ヘインリー・スタティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘインリー・スタティア
Hainley Statia
ミルウォーキー・ブルワーズ(マイナー)
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 オランダ領アンティルの旗 アンティル自治領ウィレムスタッド(現:キュラソーの旗 キュラソー自治領)
生年月日 1986年1月19日(29歳)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 2004年 MLBドラフト9巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
WBC 2006年2009年2013年

ヘインリー・スタティアHainley Statia , 1986年1月19日 - )は、オランダ領アンティルキュラソー島ウィレムスタッド出身のプロ野球選手内野手)。右投げ両打ち。MLBミルウォーキー・ブルワーズ傘下所属。

来歴・人物[編集]

アメリカ合衆国フロリダ州トリニティ・クリスチャン・アカデミーを経て、2004年のMLBドラフト9巡目でアナハイム・エンゼルスに指名され契約を結んだ。

2006年3月には、この年から開催される事となったワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオランダ代表に選出された[1]。この当時、20歳だった。

2009年開幕前の3月には、第2回WBCのオランダ代表に選出された[2]

2010年に、退団した。

2011年ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結んだ。

2013年開幕前の3月には、第3回WBCのオランダ代表に選出された[3]

2014年9月2日に、この年から開催されたフランス国際野球大会のオランダ代表に選出された事が発表された[4]。この大会で、オランダ代表は初代優勝国となった[5]
大会終了後の12日に、今度は第33回ヨーロッパ野球選手権大会オランダ代表に選出された事が発表された[6]。この大会では、オランダ代表が大会の記録である自国の20回の優勝を塗り替える3大会振り21度目の優勝を果たした[7]

選手としての特徴[編集]

身体能力が高い遊撃手で、シュアなバッティングに俊足、好守、深い位置からでも刺せる強肩を兼ね備えている。

詳細情報[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月19日閲覧
  2. ^ 2009 Tournament Roster WBC公式サイト英語 2015年2月19日閲覧
  3. ^ 2013 Tournament Roster WBC公式サイト 英語 2015年2月19日閲覧
  4. ^ Roger Bernadina in EK-selectie Nederland de Nederlandse honkbalsite オランダ語 (2014年9月2日) 2015年3月20日閲覧
  5. ^ Nederland wint France International Baseball Tournament KNBSB オランダ語 (2014年9月10日) 2015年3月20日閲覧
  6. ^ Nederlands honkbalteam opent EK tegen Kroatië The Royal Dutch Baseball and Softball Association official site オランダ語 (2014年9月11日) 2015年3月20日閲覧
  7. ^ Netherlands 2014 European Baseball Champion 欧州野球連盟公式サイト 英語 (2014年9月21日) 2015年3月20日閲覧

外部リンク[編集]