マイク・イースラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイク・イースラー
Mike Easler
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州クリーブランド[1]
生年月日 1950年11月29日(63歳)
身長
体重
184 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 1969年 MLBドラフト14巡目
初出場 MLB / 1973年9月5日
NPB / 1988年5月19日
最終出場 MLB / 1987年10月4日
NPB / 1989年8月31日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

マイケル・アンソニー・”マイク”・イースラーMichael Anthony "Mike" Easler, 1950年11月29日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州クリーブランド[1]出身の元プロ野球選手外野手)。

来歴・人物[編集]

1969年MLBドラフト14巡目でヒューストン・アストロズに指名され契約[1]1973年9月5日の対シンシナティ・レッズ戦(アストロドーム)で、延長11回裏にスキップ・ジャッツの代打として出場しメジャーデビューを果たす。結果はピッチャーゴロに終わり、この試合の最後の打者となった。ピッツバーグ・パイレーツ時代の1980年にレギュラーに定着し、1981年にはMLBオールスターゲームに出場した[1]

メジャーでは実働14年で6球団を渡り歩いた。また、学生時代から「ザ・ヒットマン」の異名でも知られていた。

1988年シーズン途中、トニー・ブリューワブライアン・デイエットがことごとく怪我で戦線離脱し外国人助っ人選手が不足していた日本ハムファイターズに入団。5月19日に来日初打席初本塁打を記録した。同年は3番・田中幸雄、5番・大島康徳クリーンナップを組み、結局最終戦まで4番の座を明け渡すことなく打率.304、19本塁打(いずれもチームトップ)の成績を残し、当時貧弱だったファイターズ打線の中で気を吐き前年に続くAクラス入り(3位)に大きく貢献した。極端なアッパースイングでフォロースルーでバットをすくい上げる独特のフォームが話題となった[1]

1989年も開幕から主軸を打っていたが、高齢(当時38歳)と相次ぐ怪我に泣かされ出場機会も減り、最後は肋骨の亀裂骨折で戦線離脱したまま現役を引退[1]

引退後はミルウォーキー・ブルワーズボストン・レッドソックスセントルイス・カージナルスロサンゼルス・ドジャース傘下のAAA級ラスベガスなどで打撃コーチを務めた[1]2008年はロサンゼルス・ドジャースで打撃コーチを務めた。2011年ニューヨーク・メッツ傘下のAAA級バッファローで打撃コーチを務めた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]


















































O
P
S
1973 HOU 6 9 7 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 4 0 .000 .222 .000 .222
1974 15 15 15 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1 .067 .067 .067 .133
1975 5 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1976 CAL 21 59 54 6 13 1 1 0 16 4 1 1 1 2 2 1 0 11 1 .241 .259 .296 .555
1977 PIT 10 19 18 3 8 2 0 1 13 5 0 0 0 1 0 0 0 1 0 .444 .421 .722 1.143
1979 55 62 54 8 15 1 1 2 24 11 0 1 0 0 8 0 0 13 0 .278 .371 .444 .815
1980 132 445 393 66 133 27 3 21 229 74 5 9 0 9 43 6 0 65 7 .338 .396 .583 .978
1981 95 369 339 43 97 18 5 7 146 42 4 7 0 6 24 7 0 45 10 .286 .328 .431 .759
1982 142 526 475 52 131 27 2 15 207 58 1 1 1 4 40 12 6 85 11 .276 .337 .436 .773
1983 115 408 381 44 117 17 2 10 168 54 4 2 1 1 22 1 3 64 10 .307 .349 .441 .790
1984 BOS 156 666 601 87 188 31 5 27 310 91 1 1 1 2 58 4 4 134 8 .313 .376 .516 .892
1985 155 631 568 71 149 29 4 16 234 74 0 1 0 7 53 1 3 129 15 .262 .325 .412 .737
1986 NYY 146 546 490 64 148 26 2 14 220 78 3 2 2 5 49 13 0 87 17 .302 .362 .449 .811
1987 PHI 33 117 110 7 31 4 0 1 38 10 0 1 0 1 6 0 0 20 1 .282 .316 .345 .662
NYY 65 184 167 13 47 6 0 4 65 21 1 0 0 2 14 0 1 32 4 .281 .337 .389 .726
'87計 98 301 277 20 78 10 0 5 103 31 1 1 0 3 20 0 1 52 5 .282 .329 .372 .701
1988 日本ハム 97 403 355 47 108 20 1 19 187 58 1 0 0 3 44 7 1 69 10 .304 .380 .527 .906
1989 45 186 162 19 48 10 0 7 79 32 3 0 0 0 23 2 1 39 4 .296 .387 .488 .875
MLB:14年 1151 4061 3677 465 1078 189 25 118 1671 522 20 26 6 40 321 46 17 696 85 .293 .349 .454 .804
NPB:2年 142 589 517 66 156 30 1 26 266 90 4 0 0 3 67 9 2 108 14 .302 .382 .515 .897

記録[編集]

MLB
NPB
  • 初出場・初先発出場:1988年5月19日、対ロッテオリオンズ9回戦(川崎球場)、4番・指名打者として先発出場
  • 初打席・初安打・初打点・初本塁打:同上、1回表に小川博から左越2ラン ※史上23人目の初打席初本塁打

背番号[編集]

  • 22 (1973年 - 1975年、1992年)
  • 10 (1976年)
  • 24 (1977年、1979年 - 1983年)
  • 7 (1984年 - 1985年)
  • 17 (1986年 - 1987年)
  • 6 (1988年 - 1989年)
  • 45 (1993年 - 1994年)
  • 4 (2000年)
  • 19 (2001年)
  • 41 (2008年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、47ページ

外部リンク[編集]