ライリー・レヒト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライリー・レヒト
Raily Legito
DOORネプチューンズ #30
Honkbalwedstrijd HCAW - Neptunus - 7 juni 2009 - 09.JPG
2009年6月7日
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 オランダ領アンティルの旗 アンティル自治領(現:キュラソーの旗 キュラソー自治領)
生年月日 1978年7月26日(36歳)
身長
体重
5' 7" =約170.2 cm
198 lb =約89.8 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 2000年2004年2008年
WBC 2006年

ライリー・レヒト(Reily Legito, 1978年7月26日 - )は、オランダ領アンティルキュラソー島出身の野球選手(遊撃手三塁手)。右投右打。現在は、オランダ国内リーグであるフーフトクラッセDOORネプチューンズでプレーしている。

経歴[編集]

1999年には、第8回ワールドポート・トーナメントのオランダ代表に選出された。第26回ヨーロッパ野球選手権大会でもオランダ代表に選出され、優勝している。

2000年に、シドニーオリンピックの野球競技でオランダ代表に選出された。この大会では、キューバを破っている。

2003年に、第28回ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表に選出され、優勝している。

2004年には、アテネオリンピックの野球競技でオランダ代表に選出されている。

2005年には、第29回ヨーロッパ野球選手権大会にオランダ代表として選出されされ、優勝している。

2006年開幕前の3月には、この年から開催されたワールドベースボールクラシック(WBC)のオランダ代表に選出された[1]。また、第16回IBAFインターコンチネンタルカップのオランダ代表にも選出された。

2007年には盗塁王を獲得した。
また、第30回ヨーロッパ野球選手権大会のオランダ代表に選出され、優勝している。

2008年に、北京オリンピックにおける野球競技でオランダ代表に選出された。

2010年に、第31回ヨーロッパ野球選手権大会にオランダ代表に選出され、準優勝している。

選手としての特徴[編集]

  • 俊足とシュアなバッティングを武器とし、パンチ力も兼ね備える。
  • 守備面では強肩と反応の良さを見せるが安定感に欠ける。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト (英語) 2015年2月24日閲覧

外部リンク[編集]