エイブラハム・ビーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイブラハム・デイヴィッド・ビームAbraham David Beame1906年3月20日2001年2月10日)はニューヨーク市長1974年から1977年)。通称はエイブ・ビームAbe Beame)。1970年代中期のニューヨーク市の(ほとんど財政破綻を宣言せざるをえなかったほどの)財政危機を乗り切った。

生涯[編集]

英国ロンドンポーランドユダヤ人の家庭に生まれ、ニューヨークのロウアーイーストサイドで育つ。彼は、ニューヨーク市長として最初のユダヤ教徒だった(フィオレロ・H・ラガーディアは母方のみユダヤ人の家系)。

1952年から1961年までニューヨーク市の予算担当重役を務める。民主党員であり、1961年1969年、市の会計監査官に選ばれ、二期を務める。

1965年、民主党から市長選に立候補するも、共和党候補ジョン・V・リンゼイに敗れる。1973年の市長選で州上院議員ジョン・マーキを下し、歴史的な財政危機の解決に尽力。任期の多くを、財政破綻の回避に費やした。人員削減に鉈を振るい、賃金を凍結し、予算を再編成すると共に、ニューヨーク大停電への対処にも奔走した。

山あり谷ありの4年にわたる市長生活の後、1977年、二期目に立候補するも、民主党の予備選挙で連邦下院議員エドワード・I・コッチと州務長官マリオ・M・クオモに次ぐ3位にとどまった。

2001年開心術による併発症で死去。94歳。

先代:
ジョン・リンゼイ
ニューヨーク市長
1974- 1977
次代:
エド・コッチ