トミー・ボンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トミー・ボンド
Tommy Bond
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
出身地 ロングフォード州グラナード
生年月日 1856年4月2日
没年月日 1941年1月24日(満84歳没)
身長
体重
5' 7.5" =約171.5 cm
160 lb =約72.6 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
初出場 1874年5月5日
最終出場 1884年8月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

トミー・ボンド(Thomas Henry Bond, 1856年4月2日 - 1941年1月24日)は、1870-1880年代に活躍したアメリカメジャーリーグ野球選手投手)。アイルランドロングフォード州生まれ。1877年にメジャーリーグ初、ナショナルリーグ初最多勝最多奪三振最優秀防御率投手三冠を獲得した。

経歴[編集]

1874年に、当時のナショナル・アソシエーションに参加していたブルックリンのアトランティック・クラブに所属、投手として55試合に登板したが、成績は22勝32敗で、敗戦数、失点数、自責点、被本塁打の4つの部門でリーグ最多を記録する。翌1875年からはハートフォード・ダークブルースに所属、チームがナショナルリーグに加盟した1876年と2年間在籍し、その間2年続けて防御率1点台の好投をみせた。

投手としてのピークはハートフォードからボストン・レッドキャップスに移った1877年からの3年間で、1877年と1878年に2年続けて40勝を記録、またこの2年間の奪三振数もそれぞれ170,182とリーグ最多となり、ボストンの両年のナショナルリーグ優勝に貢献した。さらに、1877年はメジャーリーグ初となる40勝、防御率2.11、奪三振170での投手三冠王

1879年にはリーグ最優秀防御率とともに11の完封勝ち(リーグ最多)を記録するなど、ナショナルリーグ設立当初のボストンの主力投手として1880年まで活躍したが、怪我の影響か翌年以後は年に数試合に出場するだけにとどまった。

1883年は丸1年ナショナルリーグではプレーせず、投手として本格的に復帰したのは1884年のことだった。この年ユニオン・アソシエーションのボストン・レッズから23試合に登板し13勝9敗、シーズン中にアメリカン・アソシエーションのインディアナに移って5試合に投げるが、インディアナでは勝ち星を挙げられず、同年8月にインディアナから放出されると、以後選手として試合に出場することはなかった。

以後1885年にはナショナルリーグで17試合、1891年にはアメリカン・アソシエーションで1試合審判として出場した記録が残っている。1941年にボストンで死去。ナショナルリーグ初年度(1876年)に出場した選手の中では、最後まで存命した選手でもあった。

通算成績[編集]

投手成績[編集]
































W
H
I
P
417 408 3628.2 234 42 163 0 879 3767 51 198 2* 80* 932 2.31 1.09

打撃成績[編集]

獲得タイトル・記録[編集]

監督としての戦績[編集]



















1882 WOR NL 6 2 4 .333 9位 7月11日7月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]