エドガー・ゴンザレス (内野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドガー・ゴンザレス
Edgar Gonzalez
シカゴ・カブス(マイナー)
Edgar Gonzalez.jpg
巨人時代(2012年8月28日、こまちスタジアム)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
メキシコの旗 メキシコ
二重国籍[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 1978年6月14日(36歳)
身長
体重
182 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 2000年 MLBドラフト30巡目
初出場 MLB / 2008年5月12日
NPB /2010年3月26日
最終出場 NPB / 2012年11月3日
年俸 2,000万円(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2009年2013年
パドレス時代

エドガー・ゴンザレスEdgar Victor Gonzalez, 1978年6月14日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手内野手)。両親はメキシコ人のため、二重国籍を持つメキシコ系アメリカ人である[1]

弟はMLBロサンゼルス・ドジャースに在籍するエイドリアン・ゴンザレスで、2008年・2009年にはサンディエゴ・パドレスで共にプレーした[2]

経歴[編集]

レイズ時代[編集]

サンディエゴ州立大から2000年MLBドラフトタンパベイ・デビルレイズに30巡目指名を受け入団。同年にフロリダ・マーリンズから全体1位で指名された弟のエイドリアンに比べると昇格のスピードは遅く、エイドリアンがメジャーデビューを果たした2004年にエドガーはまだ2Aに上がったばかりで、その後も2Aと3Aの往復が続いた。移籍も多く、2003年2004年には2年続けてルール・ファイブ・ドラフトでの指名を受けている。

パドレス時代[編集]

パドレスに入団した2008年にプロ9年目でメジャーデビューを果たし、すでにパドレスの主砲となっていたエイドリアンとチームメートとなった。正二塁手を務めていた井口資仁故障者リスト入りしたこともあって二塁手のレギュラーを掴むと、メジャー1年目から111試合に出場した。

2009年は3月に行われた開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシックに、エイドリアンと共にメキシコ代表として出場[3]。しかし、レギュラーシーズン開幕後は新加入のデビッド・エクスタインにポジションを奪われ、二塁手としての出場機会が激減。内外野どこでも守れる長所を生かし右翼手などでスタメン出場することもあったが、シーズン通して代打や守備固めでの起用が主で82試合の出場にとどまり、シーズン後にFAとなった[4]

巨人時代[編集]

巨人は原辰徳が監督に復帰した2006年以降二塁手を固定できておらず、2009年も当初二塁手で起用する予定だったエドガルド・アルフォンゾが開幕戦で二塁手失格の烙印を押されたため、以後は脇谷亮太木村拓也寺内崇幸古城茂幸らが交代で起用されていた。

このようなチーム事情から、巨人は二塁手のレギュラーとなることを期待してエドガーにオファーを出し、エイドリアンの「ステップアップのために日本に行ってもいいのでは」という勧めもあって、エドガーは巨人入りを決断[5]2010年1月8日、年俸5,000万円の1年契約で巨人入団が発表された。背番号は「38」。同姓のディッキー・ゴンザレスが在籍しているため、登録名は「E・ゴンザレス」、背ネームは「E.GONZALEZ」、スコアボードの表記及び呼称は「エドガー」となった[6]。なお、巨人では5人目の「ゴンザレス」姓の外国人選手である。

シーズン序盤は打撃不振に陥り二軍降格となるも、再昇格後は復調。7月30日の対広島戦では前田健太から代打逆転満塁本塁打を打つなど、満塁機では通算12打数で1本塁打を含む5安打、15打点と勝負強さを発揮し「満塁男」と呼ばれた。しかし、外国人選手ということもあってかベンチや遊撃手との連携が弱い面があり、9月21日の対横浜戦では結果的に同点に追いつかれる一因となる致命的な守備ミスを犯すと[7]、その回途中に交代を告げられ、24日に二軍降格。その後はクライマックスシリーズも含め再昇格することはないまま、シーズンを終えた。12月2日、自由契約が公示された。

在籍中は遊撃のレギュラーである坂本勇人と仲が良かった。これは2010年から内野守備走塁コーチに転じていた木村拓也(この年の4月に死去)が坂本に対して送った「積極的に(二遊間でコンビを組む)エドガーと会話しろ」という助言によるものである。若さゆえプロ意識が成熟していない当時の坂本に対し、エドガーが「自分たちの給料はファンが払ってくれている」と諭したこともあった[8]

ジャイアンツ時代[編集]

2011年2月10日、サンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ[9]。シーズンを通じて3Aのフレズノ・グリズリーズでプレーし、137試合で打率3割1分5厘、14本塁打、82打点の成績を残した。

カブス時代[編集]

2012年1月6日シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ。3Aのアイオワ・カブスからメジャー昇格を目指したが、4月末に戦力外通告を受けていた。

巨人復帰[編集]

打席でバットを構えるエドガー

カブスから戦力外通告を受けた直後、打撃不振に悩んでいた巨人が再獲得を検討していることが報じられ[10]、2012年5月14日に巨人と契約合意したことが発表された。背番号は「42」で、契約金を含む年俸は2,500万円と報じられた。また、2010年の在籍時はスコアボードの表記および呼称のみで用いていた「エドガー」を正式な登録名として用いることになった(背ネームは「EDGAR」)[11]。球団史上、一度退団した外国人選手が復帰するのは初のケースである。

復帰後は長打力とともに、粘り強い広角打法も披露。自らの数字が下がる進塁打などもサインに忠実に打ち、小笠原道大が二軍落ちして空いていた一塁手のレギュラーを獲得し、7月中旬までは好調を維持していた。しかしその後は7月14日からの出場15試合でわずか5安打と不振に陥ってスタメンを外されることも多くなり、8月8日についに二軍落ちした。一軍復帰後も正捕手の阿部慎之助が足の怪我の影響で一塁での出場が多くなっていることもあって、出場機会は限定的なものとなっていた。

クライマックスシリーズでは出番が無かったが、日本シリーズでは第5戦に指名打者で出場しタイムリーツーベースを放つなど2安打1打点と活躍し、チームの日本一に貢献した。

11月30日、保留選手名簿から外れ、自由契約公示された。

カブス復帰[編集]

2013年6月10日、古巣・カブスとマイナー契約し復帰した。

プレースタイル[編集]

内野全ポジションを守れるユーティリティ・プレイヤー。本職は二塁手だが、パドレス時代の2年間で中堅手バッテリーを除く全ての守備位置に就いており、マイナーでは投手も務めた(2002年に先発で9試合に登板)。2010年に巨人に在籍した際は二塁手、後半戦は連携の関係もあり一塁手を中心にプレー、巨人に復帰した2012年はほぼ一塁に固定されている。

打席に立った際には必ず、バットを持ちながら何度も反時計回りに回転させてから構える。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 SD 111 353 325 38 89 15 0 7 125 33 1 3 0 1 25 1 2 76 11 .274 .329 .385 .713
2009 82 169 153 16 33 8 2 4 57 18 1 2 0 2 11 0 3 36 5 .216 .278 .373 .651
2010 巨人 100 327 289 26 76 18 1 12 132 44 2 2 2 1 34 3 1 67 7 .263 .342 .457 .798
2012 57 190 174 13 41 12 0 4 65 19 0 2 1 1 13 0 1 46 6 .236 .291 .374 .666
MLB:2年 193 522 478 54 122 23 2 11 182 36 2 5 0 3 36 1 5 112 16 .255 .312 .381 .693
NPB:2年 157 517 463 39 117 30 1 16 197 63 2 4 3 2 47 3 2 113 13 .253 .323 .425 .750
  • 2012年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB

背番号[編集]

  • 2 (2008年 - 2009年)
  • 38 (2010年)
  • 42 (2012年途中 - 同年終了)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Jenkins, Chris (2009年4月15日). “Padres are model of diversity” (英語). Sign On Sandiego.com. 2009年5月4日閲覧。
  2. ^ Right Name, Wrong Genes: The Top 50 Less Talented Relatives of Superstars”. bleacherreport.com (2010年9月7日). 2012年3月25日閲覧。
  3. ^ エイドリアンは2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシックにもメキシコ代表として出場したが、この時のチームメイトには兄と同姓同名(ミドルネームは異なる)で投手のエドガー・ゴンザレスがいた。投手のエドガーは2009年大会でも一次登録メンバーには入っていたが、最終選考で落選した。
  4. ^ http://mlb.mlb.com/mlb/minorleagues/y2009/free_agents.jsp#SD
  5. ^ 巨人のE・ゴン、弟の助言で来日決断
  6. ^ エドガー・ゴンザレス選手と契約 背番号は38より。
  7. ^ エドガー“深追い”で併殺取れず、直後に被弾… - 2010年9月22日付 スポーツニッポン
  8. ^ http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20100731011.html
  9. ^ Giants sign Edgar Gonzalez to Minors deal The Official Site of the San Francisco Giants
  10. ^ エドガー、巨人復帰!“右の切り札”最有力候補!
  11. ^ エドガーと契約合意 2年ぶりG復帰「経験生かす」スポーツ報知、2012年5月15日