柳賢振

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
柳賢振
各種表記
ハングル 류현진
発音: リュヒョンジン
ローマ字 Ryu Hyun-Jin
テンプレートを表示
柳 賢振 (リュ・ヒョンジン)
Hyun-Jin Ryu
ロサンゼルス・ドジャース #99
Hyun-Jin Ryu 2013.jpg
2013年
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 仁川広域市
生年月日 1987年3月25日(27歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
255 lb =約115.7 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 KBO2次ドラフト
初出場 KBO / 2006年4月12日
MLB / 2013年4月2日
年俸 $ 6,000,000(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
五輪 2008年
WBC 2009年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

柳 賢振(リュ・ヒョンジン、1987年3月25日 - )は、大韓民国仁川広域市出身のプロ野球選手投手)。左投げ右打ち。MLBロサンゼルス・ドジャースに所属している。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校時代にトミー・ジョン手術を受け、宣銅烈2世と呼ばれた韓基周(ハン・ギジュ)の影に隠れていた。仁川出身で出身校である東山高校も仁川所在だったため、SKワイバーンズが優先的に指名できた。しかし当時捕手の補強に重点を置いたSK球団のスカウト陣の判断で1次ドラフトでSKに指名されず、2次ドラフトでハンファ・イーグルスの指名を受けた。入団の時は韓基周の方にメディアの関心が集中され、契約金も韓基周の4分の1くらいであった。入団後インタビューで柳は「韓基周ばかり注目されていて悔しい。俺の目標は韓基周よりいい成績を残して新人王を獲得すること」と発言した[1]。韓基周は故障により2009年以降低迷するなど、プロ入り後の実績には大きな差がついている。

ハンファ時代[編集]

2006年は高卒ルーキーの1年目でありながら、最多勝利、最優秀防御率、最多奪三振の投手三冠を独占し、韓国プロ野球史上初めて新人王とMVPを同時受賞した。このような圧倒的なパフォーマンスで「怪物投手」という異名をとった。

2007年も17勝をあげ、最多奪三振のタイトルを獲得し、チームのポストシーズン進出に貢献。2年目のジンクスという言葉とは無縁な活躍ぶりを続けた。メディアデーの記者会見では、同じ左腕で1学年下の新人金廣鉉(キム・グァンヒョン)に「頭を使えればもっといい投手になれる」と指摘され[2]、それ以降韓国国内では金廣鉉としばしば比較の対象になることがある。しかし、金廣鉉のプロ1年目の成績が柳賢振の新人の時の実績にはるかに及ばなかったため、金廣鉉は「まだ実績もないのに口だけ先走っている」と批判された。

2008年北京オリンピック韓国代表として出場。予選リーグで強豪として評されたカナダ戦、決勝のキューバ戦で先発し、いずれも勝利投手となった。内容的にも17回1/3を投げて自責点2とほぼ完璧で、2勝0敗、防御率1.04という好成績を残した。もともとポストシーズンや国際試合でやや苦戦する傾向があり、国内リーグのレギュラーシーズン向きではないかとみられることがあったが、国際試合での不安が払拭された。そして韓国チームの金メダル獲得で兵役を免除された。

2009年第2回WBC韓国代表に選出され、1次ラウンド初戦のチャイニーズタイペイ戦で先発し、4回途中まで無失点に抑え勝利に貢献。1次ラウンド順位決定戦の日本戦では3番手としてリリーフ登板しチームの完封勝利に貢献。しかし2次ラウンド初戦のメキシコ戦では3回途中にエイドリアン・ゴンザレスの打球を足に受け降板。その後は先発することはなく、2次ラウンド順位決定戦の日本戦などでリリーフ登板したのみだった。大会通じて1勝0敗、防御率2.57の成績を残した。レギュラーシーズンではチームが最下位に低迷したこともあり、勝ち数は伸びなかったが13勝をあげた他、2年ぶりに最多奪三振のタイトルを獲得した。

2010年は最下位争いを続けたチームで孤軍奮闘し、一時期は自身2度目の投手3冠王になるかと騒がれた。しかしシーズン終盤になって故障により戦線離脱し、16勝どまりで最多勝は金廣鉉に譲ってしまい、最優秀防御率、最多奪三振の2冠にとどまった。5月23日のSK戦では金廣鉉との直接対決が実現するかに思われたが、不運にも雨天中止となった。

2011年6月には通算1000奪三振を達成。だが故障で長期離脱したことが響き、11勝に終わったものの、6年連続2ケタ勝利を記録しチーム最多勝となった。オフにはスコット・ボラスと代理人契約を結んでいたことが報じられた。

2012年は打線の援護を得られず自己最少の9勝に終わったが、歴代最多タイとなる5度目の最多奪三振タイトルを獲得した。

10月末、ポスティングシステムを行使して一定額の入札があった場合のみメジャー移籍を認める方針を球団が発表。メジャーリーグ8球団競合の末、ロサンゼルス・ドジャースが約2573万ドルで落札したと発表され、交渉期限の12月9日(米国時間)に6年総額3600万ドル+出来高で契約。これにより、韓国プロ野球から直接メジャーリーグに移籍した初の韓国人選手となった。MLB移籍が決まったことで第3回WBC韓国代表は辞退した。

ドジャース時代[編集]

2013年4月2日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦でメジャー初先発、6回1/3を10安打、3失点、5奪三振で初黒星を喫する。4月7日のピッツバーグ・パイレーツ戦でメジャー初勝利。5月28日のロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャー初完封。公式戦では14勝を記録。10月14日に行われた、セントルイス・カージナルスとのリーグチャンピオンシップシリーズ第3戦では、7回を3安打無失点に抑えて韓国人初のポストシーズン勝利投手となった。

2014年は開幕ロースター入りしたが、5月2日に左肩の故障で15日間の故障者リスト入りした[3]。5月21日に復帰[4]

選手としての特徴[編集]

スリークォーターから繰り出される最速154km/h[5]、常時145km/h[6]フォーシームと、同じ腕の振りから投げるチェンジアップ、落差のあるカーブスライダーを投げ分け、韓国で最多奪三振5回と奪三振が多い。特にチェンジアップへの評価は高く[7]、メジャーリーグ全球団の監督を対象にした2013年の部門別ベスト選手アンケートではナショナルリーグのチェンジアップ部門2位に入っている[8]

プロ入り当初は速球カーブを中心とした投球だったが、具臺晟からチェンジアップを教わりレパートリーに加える[9]

ボールを投げる時以外はすべて右利きとして生活しているため[10]、左投げ右打ちで登録されている。打撃センスが抜群で東山高校時代はエース兼4番打者として活躍したが[11]、韓国プロ野球では指名打者制度を採択しているため、ハンファ時代には打席に入る機会がなかった。

人物[編集]

母国での人気が高く、2013年ギャラップ調査では「韓国人が好きなスポーツスター」1位に選ばれた[12]

憧れの選手は野茂英雄ランディ・ジョンソンという[13][14]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]








































W
H
I
P
2006 ハンファ 30 18 6 2.23 1 6 1 201.2 159 57 50 11 52 2 204 9.13 1.05
2007 30 17 7 2.94 0 6 1 211.0 195 74 69 15 68 3 178 7.59 1.25
2008 26 14 7 3.31 0 2 1 165.2 144 66 61 12 67 1 143 7.77 1.27
2009 28 13 12 3.57 0 4 2 189.1 180 80 75 19 67 2 188 8.94 1.30
2010 25 16 4 1.82 0 5 3 192.2 149 42 39 11 45 9 187 8.74 1.01
2011 24 11 7 3.36 0 3 0 126.0 101 54 47 12 38 1 128 9.14 1.10
2012 27 9 9 2.66 0 1 0 182.2 153 58 54 12 46 5 210 10.35 1.09
2013 LAD 30 14 8 3.00 0 2 1 192.0 182 67 64 15 49 1 154 7.22 1.20
KBO:7年 190 98 52 2.80 1 27 8 1269.0 1081 431 395 92 383 23 1238 8.78 1.17
MLB:1年 30 14 8 3.00 0 2 1 192.0 182 67 64 15 49 1 154 7.22 1.20
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル・表彰[編集]

KBO
  • 最多奪三振:5回 (2006年、2007年、2009年、2010年、2012年)
  • 最優秀防御率:2回 (2006年、2010年)
  • 最多勝利:1回 (2006年)
  • 新人王 (2006年)
  • MVP:1回 (2006年)
  • ゴールデングラブ賞:2回 (2006年、2010年)

記録[編集]

KBO
  • 歴代新人最多勝:18勝 (2006年)
  • 投手三冠王:1回 (2006年)
  • 史上初の新人王とMVP同時受賞 (2006年)
  • 史上初の3年連続完投1位 (2009年 - 2011年)
  • 29試合連続クオリティ・スタート韓国新記録達成 (2009年8月19日 - 2010年8月17日)
  • 最年少MVP (19歳)
  • 最年少通算1000奪三振 (24歳)
  • 7年連続KBOオールスターゲーム出場 (2006年 - 2012年)
MLB

背番号[編集]

  • 99 (2006年 - )

脚注[編集]

  1. ^ http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=kbo&ctg=news&mod=read&office_id=076&article_id=0000028913 スポーツ朝鮮
  2. ^ 柳賢振VS金廣鉉 joy news24 2007年4月4日閲覧。
  3. ^ “Dodgers recall Figgins and Dominguez”. MLB.com Dodgers Press Release. (2014年5月2日). http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140502&content_id=74085318&vkey=pr_la&c_id=la 2014年5月3日閲覧。 
  4. ^ “Dodgers Reinstate Ryu, Option Withrow to Triple-A”. MLB.com Dodgers Press Release. (2014年5月21日). http://losangeles.dodgers.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20140521&content_id=76270392&vkey=pr_la&c_id=la 2014年5月22日閲覧。 
  5. ^ http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=kbo&ctg=news&mod=read&office_id=001&article_id=0001742846 naver news
  6. ^ http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=mlb&ctg=news&mod=read&office_id=100&article_id=0000087863 naver news
  7. ^ Hyun-Jin Ryu Scouting Report, Baseball america. 2013年6月20日閲覧。
  8. ^ チェンジアップNL2位 中央日報
  9. ^ http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=mlb&ctg=news&mod=read&office_id=380&article_id=0000000486 naver柳賢振の日記
  10. ^ 柳賢振は右利き 中央日報
  11. ^ 柳賢振は東山高校4番打者daum sports news
  12. ^ 韓国人が好きなスポーツスター1位 中央日報
  13. ^ 柳賢振、憧れの野茂と同じ道を歩む 中央日報
  14. ^ http://sports.news.naver.com/sports/index.nhn?category=worldbaseball&ctg=news&mod=read&office_id=380&article_id=0000000523 naver news

関連項目[編集]

外部リンク[編集]