サイ・ヤング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイ・ヤング
Cy Young
Cy Young (1903).jpg
1903年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オハイオ州ギルモア
生年月日 1867年3月29日
没年月日 1955年11月4日(満88歳没)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1890年
初出場 1890年8月6日
最終出場 1911年10月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1937年
得票率 76.12%
選出方法 BBWAA選出
野球カード
1908年

デントン・トゥルー”サイ”・ヤングDenton True "Cy" Young, 1867年3月29日 - 1955年11月4日)は、アメリカ合衆国出身の野球選手投手)。ニックネームの「サイ」とは、「サイクロン(cyclone、竜巻)」を略したもので、彼の速球がサイクロンのようにうなりをあげていたことに由来する。

長身から放たれる速球とドロップを駆使し、歴代最多の通算511勝を挙げた(敗戦も歴代最多の316敗)。入団2年目の1891年から1909年まで19年連続で10勝以上を達成。そのうち20勝以上を16回、30勝以上5回記録している。1937年野球殿堂入り。

経歴[編集]

生い立ち[編集]

オハイオ州のギルモアに5人兄弟の長男として生まれた。ヤングは6学年までで学校に通うのをやめ、以降は両親の所有する農場を手伝っていたが、同じ頃に野球との出会いもあった。ヤングは父の励ましもあって農作業の合間を見てはピッチングの練習にいそしんだという。そのうちヤングは自分でチームを作ったりしながら野球の腕を上げ、1884年頃にはオハイオのセミプロチームに参加するようになっていた。

妻ルバ・ミラーとの結婚を期に野球で生計を立てようと決意したヤングは、1890年にトライステート・リーグのカントン球団に参加、15勝15敗の成績をあげた後、同じ年にクリーブランド・スパイダースと契約した。

スパイダーズ時代[編集]

23歳の初年度は9勝7敗の成績だったが、2年目の1891年には27勝を上げ、3年目1892年には36勝12敗、リーグ最優秀防御率となる1.93を記録し、その豪腕ぶりが知られるようになった。

4年目の1893年に投手-本塁間の距離が60フィート6インチに広げられるルール改訂があり、ヤングの防御率も3点台まで落ち込んだ。しかしヤングはその後も年50試合前後、投球回にして400イニング以上を毎年故障もなく投げ続けた。投手-本塁間の距離が延びた1893年でさえ34勝16敗の成績を上げ、1895年には3度目の30勝に到達し2度目の最多勝利投手となる。1896年には28勝とリーグ最多の140奪三振を記録、1897年にはノーヒッターを達成するなど、1898年までのスパイダーズ在籍時に20勝を挙げられなかったのは最初の1年目だけという活躍ぶりだった。

セントルイスからボストンへ[編集]

1899年セントルイスに移るが、これはナショナルリーグの優勝を手にしたいスパイダーズのオーナー達が、セントルイス・ブラウンズの経営に参画し、スパイダーズの主力選手達をセントルイスに集めたためである。ヤングは1899年も26勝を挙げて期待に応えたが、1900年はシーズン中に相手野手と衝突し肋骨を打撲する怪我を負ったため、勝ち星も19勝にとどまった。

1901年、ヤングは32歳になっていたが、この年創設されたアメリカンリーグのボストン・アメリカンズから誘いを受ける。当時、ナリーグでは選手年俸の上限が2,400ドルだったが、3,000ドルを上回る条件を提示し、結局移籍を決断しボストンへ移ることになった[1]

新興のリーグに参加した1901年から1904年頃までのヤングの成績は特に目を見張るものがあった。1901年から1903年まで3年続けてリーグ最多勝利投手となり、ナショナルリーグとの間に初めて行われたワールドシリーズでも2勝をあげて、チームをシリーズ制覇に導いた。

1904年5月5日のフィラデルフィア・アスレチックス戦で、アメリカンリーグ最初の完全試合を達成し、観客がフィールドへなだれ込み、ヤングを肩車にして担ぎ上げた[1]。完全試合は当時史上3人目で、投手-本塁間が60フィート6インチになってからは初めての記録だった。この37歳での完全試合達成は最高齢記録で、100年後の2004年ランディ・ジョンソンが40歳で達成し、更新した。また、この完全試合以後、ヤングはアスレチックスに対し、連続24イニングで1本の安打も許さなかった。またこの年は連続45イニング無失点という記録も作っている。ボストンには40歳を過ぎた1908年まで在籍したが、40歳を超えた1907年と1908年でさえ、それぞれ21勝と1点台の防御率を記録している。

1908年6月30日、ニューヨーク・ハイランダース(現ヤンキース)を相手に、完全試合を含め自身3度目のノーヒッターを達成した。41歳での達成はノーラン・ライアンに更新されるまで82年間、MLB最高齢記録だった[2]。同年8月13日に「サイ・ヤング・デー」が催され、オールスターチームを組み、ヤングの在籍するレッドソックスと対戦するエキシビジョンゲームが行われた[3]

クリーブランド移籍から引退後[編集]

1909年にヤングは12,500ドルの移籍金とともにクリーブランド・ナップスへ移籍する。ヤングは42歳になっていたが、ここでも19勝15敗、防御率2.26の成績を残す。その後は登板回数が減り、1911年に45歳で現役を退いた。

引退後はしばらく自分の農場を営んだりしていたが、1934年に妻が亡くなり農場を売り払った後は、あまり経済的にも恵まれていなかったという。1937年に記者投票によりアメリカ野球殿堂入りするが、その頃にはオハイオで小売店の従業員をしていたそうである。1955年に冠状動脈閉塞症のため88歳で死去。

現役時代は大きな怪我もほとんどない選手で多大な登板数にもかかわらず肩や肘に痛みを感じたことは一度もなかったと言う。 当時は短命で終わる投手が多い中でも高年齢まで第一線で活躍し続け数々の投手記録を作り、今でもメジャー記録としてその記録が残る。歴代最多勝利投手かつ最多敗戦投手であるが、最多敗戦の方でギネス世界記録に認定された[4]。打者としても優秀で1896年には.289で3本塁打。1898年の4月20日には1試合2本塁打。1903年には.321を記録した。通算で18本の本塁打、盗塁を29個記録している。ヤングの死の翌年1956年に、彼の業績を称えてフォード・フリックコミッショナーが、シーズンの最優秀投手を表彰するサイ・ヤング賞を制定した[5]。また、ベーブ・ルースが自伝で好きな選手にヤングをあげるなど当時の選手達からも人気があった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]










































W
H
I
P
1890 CLS 17 16 0 9 7 0 .563 147.2 145 6 30 8 39 7 0 87 57 3.47 1.19
1891 55 43 0 27 22 2 .551 423.2 431 4 140 10 147 12 0 244 134 2.85 1.35
1892 53 48 9 36 12 0 .750 453.0 363 8 118 8 168 13 0 158 97 1.93 1.06
1893 53 42 1 34 16 1 .680 422.2 442 10 103 10 102 14 0 230 158 3.36 1.29
1894 52 44 2 26 21 1 .553 408.2 488 19 106 6 108 4 0 265 179 3.94 1.45
1895 47 36 4 35 10 0 .778 369.2 363 10 75 8 121 6 0 177 134 3.26 1.18
1896 51 42 5 28 15 3 .651 414.1 477 7 62 10 140 10 0 214 149 3.24 1.30
1897 46 35 2 21 19 0 .525 335.2 391 7 49 9 88 14 0 189 141 3.78 1.31
1898 46 40 1 25 13 0 .658 377.2 387 6 41 9 101 9 0 167 106 2.53 1.13
1899 STL 44 40 4 26 16 1 .619 369.1 368 10 44 6 111 1 1 173 106 2.58 1.12
1900 41 32 4 19 19 0 .500 321.1 337 7 36 3 115 7 1 144 107 3.00 1.16
1901 BOS 43 38 5 33 10 0 .767 371.1 324 6 37 7 158 2 0 112 67 1.62 0.97
1902 45 41 3 32 11 0 .744 384.2 350 6 53 13 160 3 0 136 92 2.15 1.05
1903 40 34 7 28 9 2 .757 341.2 294 6 37 9 176 5 0 115 79 2.08 0.97
1904 43 40 10 26 16 1 .619 380.0 327 6 29 4 200 4 0 104 83 1.97 0.94
1905 38 31 4 18 19 0 .486 320.2 248 3 30 8 210 6 0 99 65 1.82 0.87
1906 39 28 0 13 21 2 .382 287.2 288 3 25 8 140 5 1 137 102 3.19 1.09
1907 43 33 6 21 15 2 .583 343.1 286 3 51 7 147 6 0 101 76 1.99 0.98
1908 36 30 3 21 11 2 .656 299.0 230 1 37 1 150 4 0 68 42 1.26 0.89
1909 CLN 35 30 3 19 15 0 .559 294.1 267 4 59 8 109 6 0 110 74 2.26 1.11
1910 21 14 1 7 10 0 .412 163.1 149 0 27 4 58 7 0 62 46 2.53 1.08
1911 7 4 0 3 4 0 .429 46.1 54 2 13 1 20 1 0 28 20 3.88 2.03
BSB 11 8 2 4 5 0 .444 80.0 83 4 15 3 35 5 0 47 33 3.71 1.23
通算:22年 906 749 76 511 316 17 .618 7356.0 7092 138 1217 161 2803 156 3 3167 2147 2.63 1.13
  • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はMLB記録。

監督としての戦績[編集]

※順位は年度最終順位

















1907 BOS AL 6 3 3 .500 7 選手兼任
通算成績 6 3 3 .500

タイトル・表彰[編集]

記録[編集]

1904年5月5日フィラデルフィア・アスレチックス
1897年シンシナティ・レッズ
1908年6月30日ニューヨーク・ハイランダーズ

脚注[編集]

  1. ^ a b 上田龍 「1901~08年 サイ・ヤング/新興リーグを圧巻したサイクロン」『ボストン・レッドソックス完全観戦ガイド 週刊ベースボール別冊夏季号』 ベースボールマガジン社、2007年、雑誌 20449-7/5、90 - 91頁。
  2. ^ Wulf, Steve (1991年5月13日). “Heaven For Seven” (英語). SI Vault. 2010年3月16日閲覧。
  3. ^ Andy Dabilis, Nick Tsiotos (September 2004). The 1903 World Series: The Boston Americans, the Pittsburg Pirates, and the "First Championship of the United States". United States: McFarland & Company. pp. p. 180. ISBN 9780786418404. http://books.google.com/books?id=3XN3uUV_V-sC&pg=PA180&dq#v=onepage&q=&f=false. 
  4. ^ Most games lost by a pitcher in a Major League Baseball career” (英語). Guinness World Records. 2014年3月6日閲覧。
  5. ^ Cy Young Award” (英語). Baseball Almanac. 2010年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]