ウォーキーン・アンドゥハー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォーキーン・アンドゥハー
Joaquin Andujah
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 サンペドロ・デ・マコリス
生年月日 1952年12月21日(61歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
180 lb =約81.6 kg
選手情報
投球・打席 右投両打
ポジション 投手
初出場 1976年4月8日
最終出場 1988年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ウォーキーン・アンドゥハーJoaquín Andújar , 1952年12月21日 - )はアメリカメジャーリーグで活躍した投手。右投両打(スイッチヒッター)。ドミニカ共和国出身。

人物・来歴[編集]

1969年に16歳でシンシナティ・レッズと契約したが、当時「Big Red Machine」と言われた最強チームではメジャーに昇格できず、チームがワールドシリーズ制覇を成し遂げた1975年10月ヒューストン・アストロズに移籍。 1976年4月8日にメジャー初登板。その年は28試合に登板(うち先発25)し、9勝10敗防御率3.60、完投9、完封4とまずまずの成績を残す。 11勝した1977年と12勝した1979年オールスター出場を果たすが、アストロズに在籍した5シーズンと少しで、2ケタ勝利はその2シーズンのみであった。広い本拠地アストロドームはピッチングには有利で、1981年までのアストロズ在籍中の被本塁打は9イニング平均で0.44本(1988年を含むと0.50本)であった。

1981年途中にセントルイス・カージナルスに移籍すると、素質が開花。移籍後は11試合の登板(うち先発8)で6勝をあげると、翌1982年には15勝10敗、防御率2.47の好成績でチームの地区優勝に貢献。 ナ・リーグチャンピオンシップシリーズ(対アトランタ・ブレーブス、当時は5回戦制)では、2連勝後の第3戦に先発して勝利投手となり、リーグ優勝を決める。 ミルウォーキー・ブルワーズとのワールドシリーズ(当時ブルワーズはア・リーグ所属)でも、第3戦に先発して勝利投手となり、3勝3敗で迎えた最終第7戦でも先発して勝利投手となり、ワールドシリーズ制覇に貢献した。 1983年は6勝16敗に終わるが、1984年はリーグ最多の20勝をあげ、5年ぶりにオールスターにも出場。 また、ゴールドグラブ賞カムバック賞も獲得して、最高のシーズンとなった。

1985年には、ピッツバーグ薬物裁判に関連してコカインの所持・服用が発覚し、出場停止処分を受ける(減俸処分を受けること、一定時間の社会奉仕活動を行うこと、抜き打ちの麻薬検査に応じ、再使用が認められた場合はより重い処分を受けるという条件をクリアし、処分は免除)。 それでも2年連続の20勝(21勝12敗)をあげて、チームの地区優勝・リーグ優勝に貢献。 カンザスシティ・ロイヤルズとのワールドシリーズでは、連勝後の第3戦に先発して敗戦投手となる。 チームは第4戦に勝って3勝1敗と王手をかけるが、第5戦に敗れ、第6戦も一塁塁審ドン・デンキンガーの「世紀の誤審」で敗れる。 第7戦はそのデンキンガーが球審となったが、序盤からロイヤルズ打線が爆発。 0-11と敗色濃厚となった5回にアンドゥハーが登板。 ストライクと思えた初球をデンキンガーが「ボール」と判定。 これに激昂した監督ホワイティ・ハーゾグが退場処分となり、アンドゥハーも2球目を投げた後に抗議して退場処分となる。 これによって1986年開幕から10試合(のちに5試合に短縮)出場停止処分を受けた。

チームはアンドゥハーをオークランド・アスレチックスに放出。 1986年は12勝7敗に終わる。 しかも、DH制があって、投手が打席に立たなくても良いア・リーグ所属にもかかわらず行った打撃練習で負傷し、投球フォームを崩す。 1987年は3勝に終わってアスレチックスを解雇され、1988年は古巣アストロズと契約するも2勝に終わり、解雇。 1989年には先発投手が手薄なモントリオール・エクスポズがスプリング・トレーニングに招待したが、契約には至らず、そのまま現役を引退した。

アスレチックス時代に打撃練習をしていたように打撃は好きで、通算7本塁打。1979年には、この年チームでも全体でもわずか23本塁打しか出なかった広い本拠地アストロドームで特大ホームランを打つ。


引退後は祖国ドミニカで運送業を営む。 また、野球の振興にも一役買い、ハリケーンの際には被災者に多額の援助を行った。

受賞歴・記録[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1976 HOU 28 25 9 4 1 9 10 0 -- .474 729 172.1 163 8 75 2 1 59 1 5 74 69 3.60 1.38
1977 26 25 4 1 1 11 8 0 -- .579 678 158.2 149 11 64 3 4 69 2 2 80 65 3.69 1.34
1978 35 13 2 0 0 5 7 1 -- .417 470 110.2 88 3 58 6 4 55 3 5 45 42 3.42 1.32
1979 46 23 8 0 1 12 12 4 -- .500 825 194.0 168 7 88 6 2 77 5 0 86 74 3.43 1.32
1980 35 14 0 0 0 3 8 2 -- .273 529 122.0 132 8 43 2 0 75 2 0 59 53 3.91 1.43
1981 9 3 0 0 0 2 3 0 -- .400 113 23.2 29 2 12 0 0 18 0 0 17 13 4.94 1.73
STL 11 8 1 0 1 6 1 0 -- .857 223 55.1 56 4 11 1 0 19 2 1 24 23 3.74 1.21
'81計 20 11 1 0 1 8 4 0 -- .667 336 79.0 85 6 23 1 0 37 2 1 41 36 4.10 1.37
1982 38 37 9 5 2 15 10 0 -- .600 1056 265.2 237 11 50 7 7 137 3 2 85 73 2.47 1.08
1983 39 34 5 2 2 6 16 1 -- .273 943 225.0 215 23 75 7 3 125 5 6 112 104 4.16 1.29
1984 36 36 12 4 1 20 14 0 -- .588 1052 261.1 218 20 70 13 7 147 6 4 104 97 3.34 1.10
1985 38 38 10 2 3 21 12 0 -- .636 1127 269.2 265 15 82 12 11 112 2 0 113 102 3.40 1.29
1986 OAK 28 26 7 1 0 12 7 1 -- .632 647 155.1 139 23 56 1 4 72 2 4 70 66 3.82 1.26
1987 13 13 1 0 0 3 5 0 -- .375 265 60.2 63 11 26 0 3 32 0 1 43 41 6.08 1.47
1988 HOU 23 10 0 0 0 2 5 0 -- .286 351 78.2 94 9 21 5 5 35 0 3 43 35 4.00 1.46
通算:13年 405 305 68 19 12 127 118 9 -- .518 9008 2153.0 2016 155 731 65 51 1032 33 33 955 857 3.58 1.28
  • 各年度の太字はリーグ最高


外部リンク[編集]