ペドロ・ゲレーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペドロ・ゲレーロ
Pedro Guerrero
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 1956年6月29日(57歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1973年
初出場 1978年9月22日
最終出場 1992年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ペドロ・ゲレーロPedro Guerrero , 1956年6月29日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した野球選手。 ポジションは内野手一塁手三塁手)、外野手左翼手右翼手)。右投右打。ドミニカ共和国サンペドロ・デ・マコリス出身。

人物・来歴[編集]

ドミニカ共和国にスカウト網をもつロサンゼルス・ドジャースに見出され、入団。1978年9月22日にメジャーデビュー。50日間に及ぶストライキのためにシーズンが中断・短縮された1981年にレギュラーに定着し、この年98試合の出場で打率.300、本塁打12、打点48を記録。オールスターにも出場を果たした。この年ドジャースはリーグ優勝を果たし、ニューヨーク・ヤンキースとのワールドシリーズに進出。このシリーズの最終戦となった第6戦で5打点の活躍で、シリーズMVPに選出された。

1982年は打率.304、本塁打32、打点100、盗塁22を記録し、チーム史上初の「30本塁打・20盗塁」を記録し、シルバースラッガー賞を受賞。1985年6月には月間15本塁打のメジャータイ記録を達成。この年の33本塁打はドジャースのロサンゼルス移転後のチームタイ記録であった。この年の出塁率.422、長打率.577はいずれもナ・リーグ1位であった。1986年は故障でわずか31試合の出場に終わるが、翌1987年に152試合出場で、打率.338(自己最高)、27本塁打、89打点とカムバックを果たした。

守備位置は、当初はライトが多く、時折内野(サードファーストが主だが時にセカンド)での起用。ただし、1983年はほぼサードでの起用。1984年 - 1985年はレフトを中心に時折サード・ファーストで出場。1988年前半はサードを主に時折ファーストでの起用であった。当時、ドジャースはスティーブ・ガービーら「不動の内野陣」が順に移籍したりと、チーム編成の過渡期にあったため、ポジションを度々変えることとなった。

しかし1988年にはシーズン序盤に再び故障し約2か月欠場。ただしこの間もチームは勝ち続け、成績の割に有効打が少ないとみなされ、フェルナンド・バレンズエラの故障で先発左腕投手の補強を急務とするチーム事情もあってシーズン中8月16日ジョン・テューダーとのトレード[1]セントルイス・カージナルスに移籍。この移籍に関しては、カージナルスが「四番・ファースト」を期待して前年オフに獲得したボブ・ホーナーの不振及び故障が原因にある。このトレードはドジャースにとっては成功し、この年ワールド・チャンピオンとなった。移籍したゲレーロはすぐに四番に座り、ほぼファーストに固定された。翌1989年には全162試合に出場して打率.311。当時本拠地ブッシュ・スタジアムが広かったこともあって17本塁打に終わったが、117打点を記録。二塁打42はリーグ1位であった。この年、自身5度目のオールスターにも出場した。1990年年以後は欠場がちとなり、肩の故障で43試合の出場に終わった1992年を最後に現役を引退。

1980年代にメジャーリーグ各チームはラテン系、特にドミニカに人材を求めてスカウト網を巡らせることとなったが、その先駆けともいえる選手がゲレーロであった。

受賞歴・記録[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1978 LAD 5 8 8 3 5 0 1 0 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .625 .625 .875 1.500
1979 25 64 62 7 15 2 0 2 23 9 2 0 0 1 1 1 0 14 1 .242 .250 .371 .621
1980 75 199 183 27 59 9 1 7 91 31 2 1 1 3 12 3 0 31 2 .322 .359 .497 .856
1981 98 387 347 46 104 17 2 12 161 48 5 9 3 1 34 3 2 57 12 .300 .365 .464 .829
1982 150 652 575 87 175 27 5 32 308 100 22 5 4 3 65 16 5 89 7 .304 .378 .536 .914
1983 160 664 584 87 174 28 6 32 310 103 23 7 0 6 72 12 2 110 11 .298 .373 .531 .904
1984 144 594 535 85 162 29 4 16 247 72 9 8 1 8 49 7 1 105 7 .303 .358 .462 .819
1985 137 581 487 99 156 22 2 33 281 87 12 4 0 5 83 14 6 68 13 .320 .422 .577 .999
1986 31 64 61 7 15 3 0 5 33 10 0 0 0 0 2 0 1 19 1 .246 .281 .541 .822
1987 152 630 545 89 184 25 2 27 294 89 9 7 0 7 74 18 4 85 16 .338 .416 .539 .955
1988 59 246 215 24 64 7 1 5 88 35 2 1 0 3 25 2 3 33 2 .298 .374 .409 .783
STL 44 176 149 16 40 7 1 5 64 30 2 0 0 4 21 7 2 26 3 .268 .358 .430 .787
'88計 103 422 364 40 104 14 2 10 152 65 4 1 0 7 46 9 5 59 5 .286 .367 .418 .785
1989 162 665 570 60 177 42 1 17 272 117 2 0 0 12 79 13 4 84 17 .311 .391 .477 .868
1990 136 554 498 42 140 31 1 13 212 80 1 1 0 11 44 14 1 70 14 .281 .334 .426 .760
1991 115 472 427 41 116 12 1 8 154 70 4 2 0 7 37 2 1 46 12 .272 .326 .361 .687
1992 43 159 146 10 32 6 1 1 43 16 2 2 0 2 11 3 0 25 4 .219 .270 .295 .565
通算:15年 1536 6115 5392 730 1618 267 29 215 2588 898 97 47 9 73 609 115 32 862 122 .300 .370 .480 .850
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ すでにトレード期間(7月31日まで)は終了しており、ウェーバーによるトレードであった。

外部リンク[編集]