ルーク・ファンミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーク・ファンミル
Loek van Mil
東北楽天ゴールデンイーグルス #46
VanMil2009.jpg
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 北ブラバント州オス
生年月日 1984年9月15日(29歳)
身長
体重
216 cm
103 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
年俸 240万円 (2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オランダの旗 オランダ
五輪 2008年
WBC 2013年

ルドフィクス・ヤコブ・マリア・ファンミルLudovicus Jacobus Maria van Mil , 1984年9月15日 - )は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属するプロ野球選手投手)。オランダ北ブラバント州オス出身。日本語では、ローク・バンミルと表記される場合もある。

経歴[編集]

2005年まではオランダフーフトクラッセでプレーしていた。同年7月7日にミネソタ・ツインズと7年契約を結ぶ[1]2008年北京オリンピックオランダ代表として出場した[2]

2010年8月にDFAとなり、9月1日にブライアン・フエンテスとの交換トレードでロサンゼルス・エンゼルスに移籍[3]2011年は2Aで30試合に登板して、3勝5敗 防御率2.04の成績を残した。

2012年5月5日にトレードでクリーブランド・インディアンズへ移籍[4]し、その年には初めて3Aに昇格する。シーズン終了後の12月21日シンシナティ・レッズとマイナー契約を結んだ。

2013年には、第3回WBCオランダ代表に選出。シーズン終了後には、福岡ソフトバンクホークスの秋季キャンプにテスト生として参加したものの、契約に至らなかった[5]

2014年には、2月に東北楽天ゴールデンイーグルスの春季キャンプへテスト生として参加[6]3月3日には、育成選手としての契約で同球団と合意した。当初の背番号は146だったが[7]同月25日に支配下登録選手へ移行したことを機に、背番号を46に変更した[8]

選手としての特徴・人物[編集]

身長は216cmで、NPB球団への所属経験がある選手では歴代最長身に当たる[9]。今後MLB公式戦への登板を果たせば、ジョン・ラウシュ(211cm)を超えて、MLBでも歴代最長身の投手になる[10]

2mを超す長身であるため、高めのスリークォーターから150km/hを超えるストレートは、非常に鋭い角度を伴う。また、スライダーチェンジアップに加えて、落差はないものの小さい変化で鋭く落ちるスプリットをウィニングショットに使う[11]

10歳まで、1964年の東京オリンピック柔道無差別級で金メダルを獲得したアントン・ヘーシンクの主催する道場で柔道を習っていた[12]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 146 (2014年)
  • 46 (2014年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Major League Transaction Impacts Rock Cats' Roster
  2. ^ 北京五輪 スポニチ Sponichi Annex 野球
  3. ^ Twins send Van Mil to Angels completing Fuentes trade
  4. ^ Angels trade 7-foot-1 Van Mil to Indians
  5. ^ ソフトバンク 秋季キャンプで外国人3投手をテスト”. スポニチ Sponichi Annex (2013年11月8日). 2013年11月25日閲覧。
  6. ^ 楽天がミトレ、ファンミル両投手をテスト”. 日刊スポーツ (2014年2月6日). 2014年2月7日閲覧。
  7. ^ 育成契約の合意に関して”. 東北楽天ゴールデンイーグルス (2014年3月3日). 2014年3月3日閲覧。
  8. ^ 【西村弥選手&ルーク・ファンミル選手】支配下選手登録に関して楽天球団公式サイト2014年3月25日配信
  9. ^ 楽天 史上最長身2メートル16、ファンミルと育成契約「結果残したい」”. スポニチアネックス (2014年3月3日). 2014年3月3日閲覧。
  10. ^ Salt Lake Bees: Pitcher Loek van Mil stands tall on the mound
  11. ^ 王さん驚く馬場さんよりデカイ216cm投手”. nikkansports.com (2013年11月14日). 2013年11月16日閲覧。
  12. ^ ソフトB 2メートル16腕、キャンプ地に“襲来””. スポニチ Sponichi Annex (2013年11月12日). 2013年11月16日閲覧。

関連項目[編集]

以下の投手は、ファンミルが東北楽天へ入団するまで、NPB球団への所属経験がある選手の最長身記録を保持していた(いずれも身長208cm)。

外部リンク[編集]