サイ・ヤング賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイ・ヤング(1902年)
サイ・ヤング賞投手に送られる楯。野球殿堂所蔵

サイ・ヤング賞(サイ・ヤングしょう、Cy Young Award)は、メジャーリーグベースボールの賞のひとつ。ナショナルリーグアメリカンリーグのそれぞれから、その年に最も活躍した投手1人ずつが選出される。

概要[編集]

通算勝利・通算敗戦・通算先発・通算投球回など数々のメジャー記録を保持している、球史に残る大投手で1955年に死去したサイ・ヤングの名誉を称え翌1956年に制定された。最初は両リーグのうちから1人だけが選ばれていたが、1967年から両リーグからそれぞれ1人ずつという現在の形式になった。

選出方法は、全米野球記者協会所属の記者28人による投票で決まる。記者が、1位票(5点)、2位票(3点)、3位票(1点)の3種類の票を投票し、その合計獲得点の最も高い選手が受賞者となる。

歴代最多受賞は、ロジャー・クレメンスの7回。連続受賞記録はグレッグ・マダックスランディ・ジョンソンの4年連続である。

日本プロ野球にも、その年の最も優れた投手に贈られる賞として沢村栄治賞(沢村賞)がある。ただしサイ・ヤング賞はリリーフ投手も受賞対象だが、沢村賞は先発投手限定である。沢村賞はサイ・ヤング賞を真似て作られた賞とする文献も存在するが[1]、その歴史はサイ・ヤング賞(1956年制定)より古い。

歴代受賞者[編集]

凡例

年度 ナショナルリーグ アメリカンリーグ
受賞選手(受賞回数) 所属チーム 成績 受賞選手(受賞回数) 所属チーム 成績
1956 ドン・ニューカム ブルックリン・ドジャース 27–7 3.06 -
1957 ウォーレン・スパーン ミルウォーキー・ブレーブス 21-11-3S 2.69 -
1958 - ボブ・ターリー ニューヨーク・ヤンキース 21-7-1S 2.97
1959 - アーリー・ウィン シカゴ・ホワイトソックス 22–10 3.17
1960 バーノン・ロー ピッツバーグ・パイレーツ 20–9 3.08 -
1961 - ホワイティ・フォード ニューヨーク・ヤンキース 25–4 3.21
1962 ドン・ドライスデール ロサンゼルス・ドジャース 25–9-1S 2.84 -
1963 サンディ・コーファックス(1)* ロサンゼルス・ドジャース 25–5 1.88 -
1964 - ディーン・チャンス ロサンゼルス・エンゼルス 20–9-4S 1.65
1965 サンディ・コーファックス(2)* ロサンゼルス・ドジャース 26–8-2S 2.04 -
1966 サンディ・コーファックス(3)* ロサンゼルス・ドジャース 27–9 1.73 -
1967 マイク・マコーミック サンフランシスコ・ジャイアンツ 22–10 2.85 ジム・ロンボーグ ボストン・レッドソックス 22–9 3.16
1968 ボブ・ギブソン(1)* セントルイス・カージナルス 22–9 1.12 デニー・マクレイン(1)* デトロイト・タイガース 31–6 1.96
1969 トム・シーバー(1) ニューヨーク・メッツ 25–7 2.21 マイク・クェイヤー
デニー・マクレイン(2)
ボルチモア・オリオールズ
デトロイト・タイガース
23–11
24–9
2.38
2.80
1970 ボブ・ギブソン(2) セントルイス・カージナルス 23–7 3.12 ジム・ペリー ミネソタ・ツインズ 24–12 3.04
1971 ファーガソン・ジェンキンス シカゴ・カブス 24–13 2.77 ヴァイダ・ブルー オークランド・アスレチックス 24–8 1.82
1972 スティーブ・カールトン(1)* フィラデルフィア・フィリーズ 27–10 1.98 ゲイロード・ペリー(1) クリーブランド・インディアンス 24–16-1S 1.92
1973 トム・シーバー(2) ニューヨーク・メッツ 19–10 2.08 ジム・パーマー(1) ボルチモア・オリオールズ 22–9-1S 2.40
1974 マイク・マーシャル ロサンゼルス・ドジャース 15–12-21S 2.42 キャットフィッシュ・ハンター オークランド・アスレチックス 25–12 2.49
1975 トム・シーバー(3) ニューヨーク・メッツ 22–9 2.38 ジム・パーマー(2) ボルチモア・オリオールズ 23–11-1S 2.09
1976 ランディ・ジョーンズ サンディエゴ・パドレス 22–14 2.74 ジム・パーマー(3) ボルチモア・オリオールズ 22–13 2.51
1977 スティーブ・カールトン(2) フィラデルフィア・フィリーズ 23–10 2.64 スパーキー・ライル ニューヨーク・ヤンキース 13–5-26S 2.17
1978 ゲイロード・ペリー(2) サンディエゴ・パドレス 21–6 2.73 ロン・ギドリー* ニューヨーク・ヤンキース 25–3 1.74
1979 ブルース・スーター シカゴ・カブス 6–6-37S 2.22 マイク・フラナガン ボルチモア・オリオールズ 23–9 3.08
1980 スティーブ・カールトン(3) フィラデルフィア・フィリーズ 24–9 2.34 スティーブ・ストーン ボルチモア・オリオールズ 25–7 3.23
1981 フェルナンド・バレンズエラ ロサンゼルス・ドジャース 13–7 2.48 ローリー・フィンガーズ ミルウォーキー・ブルワーズ 6–3-28S 1.04
1982 スティーブ・カールトン(4) フィラデルフィア・フィリーズ 23–11 3.11 ピート・ブコビッチ ミルウォーキー・ブルワーズ 18–6 3.34
1983 ジョン・デニー フィラデルフィア・フィリーズ 19–6 2.37 ラマー・ホイト シカゴ・ホワイトソックス 24–10 3.66
1984 リック・サトクリフ* シカゴ・カブス 16–1 2.69 ウィリー・ヘルナンデス デトロイト・タイガース 9–3-32S 1.92
1985 ドワイト・グッデン* ニューヨーク・メッツ 24–4 1.53 ブレット・セイバーヘイゲン(1) カンザスシティ・ロイヤルズ 20–6 2.87
1986 マイク・スコット ヒューストン・アストロズ 18–10 2.22 ロジャー・クレメンス(1)* ボストン・レッドソックス 24–4 2.48
1987 スティーブ・ベドローシアン フィラデルフィア・フィリーズ 5–3-40S 2.83 ロジャー・クレメンス(2) ボストン・レッドソックス 20–9 2.97
1988 オーレル・ハーシュハイザー* ロサンゼルス・ドジャース 23–8-1S 2.26 フランク・バイオーラ ミネソタ・ツインズ 24–7 2.64
1989 マーク・デービス サンディエゴ・パドレス 4–3-44S 1.85 ブレット・セイバーヘイゲン(2) カンザスシティ・ロイヤルズ 23–6 2.16
1990 ダグ・ドレイベック ピッツバーグ・パイレーツ 22–6 2.76 ボブ・ウェルチ オークランド・アスレチックス 27–6 2.95
1991 トム・グラビン(1) アトランタ・ブレーブス 20–11 2.55 ロジャー・クレメンス(3) ボストン・レッドソックス 18–10 2.62
1992 グレッグ・マダックス(1) シカゴ・カブス 20–11 2.18 デニス・エカーズリー オークランド・アスレチックス 7–1-51S 1.91
1993 グレッグ・マダックス(2) アトランタ・ブレーブス 20–10 2.36 ジャック・マクダウエル シカゴ・ホワイトソックス 22–10 3.37
1994 グレッグ・マダックス(3)* アトランタ・ブレーブス 16–6 1.56 デービッド・コーン カンザスシティ・ロイヤルズ 16–5 2.94
1995 グレッグ・マダックス(4)* アトランタ・ブレーブス 19–2 1.63 ランディ・ジョンソン(1) シアトル・マリナーズ 18–2 2.48
1996 ジョン・スモルツ アトランタ・ブレーブス 24–8 2.94 パット・ヘントゲン トロント・ブルージェイズ 20–10 3.22
1997 ペドロ・マルティネス(1) モントリオール・エクスポズ 17–8 1.90 ロジャー・クレメンス(4) トロント・ブルージェイズ 21–7 2.05
1998 トム・グラビン(2) アトランタ・ブレーブス 20–6 2.47 ロジャー・クレメンス(5)* トロント・ブルージェイズ 20–6 2.65
1999 ランディ・ジョンソン(2) アリゾナ・ダイヤモンドバックス 17–9 2.49 ペドロ・マルティネス(2)* ボストン・レッドソックス 23–4 2.07
2000 ランディ・ジョンソン(3) アリゾナ・ダイヤモンドバックス 19–7 2.64 ペドロ・マルティネス(3)* ボストン・レッドソックス 18–6 1.74
2001 ランディ・ジョンソン(4) アリゾナ・ダイヤモンドバックス 21–6 2.49 ロジャー・クレメンス(6) ニューヨーク・ヤンキース 20–3 3.51
2002 ランディ・ジョンソン(5)* アリゾナ・ダイヤモンドバックス 24–5 2.32 バリー・ジト オークランド・アスレチックス 23–5 2.75
2003 エリック・ガニエ ロサンゼルス・ドジャース 2–3-55S 1.20 ロイ・ハラデイ(1) トロント・ブルージェイズ 22–7 3.25
2004 ロジャー・クレメンス(7) ヒューストン・アストロズ 18–4 2.98 ヨハン・サンタナ(1)* ミネソタ・ツインズ 20–6 2.61
2005 クリス・カーペンター セントルイス・カージナルス 21–5 2.83 バートロ・コローン ロサンゼルス・エンゼルス 21–8 3.48
2006 ブランドン・ウェブ アリゾナ・ダイヤモンドバックス 16-8 3.10 ヨハン・サンタナ(2)* ミネソタ・ツインズ 19–6 2.77
2007 ジェイク・ピービー* サンディエゴ・パドレス 19–6 2.54 C.C.サバシア クリーブランド・インディアンス 19-7 3.21
2008 ティム・リンスカム(1) サンフランシスコ・ジャイアンツ 18–5 2.62 クリフ・リー クリーブランド・インディアンス 22-3 2.54
2009 ティム・リンスカム(2) サンフランシスコ・ジャイアンツ 15-7 2.48 ザック・グレインキー カンザスシティ・ロイヤルズ 16-8 2.16
2010 ロイ・ハラデイ(2)* フィラデルフィア・フィリーズ 21-10 2.44 フェリックス・ヘルナンデス シアトル・マリナーズ 13-12 2.27
2011 クレイトン・カーショウ(1) ロサンゼルス・ドジャース 21-5 2.28 ジャスティン・バーランダー* デトロイト・タイガース 24-5 2.40
2012 R.A.ディッキー ニューヨーク・メッツ 20-6 2.73 デビッド・プライス タンパベイ・レイズ 20-5 2.56
2013 クレイトン・カーショウ(2) ロサンゼルス・ドジャース 16-9 1.83 マックス・シャーザー デトロイト・タイガース 21-3 2.90

複数回受賞者[編集]

複数回受賞者一覧表
受賞投手 受賞回数 受賞年度
ロジャー・クレメンス
7
1986, 1987, 1991, 1997, 1998, 2001, 2004
ランディ・ジョンソン
5
1995, 1999, 2000, 2001, 2002
スティーブ・カールトン
4
1972, 1977, 1980, 1982
グレッグ・マダックス
4
1992, 1993, 1994, 1995
サンディ・コーファックス
3
1963, 1965, 1966
ペドロ・マルティネス
3
1997, 1999, 2000
ジム・パーマー
3
1973, 1975, 1976
トム・シーバー
3
1969, 1973, 1975
ボブ・ギブソン
2
1968, 1970
トム・グラビン
2
1991, 1998
ティム・リンスカム
2
2008, 2009
デニー・マクレイン
2
1968, 1969
ゲイロード・ペリー
2
1972, 1978
ブレット・セイバーヘイゲン
2
1985, 1989
ヨハン・サンタナ
2
2004, 2006
ロイ・ハラデイ
2
2003, 2010
クレイトン・カーショウ
2
2011, 2013

脚注[編集]

  1. ^ 一例として玉木正之著『プロ野球大辞典』(新潮文庫、1990年)に「沢村賞という投手に与えられるタイトルですら、アメリカのサイ・ヤング賞にならったものだ。」(P209)という記述がある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]