ボブ・ウェルチ (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボブ・ウェルチ
Bob Welch
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ミシガン州デトロイト
生年月日 1956年11月3日
没年月日 2014年6月9日(満57歳没)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
190 lb =約86.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1977年 ドラフト1巡目(全体20位)
初出場 1978年6月20日
最終出場 1994年8月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ロバート・リン・ウェルチRobert Lynn Welch, 1956年11月3日 - 2014年6月9日 )は、プロ野球選手投手)、プロ野球コーチアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身。

経歴[編集]

ロサンゼルス・ドジャース[編集]

1974年MLBドラフトシカゴ・カブスから14巡目に指名を受けるが契約せず、東ミシガン大学に進学。1977年MLBドラフトロサンゼルス・ドジャースから1巡目(全体20位)に指名を受け入団。1978年6月20日ヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。8月から先発に定着し、8月5日サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で9安打を浴びながらメジャー初完封を記録するなどデビューから5連勝。7勝4敗・防御率2.02・3完封を記録し、チームの地区連覇に貢献。フィラデルフィア・フィリーズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦で5回途中からリリーフし最後まで投げて勝利投手となり、チームはリーグ連覇を果たす。ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズでは第2戦で1点リードの9回表1死一、二塁の場面でリリーフし、最後の打者レジー・ジャクソンを三振に仕留めてセーブを記録。第4戦では8回途中からリリーフするが延長10回裏にルー・ピネラにサヨナラ安打を浴び敗戦投手。王手をかけられて迎えた第6戦では6回途中から登板するが、7回にジャクソンにダメ押しの2点本塁打を浴び、チームは敗退した。1979年は開幕当初は先発だったが5月にリリーフに転向。6月に再び先発に戻るが7月に故障で離脱し、5勝6敗に終わる。

1980年は5月29日のアトランタ・ブレーヴス戦で唯一の被安打の後を併殺に打ち取り、四死球・失策・残塁いずれも0の「準完全試合」を記録するなど、前半戦で9勝3敗・防御率2.36の好成績でオールスターゲームに初めて選出される。後半戦で失速したが14勝9敗・防御率3.29を記録した。1981年50日間に及ぶストライキでシーズンが中断・短縮されて前後期スプリットシーズン制の変則日程となり、その影響で9勝に留まるが、チームは前期優勝。アストロズとのディビジョンシリーズでは1試合のリリーフ登板のみだったが、モントリオール・エクスポズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは最終第5戦で1点リードの9回裏2死一、二塁の場面でリリーフし、最後の打者を抑えて胴上げ投手となった。ヤンキースとのワールドシリーズでは第4戦に先発するが、打者4人に対して3安打1四球で1死も取れないまま降板。チームはワールドチャンピオンとなった。1982年は16勝11敗・防御率3.36の成績。1983年は途中まで負けが先行したが終盤に6連勝を記録して巻き返し、15勝12敗・防御率2.65の成績でチームの地区優勝に貢献。フィリーズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発するが2回途中で降板して敗戦投手となり、チームも1勝3敗で敗退した。1984年は終盤に故障者リスト入りするなど13勝13敗。1985年も故障で出遅れるが6月以降8連勝を含む13勝を挙げるなど好調で、14勝4敗・防御率2.31を記録し、チームは地区優勝。セントルイス・カーディナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発するも3回途中5安打6四球4失点の乱調で敗戦投手となり、チームも2勝4敗で敗退した。1986年はシーズン初登板を完封で飾るが、その後は打線の援護がなく勝利に恵まれず、防御率3.28ながら7勝13敗に留まった。1987年は15勝9敗、いずれもキャリアハイの251.2イニング・196奪三振・4完封(リーグトップ)を記録。12月11日ジェイ・ハウエルアルフレド・グリフィンらとの交換トレードで、1選手と共にオークランド・アスレティックスに移籍。

オークランド・アスレティックス[編集]

移籍1年目の1988年は6月までに7連勝を含む10勝。17勝9敗・防御率3.64を記録し、チームの地区優勝に貢献。ボストン・レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し2回途中5失点で降板するが、チームは逆転勝利。古巣ドジャースとのワールドシリーズでは第3戦に先発し、5回1失点と好投するが勝敗付かず。圧倒的有利を予想されたチームは1勝4敗で敗退した。1989年は21勝のデイヴ・ステュワート、共に19勝のマイク・ムーアストーム・デイヴィスと強力な先発カルテットを形成。前年に続いて17勝を記録し、チームは地区連覇を果たす。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第4戦に先発し、6回途中2失点で勝利投手となり、チームはリーグ連覇。「ベイエリア・シリーズ」となったジャイアンツとのワールドシリーズでは本拠地で連勝後の第3戦に先発予定だったが、試合開始前にベイエリア一帯を襲ったマグニチュード7.1のロマ・プリータ地震が発生したため中止となる。10日間の中断を経て再開された第3戦では、第1戦で完封勝利のステュワートが先発し勝利。第4戦も第2戦で先発のムーアが先発して勝利し、4連勝でワールドチャンピオンとなったため登板機会はなかった。

1990年5月11日から10連勝。前半戦で13勝を挙げて10年ぶりにオールスターゲームに選出され、先発投手を務めた。後半戦でも14勝を挙げ、27勝6敗・防御率2.95という驚異的な成績で最多勝利のタイトルを獲得し、地区3連覇の原動力となる。25勝以上は1980年のスティーヴ・ストーンが25勝を記録して以来10年ぶりで、27勝となると1972年スティーヴ・カールトンまで遡る。これ以後2013年終了時点で25勝以上を記録した投手はいない。レッドソックスとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発して8回途中1失点で勝利投手となり、チームはリーグ3連覇を果たす。シンシナティ・レッズとのワールドシリーズでは第2戦に先発するが、8回にピンチを招き途中降板。後続が打たれて同点に追い付かれ、チームはサヨナラ負け。結局4連敗で敗退した。オフに自身初のサイ・ヤング賞を受賞。1991年は4月は好調だったものの、5月5日クリーヴランド・インディアンズ戦で自身ワーストの11失点。その後も2度9失点を喫するなど不振に陥り、12勝13敗・防御率4.58と前年から大きく成績を落とした。同年は一時アルコール使用障害を患い、その模様を記した「ファイヴ・オクロック・カムズ・アーリー」という本をニューヨーク・タイムズのスポーツ・コラムニストGeorge Vecseyとの共著で出版した。1992年は開幕に間に合わず、復帰後も故障がちで20試合の登板に留まるが11勝を挙げ、チームの地区優勝に貢献。ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第4戦に先発し8回途中2失点と好投するが、クローザーデニス・エカーズリーが打たれて同点に追い付かれ、延長の末敗れる。チームは2勝4敗で敗退した。1993年は自身初の開幕投手を務めるが不調で、9勝11敗・防御率5.29に留まる。1994年は開幕から5連敗を喫して5月途中にリリーフ降格。1994年から1995年のMLBストライキでシーズンが打ち切られて3勝に終わり、同年限りで現役引退。

引退後[編集]

2001年アリゾナ・ダイヤモンドバックスの投手コーチに就任し、チームはワールドチャンピオンに輝いた。2006年に行われた第1回WBCではオランダ代表の投手コーチを務めた。

2013年からオークランド・アスレチックスのマイナー総合コーチに就任。

2014年6月9日夜、心臓発作のためカリフォルニア州シール・ビーチにて死去[1]

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 LAD 23 13 4 3 1 7 4 3 -- .636 439 111.1 92 6 26 2 1 66 2 2 28 25 2.02 1.06
1979 25 12 1 0 0 5 6 5 -- .455 349 81.1 82 7 32 4 3 64 0 0 42 36 3.98 1.40
1980 32 32 3 2 1 14 9 0 -- .609 889 213.2 190 15 79 6 3 141 7 5 85 78 3.29 1.26
1981 23 23 2 1 1 9 5 0 -- .643 601 141.1 141 11 41 0 3 88 2 0 56 54 3.44 1.29
1982 36 36 9 3 0 16 11 0 -- .593 965 235.2 199 19 81 5 5 176 5 1 94 88 3.36 1.19
1983 31 31 4 3 0 15 12 0 -- .556 828 204.0 164 13 72 4 3 156 4 6 73 60 2.65 1.16
1984 31 29 3 1 1 13 13 0 -- .500 771 178.2 191 11 58 7 2 126 4 2 86 75 3.78 1.39
1985 23 23 8 3 1 14 4 0 -- .778 675 167.1 141 16 35 2 6 96 7 4 49 43 2.31 1.05
1986 33 33 7 3 1 7 13 0 -- .350 981 235.2 227 14 55 6 7 183 2 1 95 86 3.28 1.20
1987 35 35 6 4 0 15 9 0 -- .625 1027 251.2 204 21 86 6 4 196 4 4 94 90 3.22 1.15
1988 OAK 36 36 4 2 0 17 9 0 -- .654 1034 244.2 237 22 81 1 10 158 3 13 107 99 3.64 1.30
1989 33 33 1 0 0 17 8 0 -- .680 884 209.2 191 13 78 3 6 137 5 0 82 70 3.00 1.28
1990 35 35 2 2 1 27 6 0 -- .818 979 238.0 214 26 77 4 5 127 2 2 90 78 2.95 1.22
1991 35 35 7 1 0 12 13 0 -- .480 950 220.0 220 25 91 3 11 101 3 2 124 112 4.58 1.41
1992 20 20 0 0 0 11 7 0 -- .611 513 123.2 114 13 43 0 2 47 1 0 47 45 3.27 1.27
1993 30 28 0 0 0 9 11 0 -- .450 746 166.2 208 25 56 5 7 63 1 0 102 98 5.29 1.58
1994 25 8 0 0 0 3 6 0 -- .333 325 68.2 79 10 43 2 1 44 3 3 56 54 7.08 1.78
通算:17年 506 462 61 28 7 211 146 8 -- .591 12956 3092.0 2894 267 1034 60 79 1969 55 45 1310 1191 3.47 1.27
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Former A's, Dodgers pitcher Welch dies at 57” (英語). 2014年6月11日閲覧。

外部リンク[編集]