張鍾勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
張鍾勲(チャン・ジョンフン)
Chang Jong-Hoon
ハンファ・イーグルス 1軍打撃コーチ
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 忠清北道永同郡
生年月日 1968年4月10日(46歳)
身長
体重
185 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手一塁手
プロ入り 1986年 ドラフト外でビングレ・イーグルスに入団
初出場 1987年
最終出場 2005年9月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴


張 鍾勲(ちょう しょうくん、チャン・ジョンフン、ハングル장종훈1968年4月10日 - )はピングレ・イーグルス、ハンファ・イーグルスに在籍していた元プロ野球選手。ポジションは初期は遊撃手、その後は一塁手指名打者

経歴[編集]

1986年、世光高校からテスト生として入団。
当時の韓国プロ野球は、高校時代からスター選手として頭角を現して、大学・社会人時代にアマチュアの国家代表としての経歴を積んでプロ入りした者でなければ、一軍の枠入りすらままならなかった。高校時代からまったくの無名だったので、大学にも進学できず、プロからの掛け声もなかったが、高校卒業の時、年俸360万ウォン(当時のレートで約50万円)のテスト生としてビングレに入団した。

今の日本プロ野球で言えば、育成選手と同じ扱いだったが、そこで持ち前のパンチ力を見つけられ、1年目から一軍に昇格して打率2割7分、8本塁打を記録。翌年2けたの12本、1988年は18本の本塁打を記録してチームの韓国シリーズ進出に貢献。二遊間コンビといえば、小柄で器用な選手がほとんどだった当時、長打力を備えたショートとして注目を集める。

しかし、守備では動きが硬く、打球処理に不安を持って失策が多かった。1989年のヘテ・タイガースとの韓国シリーズでは初戦をものにしたものの、第2戦で1回に4点を先制して迎えた2回の守備で彼のエラーがきっかけで試合をひっくり返され、そのままシリーズの流れをヘテによこしてしまったのは、彼の守備力に対する印象を決定付けるものだった。

1990年は28本で最多本塁打のタイトルを獲得、期待された巨砲としての素質を開花。しかし、シーズン終盤は故障で出場できなかった。この故障をきっかけにポジションを負担の多いショートから打撃の専念できる一塁手および指名打者に転換。翌年の1991年は35本塁打、114打点でともにシーズン韓国記録を樹立。韓国プロ野球でシーズン100打点を記録した最初の選手だった。この成績を認められ、この年最優秀選手に選ばれた。長良川球場で行われた日韓スーパーゲームの第5戦で場外ホームランを放った。これは長良川球場が出来て初めてのことだった。

1992年はさらに記録を伸ばし韓国初のシーズン40本塁打と119打点で自分の持っていた記録を更新。2年連続最優秀選手に。

しかし、1993年のシーズン序盤、走塁途中で野手とぶつかり手首を骨折、97試合出場に止まると、翌年も故障で76試合しか出場できず、成績はさらに悪化した。1995年は22ホームランで復活したが、それ以降は成績が浮沈を繰り返し隔年選手のような働きぶりだった。
それでも、コンスタントに本塁打を記録して、2002年まで15年連続二ケタ本塁打の記録を樹立。これは現在も梁埈赫と並ぶ韓国記録である。1999年はダン・ローマイヤー、ジェイ・デイビスとともにクリーンナップを形成して、主砲としてチーム初の韓国シリーズ優勝に貢献。最終戦のなる第5戦で犠牲フライで決勝点をあげた。

2005年まで19年に掛けてチームの中心として後輩たちを率いながら、通算340本の本塁打を記録したが、これは梁埈赫2009年5月に通算341本の新記録を更新するまで韓国プロ野球通算最多記録であった。実働19年も引退当時までは韓国最長記録であり、2011年シーズン終了時で韓国プロ野球の歴史上八人しかいない。そのうち一人はチームメイトだった宋津宇(ソン・ジヌ)で、2008年で韓国プロ野球初の実働20年を記録して、張の記録を塗り替えた(2009年に引退)。なお、捕手では朴勍完が2011年シーズン終了時で実働21年と、史上最長記録となっている。

2005年シーズン限りで現役引退。大学、社会人、プロのどこからも呼んでくれなかったテスト生から始まって、アマチュア時代からエリートの道を歩んできた他の選手を抜き、通算打撃記録に関する数々の韓国プロ野球記録を残したため、韓国では彼の選手時代を「練習生神話」と呼ぶ。19年に渡る選手生活で残した数多くの功績を称えるため、チームは2005年9月15日に行われた彼の引退試合を無料でファンに開放。満員のファンが押し寄せて、彼の最後の花道を惜しみながら祝ってくれた。そして背番号35はチーム史上初の永久欠番となった。

引退後は2軍打撃コーチとしてチームに残り、若手の育成に力を注いだ。2008年から1軍打撃コーチに昇格。金泰均(キム・テギュン)、(イ・ボムホ、2011年より起亜)など、自身が引退した後のチームを支えた主砲たちを指導した。

2012年福岡ソフトバンクホークスの2軍・3軍の打撃コーチとなり、日本で研修を受けた。2013年よりハンファの1軍打撃コーチに復帰。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]









































O
P
S
1987


94 281 24 76 15 0 8 34 1 6 30 9 62 4 26 .270 .359 .409 .768
1988 108 344 53 83 20 4 12 57 3 1 43 10 95 1 21 .241 .343 .427 .770
1989 112 256 49 65 11 0 18 46 6 4 33 7 55 3 13 .254 .355 .508 .863
1990 120 411 73 119 15 3 28 91 8 7 69 11 84 3 15 .290 .405 .545 .950
1991 126 464 104 160 24 4 35 114 21 11 76 15 88 12 1 .345 .452 .640 1.092
1992 125 431 106 129 28 2 41 119 13 5 106 13 99 5 3 .299 .451 .659 1.110
1993 97 339 58 100 21 0 17 58 12 2 58 9 68 4 4 .295 .411 .507 .918
1994


79 243 33 65 11 3 10 34 5 1 36 2 60 1 3 .267 .367 .461 .828
1995 126 420 77 137 25 4 22 78 8 9 68 6 63 10 6 .326 .427 .562 .989
1996 90 289 50 77 18 0 15 57 8 4 37 11 63 2 5 .266 .371 .484 .855
1997 121 427 74 125 27 1 22 76 15 8 63 4 76 9 8 .293 .389 .515 .904
1998 118 437 60 120 17 1 17 66 3 5 41 7 69 13 8 .275 .346 .435 .781
1999 126 465 80 132 31 2 27 86 4 4 54 8 93 11 3 .284 .368 .533 .901
2000 127 447 66 118 19 0 28 81 1 3 52 11 114 15 0 .264 .355 .494 .849
2001 120 366 54 100 16 0 15 54 11 4 45 4 87 7 3 .273 .359 .440 .799
2002 101 302 38 75 15 0 12 42 2 2 24 2 88 1 4 .248 .308 .417 .725
2003 83 206 21 50 8 1 6 24 1 3 21 2 56 5 0 .243 .319 .379 .698
2004 70 153 21 39 10 0 6 27 0 1 10 0 31 4 0 .255 .301 .438 .739
2005 7 11 1 1 0 0 1 1 0 0 0 0 3 0 0 .091 .091 .364 .455
通算:19年 1950 6292 1043 1771 331 25 340 1145 122 80 866 131 1354 110 123 .281 .380 .504 .884
  • 太字はリーグ最高

獲得タイトル・受賞経歴[編集]

  • MVP-2回(1991、1992)
  • 最高出塁率-1回(1995)
  • 最多本塁打-3回(1990、1991、1992)
  • 最多打点-3回(1990、1991、1992)
  • ゴールデングラブ賞-5回
    遊撃手(1988、1990)、指名打者(1991)、一塁手(1992、1995)