カリーム・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリーム・ガルシア
Karim Garcia
基本情報
国籍 メキシコの旗 メキシコ
出身地 ソノラ州シウダ・オブレゴン
生年月日 1975年10月29日(38歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1992年 アマチュアFA
初出場 MLB / 1995年9月2日
NPB / 2005年3月26日
KBO / 2008年3月29日
最終出場 MLB / 2004年8月24日
NPB / 2006年9月27日
KBO / 2011年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2006年2009年2013年

グスタボ・カリーム・ガルシアGustavo Karim Garcia, 1975年10月29日 - )は、メキシコ出身のプロ野球選手外野手)。

世界記録の2試合連続1試合3本塁打を記録した強肩強打の外野手。もともとは200m走の選手だったため走塁も積極的で優れている。

経歴[編集]

1992年ロサンゼルス・ドジャースと契約し、1995年9月2日にメジャーデビュー。メジャー実働10年間で通算488試合に出場、打率.241、66本塁打、212打点

1998年には新球団アリゾナ・ダイヤモンドバックスでプレーし、開幕戦でチーム第1号の本塁打を放つ。1999年から在籍したデトロイト・タイガースでは、2000年に移籍してきた野茂英雄とチームメイトに(ただし、同年途中で移籍)。

2003年ニューヨーク・ヤンキース松井秀喜とともにプレーした。同年のボストン・レッドソックスとのアメリカンリーグ優勝決定シリーズで、敵地の球団職員と乱闘事件を起こした。また、ペドロ・マルティネス危険球を投げられて激昂した。

2004年ニューヨーク・メッツに移籍し松井稼頭央とはチームメートだったが、同年7月にボルチモア・オリオールズトレードされた。

2005年オリックス・バファローズに入団。合併球団の外国人選手第1号だった。5月まで本塁打が1本しか出ず、二軍落ちを経験したものの、再昇格後は一転、チーム最多の21本塁打を放った。8月10日、翌11日(対楽天戦)で1試合3本塁打を記録し、2試合連続1試合3本塁打の世界記録を達成、これが決め手となり8月の月間MVPを受賞した。シーズンオフの契約更改では交渉は難航したものの、最終的には年俸ダウンで和解し、チームに残留した。

2006年WBCメキシコ代表に選ばれ、途中故障するまで1番打者として活躍した(3試合出場、打率.429)。しかし、シーズンに入ると不振に陥り、交流戦の時は1番を任されるケースも多かった。結局、チーム最多の13本塁打を放ったとはいえ、活躍し出したのはチームのBクラスが決定してからの方が多かった。同年のある日の試合前の練習中に、ベンチで携帯電話で長電話をしていたことが監督の中村勝広の怒りを買い、即日ファーム落ちとこの年限りの解雇を通告された[1]。しかし、それでもチーム事情からレギュラーとして出場していた(しかも4番が多かった)が、中村の監督辞任もあったため、再契約は微妙であったが、結局は同年11月7日に戦力外通告を受けて退団。

2007年フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約をしたがメジャー昇格できず、メキシカンリーグでプレーした。

2008年韓国野球委員会(KBO)のロッテ・ジャイアンツに入団。また、2008年北京五輪野球最終予選のメキシコ代表に選ばれた。111打点で打点王のタイトルを獲得し、チームの3位躍進に大きく貢献した。

2009年WBCメキシコ代表に2大会連続で選ばれた。だがあまり出番はなく、チームは韓国代表に敗れ2次ラウンドで敗退した。この年韓国プロ野球では前年を下回る成績しか残せず、減俸となったが2010年もロッテ・ジャイアンツと契約し、同球団で3年連続プレーする初の外国人野手となった。

2010年、9月8日の対三星ライオンズ戦で審判の判定に抗議したため退場となり、後日公式戦7試合の出場停止処分を受けた。さらにこの処分に対してツイッターで不満を述べたため、KBOや審判団に謝罪した。結局この年限りでロッテを退団した。

2011年は、当初メキシカンリーグでプレーしていたが、6月にハンファ・イーグルスと契約し韓国球界に復帰した。シーズン途中からにもかかわらず18本塁打を記録、特にサヨナラ本塁打を2本打つなど勝負強さが光ったが、打率が2割5分弱と確実性のなさがネックとなり、ハンファとの再契約はならなかった。

2012年からは、再びメキシカンリーグでプレーしている。

人物[編集]

オリックス時代はヘルメットを被る際に帽子を取らず、そのまま帽子の上から被っていた。これはヘルメットのサイズが大きく、スイング時にずれてしまっていたのを調整するためで、2005年6月頃からやり始めた。

ホームゲームでライトの守備に就いている際には、スタンドで観戦しているオリックスファンに、気前良くボールなどを投げ込む姿が見受けられるなどファンサービスには積極的であった。

2004年、阪神タイガースに2006年まで在籍したシェーン・スペンサーと一緒にピザ屋と殴り合いをした。

2005年、遠征先のホテルロビーで一目惚れした女性に勇気をだして話し掛けたが、その女性はチームメイトの後藤光尊の妻だった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 LAD 13 20 20 1 4 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .200 .200 .200 .400
1996 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1997 15 46 39 5 5 0 0 1 8 8 0 0 0 1 6 1 0 14 0 .128 .239 .205 .444
1998 ARI 113 354 333 39 74 10 8 9 127 43 5 4 0 3 18 1 0 78 6 .222 .260 .381 .641
1999 DET 96 309 288 38 69 10 3 14 127 32 2 4 0 1 20 1 0 67 2 .240 .288 .441 .729
2000 8 17 17 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .176 .176 .176 .353
BAL 8 16 16 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .000 .000 .000 .000
'00計 16 33 33 1 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 10 1 .091 .091 .091 .182
2001 CLE 20 50 45 8 14 3 0 5 32 9 0 0 0 1 3 0 1 13 1 .311 .360 .711 1.071
2002 NYY 2 5 5 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .200 .400
CLE 51 205 197 29 59 8 0 16 115 52 0 3 0 2 6 0 0 40 6 .299 .317 .584 .901
'02計 53 210 202 30 60 8 0 16 116 52 0 3 0 2 6 0 0 41 6 .297 .314 .574 .889
2003 24 101 93 8 18 1 0 5 34 14 0 0 0 2 5 1 1 20 4 .194 .238 .366 .603
NYY 52 161 151 17 46 5 0 6 69 21 0 2 0 1 9 1 0 32 4 .305 .342 .457 .799
'03計 76 262 244 25 64 6 0 11 103 35 0 2 0 3 14 2 1 52 8 .262 .302 .422 .724
2004 NYM 62 202 192 24 45 7 2 7 77 22 0 0 0 0 10 0 0 35 6 .234 .272 .401 .673
BAL 23 73 66 9 14 0 0 3 23 11 0 0 0 3 4 1 0 15 1 .212 .247 .348 .595
'04計 85 275 258 33 59 7 2 10 100 33 0 0 0 3 14 1 0 50 7 .229 .265 .388 .653
2005 オリックス 100 390 362 63 111 14 2 21 192 60 3 0 0 3 25 2 0 74 3 .307 .349 .530 .879
2006 91 325 301 33 75 10 0 13 124 37 0 4 0 1 22 4 1 77 12 .249 .302 .412 .713
2008 ロッテ 125 513 460 68 130 25 2 30 249 111 2 1 0 2 48 6 3 100 10 .283 .353 .541 .894
2009 130 539 467 72 124 29 1 29 242 84 4 3 0 5 62 4 5 124 11 .266 .354 .518 .873
2010 118 485 429 73 108 16 1 26 204 83 3 0 0 5 49 4 5 123 4 .252 .328 .476 .803
2011 ハンファ 72 292 268 37 66 12 0 18 132 61 1 5 0 0 24 1 0 55 5 .246 .308 .493 .801
MLB:10年 488 1560 1463 180 352 44 13 66 620 212 7 13 0 14 81 6 2 330 31 .241 .279 .424 .703
NPB:2年 191 715 663 96 186 24 2 34 316 97 3 4 0 4 47 6 1 151 15 .281 .327 .477 .804
KBO:4年 445 1829 1624 250 428 82 4 103 827 339 10 9 0 12 183 15 13 402 30 .264 .341 .509 .850
  • 2011年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 表中のロッテ(2008年 - 2010年在籍)は、KBOのロッテ・ジャイアンツ

表彰[編集]

NPB
KBO

背番号[編集]

  • 12 (1995年 - 1997年)
  • 24 (1998年 - 2000年途中)
  • 57 (2000年途中 - 同年終了、2002年 - 同年途中)
  • 50 (2001年)
  • 20 (2002年途中 - 2003年途中、2004年 - 同年途中)
  • 28 (2003年途中 - 同年終了、2005年 - 2006年)
  • 47 (2004年途中 - 同年終了)
  • 95 (2008年 - 2010年、2011年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]