ジョン・テューダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・テューダー
John Tudor
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州スケネクタディ
生年月日 1954年2月2日(60歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト3巡目
初出場 1979年8月16日
最終出場 1990年9月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョン・トマス・テューダーJohn Thomas Tudor, 1954年2月2日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州スケネクタディ出身の元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

1975年MLBドラフトニューヨーク・メッツから21巡目に指名を受けるが契約せず。1976年1月の二次ドラフトでボストン・レッドソックスから3巡目に指名を受け入団。1979年8月16日シカゴ・ホワイトソックス戦でメジャーデビュー。1980年は6月後半に昇格して8勝5敗・防御率3.02を記録。1981年は4勝に留まるが、1982年はシーズン初登板となった4月11日ボルティモア・オリオールズ戦でメジャー初完封を達成するなど先発に定着し、13勝10敗・防御率3.63を記録。1983年も13勝12敗・防御率4.09の成績を残す。12月6日マイク・イースラーとの交換トレードでピッツバーグ・パイレーツへ移籍。

1984年は12勝11敗・防御率3.27を記録。12月12日ジョージ・ヘンドリックらとの交換トレードで、ブライアン・ハーパーと共にセントルイス・カーディナルスへ移籍。

1985年は、5月終了時点で防御率は3.74ながら1勝7敗と苦しんだが、そこから9連勝。1敗の後今度は11連勝を記録。特に9月の活躍は圧巻で、9月1日9月6日と連続完封勝利。9月11日は激しく地区優勝を争っていたメッツと対戦してドワイト・グッデンと投げ合い、互いに譲らず0-0のまま延長戦に突入。グッデンは9回で降板し、10回表にリリーフのジェシー・オロスコから本塁打で1点を奪う。テューダーはその裏も投げて0点に抑え、3試合連続完封勝利をマーク。9月26日も完封勝利を挙げて月間4完封を達成。10月1日のメッツ戦でも再び10回まで0点に抑えたが、打線もロン・ダーリングに抑えられ、11回にリリーフ投手が打たれて勝利投手にはなれなかった。結局6月以降は20勝1敗・防御率1.16という凄まじい成績を残し、シーズン通算では21勝8敗・防御率1.93・WHIP0.94、メジャートップの10完封を記録、チームの地区優勝に大きく貢献した。シーズン10完封は1975年ボルティモア・オリオールズジム・パーマーが記録して以来10年ぶりであった。これ以後、シーズン10完封を記録した投手は2012年終了時点でいない。現在は投手の分業制の影響で完投自体が2桁に達することも滅多になく、1990年以後では最高でもシーズン5完封であり、同年のテューダーがメジャー最後のシーズン10完封となる可能性は高い。

ロサンゼルス・ドジャースとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第1戦に先発するが、6回途中4失点で敗戦投手。第2戦も敗れて連敗スタートとなったが、第3戦勝利の後の第4戦に先発し、7回1失点で勝利投手となり、タイに戻した。チームは第5・6戦と連勝して3年ぶりのリーグ優勝を果たした。カンザスシティ・ロイヤルズとのワールドシリーズでは第1戦で勝利投手となり、第4戦では5安打完封で3勝1敗と王手をかけるが、第6戦で一塁塁審ドン・デンキンガーの「世紀の誤審」もあって敗れ、3勝3敗のタイとなる。そのデンキンガーが球審を務めた第7戦で先発したが、3回途中5失点で降板。試合はカーディナルスの監督ホワイティ・ハーゾグと、リリーフのウォーキーン・アンドゥハーが退場となる等荒れ模様となり、打線もブレット・セイバーヘイゲンに完封されて0-11で大敗し、ワールドチャンピオンを逃した。サイ・ヤング賞の投票では、24勝4敗・防御率1.53・268奪三振を記録したグッデンに次ぐ2位に入った。

1986年は開幕投手を務め、前年から続く連勝を14まで伸ばしたが、前年ほどの勢いはなく13勝7敗・防御率2.92。1987年は4月のメッツ戦で、ファウルフライを追ってベンチに突っ込んだメッツの捕手バリー・ライオンズと激突して足を骨折し、離脱。そのため16試合の登板に留まるが、8月に復帰して8勝を挙げ、シーズン通算で10勝2敗を記録しチームのリーグ優勝に貢献。サンフランシスコ・ジャイアンツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第2戦に先発し、8回5失点(自責点3)で敗戦投手となったが、2勝3敗で迎えた第6戦で8回途中無失点で勝利投手となる。チームは第7戦に勝利してリーグ優勝。ミネソタ・ツインズとのワールドシリーズでは第3戦で7回1失点で勝利投手となるが、3勝2敗と王手をかけた第6戦では5回途中6失点で敗戦投手。チームは第7戦も敗れ、またしてもワールドシリーズ制覇を逃した。1988年は故障で出遅れるものの好調を維持し、8月10日までで防御率2.29をマークしたが、ボブ・ホーナーの不調・故障等もあって打線の援護がなく、6勝5敗。フェルナンド・バレンズエラの故障で左腕投手の補強を急務とするロサンゼルス・ドジャースと利害が一致し、8月16日ペドロ・ゲレーロとの交換トレードで移籍。

移籍後に4勝を挙げ、シーズン通算で10勝8敗・防御率2.32を記録し、チームは3年ぶりの地区優勝。メッツとのリーグチャンピオンシップシリーズでは、1勝2敗で迎えた敵地シェイ・スタジアムでの第4戦に先発し、グッデンと対戦するが6回途中4失点で降板。8回を終わって2-4とリードを許し、メッツが王手をかけると思われたが、9回表にレギュラーシーズンで3本塁打のマイク・ソーシアが、同じく被本塁打8のグッデンから起死回生の同点2ランホームランを放ち延長戦に突入。ドジャースは延長12回の死闘を制してタイに持ち込む。第7戦でオーレル・ハーシュハイザーが完封勝利を挙げてリーグ優勝を果たした。オークランド・アスレティックスとのワールドシリーズでは第3戦に先発したが、肩を痛めて2回途中で降板。チームは予想を覆して4勝1敗でアスレティックスを下し、自身初のワールドシリーズ制覇を果たした。1989年は肩・肘の故障に苦しみ、6試合の登板で0勝に終わる。オフにフリーエージェントとなり、12月14日に古巣カーディナルスと契約。

1990年は復活を果たし、4月に4勝0敗・防御率0.96をマーク。地区最下位に沈んだチームにあって、12勝4敗・防御率2.40の好成績を残しカムバック賞を受賞するが、同年限りで現役を引退。

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

  • カムバック賞 1回:1990年

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1979 BOS 6 6 1 0 0 1 2 0 -- .333 128 28.0 39 2 9 1 0 11 0 0 23 20 6.43 1.71
1980 16 13 5 0 0 8 5 0 -- .615 382 92.1 81 4 31 1 3 45 1 0 35 31 3.02 1.21
1981 18 11 2 0 0 4 3 1 -- .571 331 78.2 74 11 28 1 3 44 1 1 44 40 4.58 1.30
1982 32 30 6 1 1 13 10 0 -- .565 847 195.2 215 20 59 3 8 146 0 2 90 79 3.63 1.40
1983 34 34 7 2 1 13 12 0 -- .520 1022 242.0 236 32 81 3 4 136 8 2 122 110 4.09 1.31
1984 PIT 32 32 6 1 2 12 11 0 -- .522 881 212.0 200 19 56 2 1 117 1 1 81 77 3.27 1.21
1985 STL 36 36 14 10 5 21 8 0 -- .724 1062 275.0 209 14 49 4 5 169 4 0 68 59 1.93 0.94
1986 30 30 3 0 0 13 7 0 -- .650 879 219.0 197 22 53 5 1 107 2 1 81 71 2.92 1.14
1987 16 16 0 0 0 10 2 0 -- .833 405 96.0 100 11 32 1 1 54 1 0 43 41 3.84 1.38
1988 21 21 4 1 2 6 5 0 -- .545 578 145.1 131 5 31 7 1 55 0 1 44 37 2.29 1.11
LAD 9 9 1 0 0 4 3 0 -- .571 216 52.1 58 5 10 0 0 32 0 2 16 14 2.41 1.30
'88計 30 30 5 1 2 10 8 0 -- .556 794 197.2 189 10 41 7 1 87 0 3 60 51 2.32 1.16
1989 6 3 0 0 0 0 0 0 -- ---- 62 14.1 17 1 6 0 0 9 0 0 5 5 3.14 1.60
1990 STL 25 22 1 1 0 12 4 0 -- .750 575 146.1 120 10 30 4 2 63 0 0 48 39 2.40 1.03
通算:12年 281 263 50 16 11 117 72 1 -- .619 7368 1797.0 1677 156 475 32 29 988 18 10 700 623 3.12 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

外部リンク[編集]

先代:
ロニー・スミス
ナ・リーグカムバック賞
1990年
次代:
テリー・ペンドルトン