ダニエル・リオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・リオス
Daniel Rios
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 マドリード州マドリード
生年月日 1972年11月11日(41歳)
身長
体重
187 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1993年
初出場 MLB / 1997年5月30日
KBO / 2002年
NPB / 2008年4月1日
最終出場 MLB / 1998年5月2日
KBO / 2007年10月3日
NPB / 2008年6月1日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ダニエル・リオスDaniel Rios , 1972年11月11日 - )は、スペイン出身のプロ野球選手投手)。

来歴[編集]

アメリカ時代[編集]

両親はキューバ人であり、スペインに生まれた。2歳の時にアメリカ合衆国へ移住。

1993年に、マイアミ大学からニューヨーク・ヤンキースに入団し、マイナーリーグで中継ぎとして活躍。1997年5月20日、メジャーデビューするも、この年のオフに解雇。

その後、カンザスシティ・ロイヤルズに入団し、先発に転向。メジャーで5試合投げるも、1999年オフに解雇。

2000年2001年は、メキシカンリーグ独立リーグでのプレーを経て、2002年韓国プロ野球起亜タイガースに入団した。

韓国時代[編集]

2002年

球団は本人を抑えとして使う予定だったが、抑えとしては防御率が高くシーズン中盤以後に先発に回された。先発転向後に好投を披露して、入団1年目で14勝13セーブの好成績をあげている。

2003年

シーズン当初から先発ローテーションに定着。勝敗は10勝13敗と落ち込んだものの、韓国プロ野球では史上初となる、外国人投手による2年連続二桁勝利を達成した。

2004年

17勝をあげ、最多勝のタイトルを裵英洙(三星)、ゲーリー・ラス(斗山)と分け合い、シーズンでは大活躍した。ポストシーズンゲームでは、斗山ベアーズとの準プレーオフで第1戦に先発登板。ラスとの投げ合いになったが、2回2/3で被本塁打2本を含めて6失点。敗戦投手となり、期待を裏切った。チームは準プレイオフで敗退している。

2005年

過去3年間の好調が一転し、前半戦は不振だった。7月の時点で6勝10敗と期待を裏切り、チームが最下位に低迷する原因のひとつとなった。7月に若手左腕全炳斗らとトレードされ、斗山ベアーズへ移籍した。斗山に移籍後に調子を取り戻し、マット・ランデルの2本柱で斗山の投手陣を引っ張った。移籍後に9勝をあげ、最終的にシーズンを15勝12敗で終えた。また147奪三振は、裵英洙と並ぶ最多であり、斗山の韓国シリーズ進出に貢献した。プレーオフでは1勝をあげるも、韓国シリーズでは2敗。シリーズ敗退の原因の一つにあげられた。

2006年

韓国プロ野球の外国人投手では初となる、5年目のシーズンを迎えた。この年は12勝16敗と負け越し、チームもポストシーズン進出に失敗している。

2007年

8月30日の現代戦で、韓国プロ野球の外国人選手で初の20勝をあげた。その後も2勝を加え、最終的には1990年宣銅烈以来、17年ぶりとなる22勝をマークした。先発登板のみで22勝をあげたのは、韓国プロ野球元年の1982年OBベアーズの朴哲淳以来、25年ぶりの快挙であった。また、10月3日の現代戦では、あわや完全試合という投球で斗山のプレーオフ進出を決めている。22勝5敗、防御率2.07の好成績が評価され、シーズンMVP、最優秀防御率、最優秀勝率、ゴールデングラブ賞などタイトルを総なめにした。また、6年連続二桁勝利で韓国プロ野球通算90勝となり、外国人投手通算最多勝の記録を更新した。

オフに斗山側は年俸80万ドルの契約を提示したが、リオス側は保留。残留交渉は決裂し、斗山の所有名簿からはずれた。一時オリックスが獲得に意欲を示していたが、12月25日東京ヤクルトスワローズと1年契約年俸95万ドル(約1億830万円)、及び一定の成績を残せば2年目の契約が自動更新となるオプション付き(2年総額は最大で380万ドル(約4億3300万円)程度の見込み)で合意し、日本でプレーすることになった。

日本時代[編集]

2008年

オープン戦から不安定ながら先発ローテーションに定着する。一方で、後述のようにボークに苦しめられている。4月12日の対巨人戦で来日初勝利をあげた。

しかし、6月28日、禁止薬物(ハイドロキシスタノゾロール)使用が発覚した。前例の二名の違反者(リック・ガトームソン及びルイス・ゴンザレス)とは異なり禁止薬物(ハイドロキシスタノゾロール)との事実を知りながら使用していた。同日から1年間の出場停止処分が科された。これに関してヤクルト球団は、リオスとの契約を解除することを発表した。リオス本人は「昨年末に背中や腰の治療ために注射したことなどが陽性反応を示した原因ではないかと思う」と主張し、異議申し立てについては弁護士と話し合って決めるとした[1] [2]7月14日に自由契約選手公示された。最悪の形で期待を裏切ってしまい、ファン等から「球団史上最も活躍しなかった助っ人」として話題になってしまった。

人物[編集]

  • レギュラーシーズンの活躍に比較すると、ポストシーズンの試合を苦にする傾向が見られる。2006年までのポストシーズンの成績は1勝4敗で、上述の通り所属チームの敗退の原因のひとつにあげられることが多い。レギュラーシーズンで22勝と好成績をあげた2007年は、プレーオフと韓国シリーズの第1戦に先発して2勝をあげたが、韓国シリーズの第4戦では4失点で、金廣鉉との投げあいに敗れている。
  • 2005年に起亜を退団した際、起亜がリオスの代わりに獲得したのは、2007年にヤクルトに在籍したセス・グライシンガーであり、日韓で入れ違いが続いている。
  • リオスの両親はキューバ出身だが、本人はスペインで生まれている。2歳の時にアメリカに移住し、大学はアメリカのマイアミ大学に入学した。母国語に加え韓国語を勉強しており、韓国プロ野球時代はチームメイトと韓国語で会話していた。3ヶ国語を操るうえに、経済書を愛読するという。
  • チームの通訳曰く、スペイン語・韓国語・英語の他に日本語にも堪能だという。
  • 来日後は日本野球そのものよりも、国際試合対策からの、機械的ともいえるボークのジャッジに苦しみ、期待に沿った成績をあげられなかった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 NYY 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 19 2.1 9 3 2 0 1 1 0 0 5 5 19.29 4.71
1998 KC 5 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 38 7.1 9 1 6 0 1 6 1 0 8 5 6.14 2.05
2002 起亜 54 13 3 0 -- 14 5 13 1 .737 662 157.2 140 14 44 2 24 102 5 0 59 55 3.14 1.17
2003 30 30 2 0 -- 10 13 0 0 .435 820 188.2 186 19 62 1 28 121 5 0 93 80 3.82 1.31
2004 32 32 3 2 -- 17 8 0 0 .680 932 222.2 209 10 70 1 25 145 3 0 75 71 2.87 1.25
2005 19 19 2 0 -- 6 10 0 0 .375 508 113.2 140 17 35 0 14 71 3 1 72 66 5.23 1.54
斗山 13 13 1 0 -- 9 2 0 0 .818 348 91.2 63 3 22 0 3 76 1 0 16 14 1.37 0.93
'05計 32 32 3 0 -- 15 12 0 0 .556 856 205.1 203 20 57 0 17 147 4 1 88 80 3.51 1.27
2006 34 33 4 1 -- 12 16 0 0 .429 945 233.0 204 14 49 1 15 145 8 0 86 75 2.90 1.09
2007 33 33 6 4 1 22 5 0 0 .815 947 234.2 191 8 58 2 16 147 5 0 69 54 2.07 1.06
2008 ヤクルト 11 11 0 0 0 2 7 0 0 .222 300 64.1 80 7 26 0 5 37 2 2 48 39 5.46 1.65
MLB:2年 7 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 57 9.2 18 4 8 0 2 7 1 0 13 10 9.31 2.69
KBO:6年 215 173 21 7 -- 90 59 13 1 .604 5162 1242.0 1133 85 340 7 125 807 30 1 470 415 3.01 1.19
NPB:1年 11 11 0 0 0 2 7 0 0 .222 300 64.1 80 7 26 0 5 37 2 2 48 39 5.46 1.65
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

KBO
  • 最優秀防御率:1回(2007年)
  • 最多勝:2回(2004年、2007年)
  • 最多奪三振:1回(2005年)

表彰[編集]

KBO

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 52 (1997年)
  • 63 (1997年)
  • 51 (1998年)
  • 59 (2002年 - 2005年)
  • 45 (2005年 - 2006年)
  • 27 (2007年)
  • 34 (2008年)

脚注[編集]

  1. ^ ヤクルト・リオスが禁止薬物使用か 日刊スポーツ 2008年6月28日閲覧
  2. ^ リオス選手について ヤクルトスワローズニュースリリース

関連項目[編集]

外部リンク[編集]