五大ファミリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

五大ファミリー(The Five Families)は、アメリカニューヨーク市に本拠を置く、マフィア(コーサ・ノストラ)によって構成される犯罪組織。1931年、ジョー・マッセリアの暗殺後、ニューヨーク・マフィアの組織統一がなされた際に、大ボスであったサルヴァトーレ・マランツァーノが主導して、ニューヨークのマフィアを5つのグループに分割した。その後ラッキー・ルチアーノがマランツァーノを暗殺し、実権を握ってからも五大ファミリーの制度は維持された。

RICO法(組織犯罪対策法)に基づくFBIの主導による組織犯罪対策が活発化した1970年代以降はほぼ壊滅状態にあり、隆盛を誇った20世紀中盤頃までの面影はもはや存在しない。

マランツァーノによる再編時のそれぞれの一家とそのボスは以下の通り。

現在の五大ファミリーの名前の由来は、ジョゼフ・ヴァラキが1963年に初めて沈黙の掟を破って証言したときのそれぞれのボスの名前であり、以来その名称を使用している。現在の五大ファミリーと過去の主なボスは以下の通り。

各ファミリーの勢力は時代と共に変動しているが、ある資料では正式組員の数についてジェノヴェーゼ一家とガンビーノ一家が約300人、他の三つのファミリーは約100人前後としている。