トード・ラムゼイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トーマス・ラムゼイThomas H. Ramsey, 1864年8月8日 - 1906年3月27日)は、19世紀のアメリカ合衆国の元メジャーリーグ選手。ポジションは主に投手。現役は6年間だけだったが、そのうち20勝以上を3回あげている。右投げ右打ち。

1886年1887年に、2年連続で30勝以上をあげた。特に1886年は完投66、投球回は588と2/3回にも及ぶ大車輪の活躍だった。さらにその年の奪三振499はメジャーリーグ史上2位の多さである。しかし1888年に8勝30敗と大きく負け越すと、翌年も4勝止まりと苦しむ。1890年に24勝して復活するが、その翌年以降メジャーリーグでの登板記録はない。

1906年インディアナ州インディアナポリスで死去(41歳)。

所属球団[編集]

生涯成績[編集]

248試合 114勝124敗 防御率3.29 1515奪三振

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

選手情報 Baseball-Reference