スティーブ・サックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スティーブ・サックス
Steve Sax
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ウェストサクラメント
生年月日 1960年1月29日(54歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 二塁手
プロ入り 1978年 ドラフト9巡目
初出場 1981年8月18日
最終出場 1994年5月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

スティーブ・サックスStephen Louis "Nut" Sax , 1960年1月29日 - )はMLBで活躍した野球選手。 内野手(主に二塁手)。右投右打。アメリカ合衆国カリフォルニア州ウェストサクラメント出身。

人物・来歴[編集]

ジェームス・マーシャル高を卒業し、1978年ドラフト会議ロサンゼルス・ドジャースに指名され、入団。 1981年8月18日にメジャーデビューを果たし、そのシーズンは31試合に出場。 新人王資格を残し、翌1982年に150試合に出場し、打率.282、本塁打4、打点47、盗塁49の活躍でMLBオールスターゲームにも出場。 ピッツバーグ・パイレーツジョニー・レイ(のちヤクルト)、セントルイス・カージナルスウィリー・マギーとの争いに勝ち、ナ・リーグ新人王に輝いた。

その後も俊足、好打の「一番・二塁手」として活躍し、打率.300以上を6回、40盗塁以上を6回記録。 オールスターにも通算5回出場。 1986年は打率.332(リーグ2位)、本塁打6、56打点、40盗塁でシルバースラッガー賞を受賞。 1988年にはチームのワールドシリーズ制覇に貢献したが、この年オフにフリーエージェント(FA)権を行使してニューヨーク・ヤンキースに移籍。1989年にはア・リーグ1位の併殺、守備率を記録[1]。 ヤンキースでも変わらぬ活躍を見せたが、1992年シカゴ・ホワイトソックスに移籍。 この年は.236の低打率に終わり、翌1993年は57試合の出場に終わって1994年オークランド・アスレチックスに移籍。 7試合に出場して5月には解雇となり、そのまま現役引退した。

選手会では選手代表の中心的役割を果たし、ベニー・アグバヤニ千葉ロッテマリーンズ)らのいわゆる「スト破り」の選手への年金非交付を提案した。

現役引退後は様々なベンチャービジネスを繰り広げる傍ら野球解説者としても活躍の後、2013年アリゾナ・ダイヤモンドバックスで一塁コーチを務めた。

実兄デーブ・サックスもドジャースとボストン・レッドソックスで捕手として5シーズンプレイした。

受賞歴・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1981 LAD 31 127 119 15 33 2 0 2 41 9 5 7 1 0 7 1 0 14 0 .277 .317 .345 .662
1982 150 699 638 88 180 23 7 4 229 47 49 19 10 0 49 1 2 53 10 .282 .335 .359 .694
1983 155 692 623 94 175 18 5 5 218 41 56 30 8 2 58 3 1 73 8 .281 .342 .350 .692
1984 145 622 569 70 138 24 4 1 173 35 34 19 2 3 47 3 1 53 12 .243 .300 .304 .604
1985 136 551 488 62 136 8 4 1 155 42 27 11 3 3 54 12 3 43 15 .279 .352 .318 .670
1986 157 704 633 91 210 43 4 6 279 56 40 17 6 3 59 5 3 58 12 .332 .390 .441 .831
1987 157 663 610 84 171 22 7 6 225 46 37 11 5 1 44 5 3 61 13 .280 .331 .369 .700
1988 160 687 632 70 175 19 4 5 217 57 42 12 7 2 45 6 1 51 11 .277 .325 .343 .668
1989 NYY 158 717 651 88 205 26 3 5 252 63 43 17 8 5 52 2 1 44 19 .315 .364 .387 .751
1990 155 680 615 70 160 24 2 4 200 42 43 9 6 6 49 3 4 46 13 .260 .316 .325 .641
1991 158 707 652 85 198 38 2 10 270 56 31 11 5 6 41 2 3 38 15 .304 .345 .414 .759
1992 CWS 143 630 567 74 134 26 4 4 180 47 30 12 12 6 43 4 2 42 17 .236 .290 .317 .607
1993 57 129 119 20 28 5 0 1 36 8 7 3 2 0 8 0 0 6 1 .235 .283 .303 .586
1994 OAK 7 24 24 2 6 0 1 0 8 1 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .250 .250 .333 .583
通算:14年 1769 7632 6940 913 1949 278 47 54 2483 550 444 178 75 37 556 47 24 584 146 .281 .335 .358 .693
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1983年イップスと思える悪送球病にかかり、年間30失策(ほとんど悪送球)を記録。「スティーブ・サックス病」と名付けられ、一時は三塁へのコンバートも検討されたが、克服した。

外部リンク[編集]