鄭根宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鄭 根宇
Jeong Keun-Woo
ハンファ・イーグルス #8
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 釜山広域市
生年月日 1982年10月2日(31歳)
身長
体重
174 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2005年
初出場 2005年4月2日
年俸 7億ウォン(2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 韓国の旗 大韓民国
五輪 2008年
WBC 2009年2013年
オリンピック
男子 野球
2008 野球

鄭 根宇(チョン・グヌ、정근우,1982年10月2日 - )は、ハンファ・イーグルスに所属するプロ野球選手内野手)。韓国釜山広域市出身。

経歴[編集]

高麗大学校卒業後、2005年SKワイバーンズに入団、1年目は打率.193と低迷。2006年に120試合に出場、45盗塁を記録。二塁でのゴールデングラブ賞を受賞し、セカンドのレギュラーに定着。同年11-12月のアジア大会でプロ入り後韓国代表に初選出された。これらの活躍により、主に1番打者として起用される。2007年2008年ともに3割をマークし、野手としてSKの韓国シリーズ2連覇に貢献した。

近年国際大会の韓国代表の常連となり、2008年北京オリンピック野球韓国代表としては予選リーグのカナダ戦でマイク・ジョンソンから決勝本塁打を打ち、準決勝の日本戦では7回裏3四球で勝負を避けられていた李大浩の代走として出場し、李晋暎のタイムリーヒットで1塁から快足を飛ばして一気に同点のホームを踏むなどの活躍。五輪での成績は打率.310・1本塁打・5得点だった。

2009年第2回WBC韓国代表ではセカンドとして起用されたが、守備に難があるため、守備力のある高永民との併用だった。10回ウラ2死で打順が回り三振を喫したため、優勝した瞬間を報道されるたびに彼が三振している姿が確認できる。

2009年の韓国プロ野球公式戦では、自身初の53盗塁を記録。自己最高の成績を残し、1番打者として安定した活躍を見せた。12月11日には二塁手部門で3年ぶり2度目のゴールデングラブ賞を受賞。

2010年は、日替わりでスタメンを変えるSKの下、彼は例外的に1番セカンドで固定された。シーズン終了後、2010年アジア競技大会に代表選手として出場。パキスタン戦は、体調不良のため欠場したが、それ以外の試合では2番セカンドで出場。チーム最多の4得点を挙げ、打率.563と攻守に渡ってチームの優勝に貢献。

2011年は夏場に脇腹痛で約2か月間戦線を離脱し、2005年以来6年ぶりに出場試合数が100を切ってしまった。2012年は6年ぶりに打率が3割を切ったが2年ぶりに規定打席に達し、ポストシーズン・プレーオフではMVPを受賞する活躍を見せた。

2013年第3回WBC韓国代表でも、前大会同様セカンドとして適用されたが、台湾戦での走塁死がたたり、1次ラウンドで敗退となってしまった。同年11月、初のFA権取得で行使し、ハンファ・イーグルスへ4年契約で移籍した。

プレースタイル・人物[編集]

上背はないが身体能力が高く、走攻守ともに積極的で思い切りの良さが特徴の選手。

打撃面は甘い球は見逃さない反面、来た球に対応するスタイルのせいか緩急を駆使する投球をやや苦手としている。明らかなボール球もバットが出てしまうことが打撃面での短所だが、四球は比較的多め。ただ、韓国では少ないファウルで粘れる選手のため、三振は少ない。

ランナーとしては、余裕があると判断すれば迷うことなく次の塁を狙い、打ち損じでも自慢の足で内野安打になることも少なくない。比較的走塁面は、積極的な結果は良好で、毎年多くの得点を残している。一方、盗塁数に対して盗塁の成功率が低い。盗塁面は走塁面と比べるとそれほど高い評価を受けてはいない。

守りの野球を展開するSKにとって「付け入る隙」ともいえる存在。守備での特徴は、肩の強さは標準程度だが失策が多く、捕球・スローイングとも不安定。俊足で、打球に追い付くが動作や判断を中心に課題を残す。平凡なゴロやイージーフライを後逸・落球することもたびたび発生するが、近年は克服傾向にある。

2013年度シーズン終了後に取得するFA権について、読売ジャイアンツへの移籍を希望する発言をしていたが[1]、実際は韓国のハンファ・イーグルスへ移籍した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
2005 S

K
52 88 11 17 2 0 0 5 19 4 2 8 13 3 7 .193 .236 .216 .452
2006 120 430 69 122 19 4 8 42 173 45 10 40 60 3 8 .284 .333 .402 .735
2007 111 341 62 110 24 2 9 44 165 24 10 41 44 6 20 .323 .386 .484 .870
2008 124 491 73 154 20 4 8 58 206 40 20 49 53 9 15 .314 .369 .420 .789
2009 127 480 98 168 29 4 9 59 232 53 13 78 55 8 16 .350 .441 .483 .924
2010 128 485 75 148 25 2 2 48 183 33 13 55 51 9 13 .305 .376 .377 .753
2011 90 326 60 100 19 0 6 40 137 20 9 42 37 10 4 .307 .386 .420 .806
2012 127 467 53 124 13 4 8 46 169 22 12 53 33 10 9 .266 .340 .362 .702
2013 112 407 64 114 19 3 9 35 166 28 11 57 48 6 6 .280 .369 .408 .777
通 算 991 3515 565 1057 170 23 59 377 1450 269 100 423 394 64 98 .301 .376 .413 .789
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル[編集]

KBO

記録[編集]

  • 連続シーズン20盗塁以上:9年(2006年 - 更新中) ※KBO記録[2]

    背番号[編集]

    • 8(2005 - )

    脚注[編集]

    1. ^ 巨人入り熱望 WBC韓国代表二塁手・鄭根宇「一度ぜひ、ジャイアンツで」”. スポニチ Sponichi Annex (2013年2月14日). 2013年3月12日閲覧。
    2. ^ 週刊ベースボール2014年8月18日号101ページ</rer>

      背番号[編集]

      • 8(2005 - )

      脚注[編集]

      <references></references>

      関連項目[編集]

      外部リンク[編集]

    関連項目[編集]

    外部リンク[編集]