リッキー・ロメロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッキー・ロメロ
Ricky Romero
トロント・ブルージェイズ(マイナー)
Toronto Blue Jays starting pitcher Ricky Romero (24).jpg
2011年6月4日
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州イーストロサンゼルス
生年月日 1984年11月6日(30歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
225 lb =約102.1 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 MLBドラフト1巡目(全体6位)
初出場 2009年4月9日
年俸 $5,250,000(2012年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リカルド・ロメロ・ジュニア: Ricardo "Ricky" Romero, Jr., 1984年11月6日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州イーストロサンゼルス出身の野球選手(投手)。MLBトロント・ブルージェイズ傘下所属。左投右打。

経歴[編集]

カリフォルニア州イーストロサンゼルスメキシコ移民の家系に生まれる[2]。地元のガーフィールド高校(Garfield High School)に3年間通った後、ロサンゼルスのセオドア・ルーズベルト高校(Theodore Roosevelt High School)に転校。最終学年時には12勝1敗、防御率0.53、162奪三振を記録。高校卒業後、カリフォルニア州立大学フラトン校に進学。2004年2005年にはチームのエースとして2年間で27勝を上げ、カレッジ・ワールドシリーズ連覇に貢献。全米学生選抜にも選ばれている。

2005年のMLBドラフトでは、トロント・ブルージェイズトロイ・トゥロウィツキー遊撃手(現コロラド・ロッキーズ)の指名を見送り[3]、投手ではトップ指名となる全体6位(1巡目)でロメロを指名。翌2006年にはブルージェイズのナンバー2プロスペクトにランクインする。しかし、その後しばらく2Aで伸び悩み、2007年にトゥロウィツキーがロッキーズで大活躍をした際には、トゥロウィツキーの指名を見送りロメロを指名した球団に非難の声も上がった[3]。 当時のGMであったJ・P・リッチアーディも「スポーツ・イラストレイテッド」誌の記事の中でロメロの指名は失敗であったとコメントし、それはロメロに強い衝撃を与えた。ロメロはその記事を切り抜いて自らのロッカーに入れ、不調に苦しんでいるときであってもその記事を読み、いつか見返してやろうと自らを発奮させた。[4]

2008年後半から成績が向上。2009年開幕前には、ダスティン・マゴワンショーン・マーカムの故障とA.J.バーネットの移籍で枠が空いたため、ロメロが先発ローテーションの一員に抜擢された。4月9日デトロイト・タイガース戦で、史上初となるリック・ポーセロとのドラフト1位デビュー戦対決を制してメジャー初勝利。その後腹筋を傷めて1ヶ月間故障者リスト(DL)入りするが、5月末に復帰。エースのロイ・ハラデイに次ぐ先発2番手の地位を確保した。8月2日オークランド・アスレチックス戦でシーズン10勝目を挙げる[5]。その後は失速したが、最終的にハラデイに次いでチーム2位、MLBのルーキー全体でもリック・ポーセロ(14勝)に次いで2位タイ[6]となる13勝を挙げた。

2010年8月14日2011年から5年総額3010万ドル(6年目の2016年は1300万ドルの球団オプション)で契約を延長した[7]。チームの先発陣でただ1人、1度も登板を回避することなくローテーションを守り、前年を上回る14勝をマークした。防御率WHIP奪三振なども前年より向上し、先発陣の柱としての地位を確たるものにした。

2011年には自身初のオールスターに出場。自己最多の15勝と初の防御率2点台を達成した。しかし、FIPは4点であり、不安定な投球内容ではあった。

2012年は6月22日時点で8勝1敗だったが、そこから絶不調に陥り、球団史上ワーストの13連敗を喫する。防御率5.77はMLBの規定投球回数到達者で最下位、与四球105、WHIP1.67はリーグワーストだった。

選手としての特徴[編集]

90マイル台前半の伸びのある速球と鋭く落ちるチェンジアップを軸にする投球スタイルは、ヨハン・サンタナニューヨーク・メッツ)を彷彿とさせる[3]。ロメロが決め球としているチェンジアップは古典的なサークルチェンジの握りであるが、通常のサークルチェンジのようには変化せず、右打者から見て外に逃げていくように落ちる。すなわち、スクリューもしくはスプリッターに近い軌道であり、フェルナンド・バレンズエラ(元ロサンゼルス・ドジャース)のスクリューに近いとされる。対戦した打者の中には、ロメロのチェンジアップをスクリュー、スプリッターと錯覚する選手もいる。その球筋から、左投手でありながら対右打者を得意としている[8]

カーブの評価も非常に高く、10年の全投手の中でロメロのカーブの被打率は2位、空振り率は3位、被WH率も12位で、カーブを603球投げたものの被本塁打されたのは1球のみと相手打者にとって非常に捉えるのは難しい変化球となっている[9]

ゴロを打たせて取るピッチングが持ち味で、2009年のGB/FB(ゴロ/フライの割合)1.25はリーグ1位。打たせた併殺打30もリーグ最多だった[10]。2010年もGB/FB1.26(リーグ5位)、併殺打25(同4位)を記録している。

「大舞台でのプレッシャーを楽しんでいる」という強心臓ぶりを持ち合わせ、チームの連敗ストッパーとなることが多い[3]。捕手のロッド・バラハスも、ロメロの度胸を誉めていた[5]

一方で、課題は速球の制球力である[5]。速球のコントロールが定まらない時には四球から自滅することが多い。また、2010年は暴投が急増し、前半戦の18登板で15個の暴投を記録。後半戦は14登板で3暴投と改善したが、合計18暴投はリーグ最多だった[11]2012年シーズンも、オールスター前までは順調に勝ち星を重ねていったが、7月27日レッドソックス戦の黒星以降、9月24日オリオールズ戦で勝ち星を挙げるまでの約2か月間、先発ローテーション入りを保っていたものの白星から遠ざかっていた。前述のカーブも空振り率は高いもののストライク率は低く、制球の改善が成績向上のポイントとなる。

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2009 TOR 29 29 0 0 0 13 9 0 0 .591 771 178.0 192 18 79 0 10 141 6 1 88 85 4.30 1.52
2010 32 32 3 1 0 14 9 0 0 .609 882 210.0 189 15 82 3 8 174 18 1 98 87 3.73 1.29
2011 32 32 4 2 0 15 11 0 0 .577 917 225.0 176 26 80 2 14 178 9 1 85 73 2.92 1.14
2012 32 32 1 0 0 9 14 0 0 .391 829 181.0 198 21 105 1 10 124 8 0 122 116 5.77 1.67
2013 4 2 0 0 0 0 2 0 0 .000 40 7.1 11 2 8 0 1 5 1 0 9 9 11.05 2.59
通算:5年 129 127 8 3 0 51 45 0 0 .531 3439 801.1 766 82 354 6 43 622 42 3 402 370 4.16 1.40
  • 2013年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

脚注[編集]

  1. ^ Ricky Romero Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2014年3月5日閲覧。
  2. ^ Rosie DiManno(2011-03-31), Jays’ Ricky Romero goes from draft ‘bust’ to staff ace, Toronto Star(英語), 2011年3月31日閲覧
  3. ^ a b c d 「TEAM REPORT & ALL INDIVIDUAL STATS」 『月刊スラッガー』2009年9月号、日本スポーツ企画出版社、2009年、雑誌15509-9、67頁
  4. ^ Gregor Chisholm(2011-03-11), Romero given Blue Jays' Opening Day nod, bluejays.com(英語), 2011年3月12日閲覧
  5. ^ a b c Blue Jays' Romero looks award worthy bluejays.com(英語),2009年8月3日閲覧
  6. ^ MLB Player Pitching Stats - 2009
  7. ^ Glenn Rabney,2010年8月14日Jays, Romero agree to five-year extension,bluejays.com(英語),2010年8月16日閲覧
  8. ^ Romero's change and the Jays' chances ESPN(英語),2009年8月2日閲覧
  9. ^ 「2010-2011MLB投手白書」 『月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌15509-2、18頁
  10. ^ 「トロント・ブルージェイズ」 『月刊スラッガー』2010年4月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、雑誌1550947、19頁
  11. ^ Ricky Romero 2010 Pitching Splits - Baseball-Reference.com

外部リンク[編集]