ガス・グリーンバウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガス・グリーンバウム(Gus Greenbaum、1894年 - 1958年12月3日)はアメリカ合衆国ユダヤ系ギャング

ガス・グリーンバウムはかつてアル・カポネの手下だった。

マフィアの施設馬券場を経営しており、その腕を代われマイヤー・ランスキーラスベガスに呼び寄せたという。

1947年6月のバグジー・シーゲル暗殺された晩にモー・セドウェイフラミンゴホテルに乗込み新しいオーナーだと宣言。瞬く間にフラミンゴの経営状態を立ち直らせる。以後ラスベガスの発展とともに勢力を誇った。ラスベガスではモー・ダリッツに次いで2番目に有力なユダヤ人ギャングといわれた。この頃グリーンバウムは国税局に申告していた金額の3倍は実際稼いでおり、計画的に所得隠しをしていたという。当時のラスベガスのカジノでは所得隠しは当たり前だった。

ラスベガスでは有力者であったが組織は彼のことを快く思っていなく、粗暴な振る舞いが問題となっていた。さらに組織の金をかすめ取っているというが流れる。1958年12月に2人の男が自宅に押し入り彼と彼の妻の喉を切り裂いた。

なお、『ゴッドファーザー』に登場するモー・グリーンは、2人の人間の名前からとられており、うち一人はガス・グリーンバウムである。