ジョシュ・リンドブロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョシュ・リンドブロム
Josh Lindblom
ロッテ・ジャイアンツ
IMG 9767 Josh Lindblom.jpg
ロサンゼルス・ドジャース時代(2011年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 インディアナ州ラファイエット
生年月日 1987年6月15日(27歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
240 lb =約108.9 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 救援投手
プロ入り 2008年 ドラフト2巡目(全体61位)でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 MLB/ 2011年6月1日
年俸 $900,000(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョシュア・ウィリアム・リンドブロムJoshua William "Josh" Lindblom , 1987年6月15日 - )は、アメリカ合衆国インディアナ州ラファイエット出身のプロ野球選手投手)。右投右打。KBOロッテ・ジャイアンツ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2005年MLBドラフト3巡目(全体104位)でヒューストン・アストロズから指名されたが、契約せずにテネシー大学へ進学。2007年からはパデュー大学でプレーした[1]

ドジャース時代[編集]

2008年MLBドラフト2巡目(全体61位)でロサンゼルス・ドジャースから指名され、6月20日に契約。A級グレートレイクス・ルーンズで8試合に登板し、防御率1.86と好投したため、8月にAA級ジャクソンビル・サンズへ昇格。AA級では1試合に登板した。

2009年はAA級チャタヌーガ・ルックアウツで14試合に登板し、3勝5敗、防御率4.71だった。7月にAAA級アルバカーキ・アイソトープスへ昇格。AAA級では20試合に登板し、3勝0敗1セーブ、防御率2.54だった。

2010年はAAA級アルバカーキで40試合に登板し、3勝2敗、防御率6.54だった。

2011年はAA級チャタヌーガで開幕を迎えた。5月29日にケンリー・ジャンセンが故障者リスト入りしたため、ドジャースとメジャー契約を結び[2]6月1日コロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。3点ビハインドの7回表から登板し、2安打無失点に抑えた。昇格後はリリーフとして8試合に登板したが、6月18日にジャンセンが故障者リストから復帰したため、AA級へ降格した[3]。7月29日にメジャーへ再昇格[4]。リリーフに定着したが、8月24日に故障者リスト入りしていたジャンセンが復帰したため、AA級へ降格した[5]。8月31日にマット・ガリアーが父親産休リスト入りしたため、再昇格した[6]。この年は27試合に登板し、1勝0敗、防御率2.73だった。

2012年は開幕からリリーフとして定着し、48試合に登板。2勝2敗、防御率3.02だった。

フィリーズ時代[編集]

2012年7月31日シェーン・ビクトリーノとの1対2のトレードで、イーサン・マーティンと共にフィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[7]。移籍後は26試合に登板し、1勝3敗1セーブ、防御率4.63だった。2球団合計では74試合に登板し、3勝5敗1セーブ、防御率3.02だった。

レンジャース時代[編集]

2012年12月9日マイケル・ヤングとのトレードで、リサルベルト・ボニーヤと共にテキサス・レンジャーズへ移籍した[8]

2013年2月20日にレンジャーズと1年契約に合意[9]。3月30日にAAA級ラウンドロック・エクスプレスへ異動し[10]、開幕をAAA級で迎えた。5月20日にデレク・ロウが不調でDFAとなったためメジャーへ昇格し[11]、同日のオークランド・アスレチックス戦に先発としてメジャー初登板を果たしたが、4.2回を7安打4失点で敗戦投手となり、5月21日にAAA級へ降格した[12]。6月9日に再昇格[13]。その後は3試合に登板したが勝利に貢献することはできず、6月21日に再びAAA級へ降格した[14]。7月1日にカイル・マクレランが不調でDFAとなったため再昇格し[15]、リリーフとして3試合に登板。いずれの試合も無失点に抑え、7月10日のボルチモア・オリオールズ戦から先発に復帰したが、5.1回を9安打6失点と打ち込まれ、7月11日にAAA級へ降格した[16]。この年はメジャーデビュー以来初めての一桁登板となる8試合の登板にとどまり、1勝3敗、防御率5.46だった。

アスレチックス時代[編集]

2013年12月3日マイケル・チョイスとのトレードで、クレイグ・ジェントリーと共にオークランド・アスレチックスに移籍した[17]

2014年はスプリングトレーニングに参加したが、6試合に登板し、0勝2敗、防御率4.02と結果を残せず、3月23日にAAA級サクラメント・リバーキャッツへ異動し[18]、開幕をAAA級で迎えた。開幕直後の4月2日にダブルヘッダーで登録枠が拡大したため再昇格し[19]、同日のクリーブランド・インディアンス戦・2試合目に先発として起用され、翌日にAAA級へ降格した。9月29日に再昇格したが、出場機会はなく、結局この年は1試合の登板にとどまった。AAA級では17試合に登板し、4勝3敗、防御率5.79だった。オフの11月28日にDFAとなった[20]

韓国球界時代[編集]

2014年12月8日にウェーバーでピッツバーグ・パイレーツへ移籍した[21]が、12月12日にDFAとなった[22]。12月15日に韓国野球委員会ロッテ・ジャイアンツと85万ドル(契約金5万ドル)の1年契約を結んだ[23]

投球スタイル[編集]

90~94マイルのフォーシームツーシーム、82~86マイルのスライダーの3つが主要な球種。この3つで全投球の約9割を占める。その他には、チェンジアップカーブも投げる[24]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2011 LAD 27 0 0 0 0 1 0 0 3 1.000 116 29.2 21 0 10 3 2 28 3 0 9 9 2.73 1.05
2012 48 0 0 0 0 2 2 0 15 .500 197 47.2 42 9 18 0 3 43 1 0 16 16 3.02 1.26
PHI 26 0 0 0 0 1 3 1 7 .250 107 23.1 19 4 17 2 1 27 1 0 15 12 4.63 1.54
'12計 74 0 0 0 0 3 5 1 22 .375 304 71.0 61 13 35 2 4 70 2 0 31 28 3.55 1.35
2013 TEX 8 5 0 0 0 1 3 0 0 .250 137 31.1 35 4 11 2 0 21 2 0 19 19 5.46 1.47
通算:3年 109 5 0 0 0 5 8 1 25 .385 557 132.0 117 17 56 7 6 119 7 0 59 56 3.82 1.31
  • 2014年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ Homeward Bound
  2. ^ Ken Gurnick (2011年5月30日). “Jansen lands on DL; Dodgers call up Lindblom”. MLB.com. 2014年12月15日閲覧。
  3. ^ Jansen activated from DL; Lindblom optioned”. MLB.com (2011年6月19日). 2014年12月15日閲覧。
  4. ^ Lindblom earns trip back to Los Angeles”. MLB.com (2011年7月30日). 2014年12月15日閲覧。
  5. ^ Jansen activated; Gordon nearing return”. MLB.com (2011年8月25日). 2014年12月15日閲覧。
  6. ^ Lindblom recalled; Gordon set to return”. MLB.com (2011年9月1日). 2014年12月15日閲覧。
  7. ^ Phillies trade Victorino to Dodgers for Lindblom, Martin”. MLB.com Phillies Press Release (2012年7月31日). 2014年12月15日閲覧。
  8. ^ Rangers acquire pitchers Lindblom and Bonilla”. MLB.com Rangers Press Release (2012年12月10日). 2014年12月15日閲覧。
  9. ^ All 40 players on Major League roster are under contract for 2013”. MLB.com Rangers Press Release (2013年2月21日). 2014年12月15日閲覧。
  10. ^ Texas Rangers finalize 2013 Opening Day roster”. MLB.com Rangers Press Release (2013年3月30日). 2014年12月15日閲覧。
  11. ^ Rangers recall Josh Lindblom; Derek Lowe designated for assignment”. MLB.com Rangers Press Release (2013年5月20日). 2014年12月15日閲覧。
  12. ^ Rangers reinstate Pierzynski from DL; purchase contract of LHP Cotts”. MLB.com Rangers Press Release (2013年5月21日). 2014年12月15日閲覧。
  13. ^ Rangers place Ogando on DL; Recall Lindblom from Round Rock”. MLB.com Rangers Press Release (2013年6月9日). 2014年12月15日閲覧。
  14. ^ Texas Rangers Activate 1B Mitch Moreland; Option RHP Josh Lindblom”. MLB.com Rangers Press Release (2013年6月22日). 2014年12月15日閲覧。
  15. ^ Rangers Recall RHP Josh Lindblom”. MLB.com Rangers Press Release (2013年7月2日). 2014年12月15日閲覧。
  16. ^ Rangers place RHP Yu Darvish on 15-Day Disabled List; option RHP Josh Lindblom”. MLB.com Rangers Press Release (2013年7月12日). 2014年12月15日閲覧。
  17. ^ A's Acquire OF Craig Gentry and RHP Josh Lindblom from Texas”. MLB.com A's Press Release (2013年12月3日). 2014年12月15日閲覧。
  18. ^ A's option Freiman, Leon and Lindblom to Triple-A Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年3月23日). 2014年12月15日閲覧。
  19. ^ A's Recall RHP Josh Lindblom from Triple-A Sacramento”. MLB.com A's Press Release (2014年4月3日). 2014年12月15日閲覧。
  20. ^ A's trade third baseman Donaldson to Toronto”. MLB.com A's Press Release (2014年11月29日). 2014年12月15日閲覧。
  21. ^ Pirates claim pitcher Josh Lindblom off waivers from Oakland”. MLB.com Pirates Press Release (2014年12月8日). 2014年12月15日閲覧。
  22. ^ Radhames Liz signs one-year deal with the Pirates”. MLB.com Pirates Press Release (2014年12月12日). 2014年12月15日閲覧。
  23. ^ 롯데, 외국인 투수 조쉬 린드블럼 영입”. Lotte Giants (2014年12月15日). 2014年12月15日閲覧。
  24. ^ Brooks Baseball · Home of the PitchFX Tool - Player Card: Josh Lindblom

外部リンク[編集]