大物幹部の暗殺を本気で計画していた。実行できなかったことを終生後悔していたという。

エグザミナー紙がシーゲルの過去について記事を書いたとき、ドロシーはオーナーのウィリアム・ランドルフ・ハーストの豪邸に自ら出向き、記事を取り下げるように言ったという。それでも新聞はシーゲルの過去を書き続けた。

1940年代初めに、今度は女優のヴァージニア・ヒルと出会い付き合うようになった。彼女との関係は死に至るまで続いたが、お互いに気分屋で喧嘩も絶えなかったという。友人には「ヴァージニアのベッドテクニックは最高」と言っていた。

カリフォルニアで勢力を確立したシーゲルが次に目を付けたのが、1931年以来ギャンブルが合法化されていたネバダ州ラスベガスだった。当時のラスベガスにはまだ小規模なカジノしかなく、シーゲルから見れば三流に過ぎなかった。彼の夢はハリウッドの洗練された魅力をラスベガスに持ち込むことだった。それまでラスベガスに無かった壮大なホテル、フラミンゴ(現在のフラミンゴ・ラスベガス)建設のためランスキーやコステロといったマフィアのボスに頼み資金をかき集めた。後にニューヨーク・ヤンキースの共同オーナーにもなるアリゾナの大手建設会社、デル・ウェブ社が工事を担当。建設時、第二次世界大戦後ということもあって、建設資材が不足していたが、工事を急ぐシーゲルは闇市場から資材を調達したりもした。

フラミンゴの建設費は予想を遥かに上回り、建設費が足りなくなると小切手の不渡りを出したり、同じ小切手を異なる相手に振り出すことをした。建設費がかかりすぎたことでランスキーやコステロに建設費の横領を疑われ始めるが耳を傾けず、競馬通信社の支配権をめぐってもボスたちの不興を買っていた。バグジーはカリフォルニアの競馬通信社を自分一人で独占したと考えていた。こうしてシーゲルは友人の信用を少しずつ失っていった。

シーゲルについての問題はやがてマフィアの最高レベルでの協議に持ち込まれることとなった。キューバハバナで行なわれた会議でも大きな議題となった。このときランスキーがシーゲルを擁護したことから、組織による責任追及だけは何とか逃れていた。それでもホテルのオープンまでが限界だった。

この頃、シーゲルと知り合いだったジミー・フラチアノ(後に証人保護プログラムに入る)には「これからラスベガスはどんどん大きくなるぞ」などと自分の夢を語ったりしたという。

1946年にフラミンゴホテルはついに完成した。しかし建設費は当初の予算を遥かにオーバーした上、愛人ヴァージニア・ヒルが建設費を掠め取っていたのではないかと疑われた。フラミンゴの建設費は600万ドルで当初の予算より500万ドルオーバーした。フラミンゴは1946年12月26日にオープンするが、当初から赤字続きで、2週間で30万ドルの損失を出し、休業。その後、未完成部分の建設を続けようとした。ランスキーとコステロは最後のチャンスを与え1947年3月に再オープンした。以前に比べ客足は伸びたが、それでも組織が予想した利益よりはるかに少なかった。少しずつ利益が上がり始めるが、その頃にはすっかり仲間たちの信用を失い目障りな存在になっていた。他にも彼の独断専行的な性格もボスたちの気に障ることになる。

さらに愛人のヴァージニア・ヒル(ホテル名のフラミンゴは彼女の女優時代の愛称)に浪費癖があり、現実に彼女が多額の現金をかすめ取ってヨーロッパに逃亡したことで、1947年6月20日夜、カリフォルニアビバリーヒルズのヒルの邸宅で一人ソファに座り新聞を読んでいるところをヒットマンのエディ・カニッツァーロM1カービン銃で顔などを銃撃されて殺された(両目が吹き飛ばされ左目が部屋の反対側の壁で見つかった)。ルチアーノは後年、バグジーの死刑はハバナ会議で決定していたと言っている。

暗殺の晩フラミンゴにガス・グリーンバウム(1958年に組織の金をくすねている事がばれ暗殺された)とモー・セドウェイが乗り込んできて「今日から我々がここの新しいオーナーだ」と言った。その後、経営を好転させフラミンゴを世界的に有名なホテルに変えた。

シーゲルの死については、フラミンゴ・ホテルの件が原因とされているが、実はもうひとつあり、競馬通信社のコンチネンタル・ワイヤー・サービスというシーゲルたちのライバル会社のボスのジェームス・レーゲンがシカゴで殺害されており、その復讐ではないかという説もある。

シーゲルと父マックスの名が刻まれた記念額(ビアリストーカー・シナゴーグ)

シーゲルの遺体はハリウッド・フォーエバー墓地に埋葬された。ロウアービアリストーカー・シナゴーグの記念額には、シーゲルの名が彼の2ヶ月前に亡くなった父マックスと共に刻まれている。

しかし彼の死後、フラミンゴもラスベガスも繁栄を遂げることになる。シーゲルは生きて夢をかなえることは出来なかったが、彼の死後ラスベガスは砂漠に花を咲かせた。シーゲルはギャンブル都市ラスベガスの生みの親とも言われている。何となればこの男の夢からラスベガスは生まれた。

彼はギャングからハリウッド・スターに転身したジョージ・ラフト(ニューヨークのチンピラ時代からの友人)と親交を持ち、自身も甘いマスクでであったことから西海岸に移った時カメラテストを受けるなど本気で俳優転身を考えたことがあると言う。私生活は派手で昔ながらの典型的なギャングであった。

アメリカの映画バグジー』(1991年)では、彼の波乱に富んだ半生が描かれている。また、映画『ゴッドファーザー』に登場するマフィア、モー・グリーンはシーゲルがモデルである。

外部リンク[編集]