李宅根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
李 宅根
Lee Taek-Keun
ネクセンヒーローズ #29
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 釜山直轄市
生年月日 1980年7月10日(34歳)
身長
体重
183 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2002年 KBO二次ドラフト
初出場 2003年4月2日
年俸 7億ウォン(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗大韓民国
五輪 2008年
WBC 2009年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

李 宅根(イ・テックン、り たくこん、ハングル이택근1980年7月10日 - )は、大韓民国釜山直轄市(現:釜山広域市)出身のプロ野球選手外野手)。右投げ右打ち。韓国プロ野球ネクセンヒーローズに所属している。

来歴・人物[編集]

プロ入り前[編集]

慶南商業高校時代から将来性・即戦力ともに評価が高く、高校生捕手としてスカウトから目をつけられていたが、高麗大学校へ進学。1年生時にはオーストラリアで開催されたIBAFインターコンチネンタルカップに出場。 2001年IBAFワールドカップ台湾主催)や翌2002年には大学野球世界一を決める世界大学野球選手権大会イタリア主催)にも代表に選出された。

同年の2次ドラフトで指名され、現代ユニコーンズに入団した。

プロ入り後[編集]

1年目からユニコーンズにとって貴重な捕手外野との控えとして、101試合出場、打率.278など堅実な働きを見せた。2、3年目は試合出場は減ったが、それでも3年目は規定打席未満でありながら、.331の高打率を残す。

入団時のポジションは捕手だったが、チームは絶対的な正捕手の金東洙がいて、レギュラー取りのチャンスを得ることはできなかった。元々、打力と俊足があり、主砲の沈正洙がFAで三星ライオンズに移籍したため、2006年より外野手にコンバート。シーズンはライトに定着し、初めて規定打席に到達し。リーグ2位の.322の打率を記録するとともに、ゴールデングラブ賞を初受賞。

2008年4月24日起亜戦で7打席連続(4安打・3四球)で出塁しプロ野球最多出塁記録を樹立。ムラが少ない打撃技術を買われて、北京オリンピック野球韓国代表に抜擢された。代表チームでは外野の控えメンバーとして主に代走として起用される場面が多かったが、初戦の対アメリカ合衆国戦で9回の裏、代走で出場。相手投手の牽制悪送球を誘い、三塁まで進んだ後、李鍾旭の外野フライでサヨナラの得点を挙げた。

2009年第2回WBC韓国代表にも抜擢された。大会中は、代走や守備固めとしての起用が多くこれといった活躍はなかった。

シーズンは4年連続3割を残し、自身初となる40盗塁以上を記録し、さらなる成長を遂げた。同年12月、資金難のヒーローズは25億ウォンに無名選手2名をつけてもらい、彼をLGツインズへと交換トレードをすることにした。しかしヒーローズのKBOへの加入金をめぐる問題などもあり、一時このトレードの承認は留保されたが、加入金問題の解決もあって同月末移籍が承認された。

2010年は、チームの主力の李大炯が自身と同じセンターであったため、DHで出場する方針となった。シーズン開幕後間もなく腰痛で戦線を離脱。5月25日に復帰し、DHからレフトファーストで起用されることに。不慣れな守備位置で打率も2割序盤台と攻守とも苦戦。しかし夏場以降は復調し、6年連続3割をマーク。2011年も故障で苦しみ、出場試合数が減少した。そのためオフにFA(フリーエージェント)を行使し、11月20日、古巣ネクセンヒーローズと契約期間4年の大型契約を結び復帰した。

2012年はLG時代から続く故障がシーズン後半に再発し、3年連続で出場試合数が100を下回った。2013年は4年ぶりに100試合以上に出場し、二塁打31本はリーグ最多と活躍した。

エピソード[編集]

  • 2007年シーズンを最後に現代ユニコーンズ解散のあと、保有権がヒーローズに継承され、ヒーローズ所属に。主力選手への大幅な年俸削減が続き、選手との間で軋轢まで見せたヒーローズ球団だったが、彼はその被害を受けていない数少ない選手の一人であった。しかし今後も活躍を続けた場合、2009年までメインスポンサーがなく経営が苦しいヒーローズが2億ウォン以上の高年俸を負担しきれなくなる上に、オリンピックやWBCでの活躍で日本の球団が興味を示すことでFA宣言して日本の球団に移籍してしまったらKBOの規約に定められた「国内の球団に移籍する時に払われる補償金」をもらえなくなると判断され、結局2009年12月LGツインズへ金銭と無名の2軍選手との引き換えにトレードされた。だが2011年オフFAでヒーローズに復帰した。
  • 後輩への面倒見が良い選手。2008年北京五輪中も、「自分の睡眠を後にして、風邪をひかないようにボイラーが回っているか確認してくれた。」と李容圭が語った。
  • 2010年ごろ、女性タレントとの交際が公になっていたこともある。しかしその後破局し、2013年1月、日本人と韓国人の間に生まれた女性と日本で挙式することが報じられた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
2003 現代 101 212 26 59 11 0 4 17 2 3 24 35 3 5 .278 .342 .387 .729
2004 41 57 9 12 1 0 2 8 0 2 7 11 1 1 .211 .297 .333 .630
2005 71 139 20 46 9 0 2 14 2 1 27 22 1 4 .331 .432 .439 .871
2006 118 419 58 135 21 1 9 66 8 6 54 51 6 2 .322 .389 .446 .835
2007 116 438 74 137 15 1 11 56 6 1 50 41 10 5 .313 .378 .427 .805
2008 ヒーローズ 110 372 59 118 19 1 12 58 18 6 52 44 10 6 .317 .397 .470 .867
2009 123 456 84 142 26 0 15 66 43 8 77 59 13 5 .311 .378 .408 .875
2010 LG 91 337 66 102 17 1 14 50 14 6 42 55 10 6 .303 .377 .484 .861
2011 85 317 44 94 17 0 4 29 10 6 43 45 9 4 .297 .377 .388 .765
2012 ネクセン 94 345 54 95 20 1 8 55 13 8 34 30 10 1 .275 .340 .409 .749
2013 123 477 73 137 31 1 9 66 29 8 46 58 15 5 .287 .350 .413 .763
通算成績:11年 1073 3569 567 1077 187 7 90 485 145 55 456 451 88 44 .302 .381 .434 .815
  • 太字はリーグ最高

タイトル[編集]

  • ゴールデングラブ賞:2回(2006、2009年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]